2017.02.06

「余情」っていう言葉。

先日のネタ(たほいや)で『広辞苑』に親しむようになってから、ときおりパラパラとめくることが多くなった。自分が使ったことのない言葉、まったく知らない言葉との出会いを楽しんでいる。

そんなわけで最近の私の中に響いてきたのが、「余情」という言葉である。

余る情と書いて余情。

意味は、「ある行為や表現の目に見えない背後に、なお深く感じられる風情。行為や表現のあとに残る、しんみりとした美的印象。言外の情趣。」
とのこと。

うむ、あまり触れたことがない言葉ではあるが、観念としてはすごく共感できる。

それとともに考えさせられるのは、まさにこういう「余情のある表現」っていうのが、このごろだといろんな領域で不足しているような、もっと言うと失われつつあるんじゃないか、ということだ。
「余情」はひょっとしたら、気づかれにくくて面倒くさい感じだったりもするだろうし、まどろっこしかったり、思わせぶりだったり、そういう受け止められ方をされてしまいがちかもしれない。

何せ言葉の意味に「言外の情趣」とある(この「情趣」って言葉もなかなか使わないけど、いい言葉ですね)。「言外」というのは、言葉の意味として、その意味や示すものの「外側」を無理矢理でも伝えようとする、ある種の矛盾がそこにはあるわけで、そこをひっくるめて「余情! 以上!」みたいな感じで、潔い日本語であり、独特の感覚である。

こういう話を書きたくなった背景を思い返すと、最近とあるお店でご飯を食べていたら、そこで流れていた有線放送のBGMで、最近売れてる曲なのかどうかも分からないとあるポップソングの歌詞が、「ずっと仲の良かった友だちがいま結婚式を挙げている。昔はこんな日がくるなんて信じられなかったけど、これからは幸せになってね」みたいな内容なのだが、その歌詞のフレーズが、まさに「ずっと仲の良かった友だちがいま結婚式を挙げている。昔はこんな日がくるなんて信じられなかったけど、これからは幸せになってね」っていう「言葉そのもの」がひたすら羅列されていて、「なんじゃあそりゃあ!!」っていう気分になったわけである。つまりはこれは「余情がない」言葉なのですよ。こういうのは歌詞というものではなく、「単なる説明文」だと思うわけで。どうしていつの間にかポピュラー音楽界は余情を失ってしまったんだろう、っていう。

古いものを礼賛する悪いクセをここでも発揮して申し訳ないが、この現代の貧相な日本語歌詞の世界観でいえば、80年代における銀色夏生が書いた名作『そして僕は途方に暮れる』の歌い出しの絶妙な歌詞も、現代風に変換すれば「彼女が家を出て行って、僕はとっても哀しいよ」みたいな歌詞になりかねない。

ていうか、そもそも、それだとこの曲のタイトルも『そして僕は途方に暮れる』じゃなくて、『僕は別れて哀しい』になるのかもしれない・・・余情、あぁ余情!

Charaのカバーしたバージョンもすごくいい。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

2017.02.01

RIP, John Wetton

 いつも乗る電車を今朝は乗り過ごしてしまった。それはきっとこの日の朝はあらためてゆっくりスマホでツイッターをチェックする時間が必要だったからなのかもしれない。そうしてジョン・ウェットンが亡くなったことを知った。

 英国プログレッシヴ・ロック黄金時代のさまざまなバンドを渡り歩き、そのジャンルそのものを体現していたミュージシャンとして、ウェットンにはそれ以外の形容が見当たらない。それはまさにプログレッシヴ・ロックのひとつの時代が終わったわけで、いやそもそも「ひとつの」っていう言葉ももはやいらないのかもしれない。

 キング・クリムゾンの『Red』は、いまもなお、自分にとっては「ここぞ」という集中を要する作業のときなどに、ひたすらリピートで聴くことが定番となっているアルバムだ。作業中にかけるBGMとしてはふさわしくない盤かもしれないのだが、ウェットンのベースが、ビル・ブラフォードの変幻ドラムと合わさって織りなす音楽空間はこれからも自分のなかにいろいろなインスピレーションを与えてくれるだろう。そういう意味では心からある種の恩義を感じるアーティストであり、そんな彼の姿を一度しかライヴで観たことが無かったのが本当に悔やまれる。どうか安らかに・・・ライヴの定番MC「キミたちサイコダヨ」を想い出しつつ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.01.25

古い時代のF1ファンにとってグッとくる体験ができるのは、実はこんな金曜日のことだったりする。

今日の記事はひさしぶりに「元F1マニアとして」体験したことをテンション高めに書いていくので、恐縮だが、ついて来られる人のみ読んでいただくしかなく、そこのところをあらかじめ断っておく。

ちょっと前の話になるが、たまたま金曜日の平日に休みを取り、せっかくなので日帰りで遠出をしたい気分になったので前日の夜にいろいろと調べてみた。「そういえば鈴鹿サーキットは最近どうなっているのかねぇ」とホームページをみると、ちょうどその土日に「Sound of ENGINE」というイベントがあることを知った。これは懐かしのレーシングカーのデモ走行を行うというもので、よくみるといろいろなカテゴリーのクラシカルなマシンが参加予定で、そしてF1マシンもなかなかのラインナップだった。そして開催日前日の金曜日は、準備日として「練習走行」のみが行われる旨が書かれていた。この練習走行は、土日のイベントのチケットを持っていれば観覧可能とのことだったので、日帰り小旅行のネタとしては悪くないと思った。

こうして金曜日の朝にひとまずコンビニで土曜の1日券を買って、私は鈴鹿に向かったのである。

そして結論から言うと、金曜の練習日に鈴鹿サーキットを訪れてみたことで、私は古い時代のF1マシンのファンとしてこれ以上ない最高の時間を味わうことができたので、以下そのことを報告させていただく。

このイベントのチケットを持っている人は、「パドックエリアも入場可能」と書いてあり、そのことが私を鈴鹿に行かせるうえでのモチベーションのひとつにもなった。普通、パドックエリアというのは特別なチケットを持っていないと入れないイメージがあり、「レースをやる側」の世界に触れるエリアのはず、なのである。「Sound of ENGINE」の入場客は気軽にパドックにまで行けるのであれば、それはとても価値のある機会だと思った。

そして金曜日はまだイベントの準備が行われている状況で、遊園地の入場料を支払ってサーキットエリアに向かいつつ、あらかじめコンビニで買っておいた「Sound of ENGINE」のチケットもすぐに取り出せるようにカバンに入れていたのだが、「パドックへのトンネル入口」に足を踏み入れ(緊張した)、そのまま突き進んで、トンネルを出てついにパドックエリアに来た!となっても、なぜか私のもっているチケットをチェックする係員などはおらず、私はどこに行ったらいいのか分からないまま、そのままピットの裏側まで普通に訪れることができた。

R0039020


で、いきなりピットガレージには、こういう状況を間近で見ることとなった。

たとえばカナダの富豪、ウォルター・ウルフのF1マシンがぽつんと置いてあったり。

R0039032


おいおいおいおいおいおい(心の中の声、動揺)。

私の生まれた1977年のF1でチーム初出場・初優勝を挙げたマシンである。後にフェラーリでチャンピォンになる南アフリカのジョディ・シェクターが乗っていた。もちろん、はじめて実車を観た。

ええと、これ、わたし、じっくり見学してていいんでしょうか?(心の中の声、動揺つづく)

でも、周りをみると、私と同様の、おそらく普通の客だと思うのだが、そのあたりをウロウロしていて、そしてピットガレージだったり、あちこちに立ち入っている。

ここは鈴鹿サーキットのピットガレージである。部外者の私がピットガレージにいていいんでしょうか。その想いを抱えつつ、表向き冷静にカメラで撮影しまくっていた。

通常のレース時には「ピットウォーク」というファンサービスのイベントはよくあって、決まった時間だけ、観客がピットレーンを歩いてガレージの中のマシンを外側から見学する・・・というものがあるのだが、どうみてもこの日の午後は、そういう「ピットウォーク」ではなく、単に「誰しもがピットガレージもピットレーンも、さらにピットウォールにも立ち入ってても特に何も言われない」という、かつてのモータースポーツファンだった少年時代の私にとっては鼻血が出るような状況だった。「マジっすか、マジなんですか、この状況は!」と、内心ずっと叫びっぱなしであった。

ちなみに耐久レースのグループCカーのカテゴリーも今回登場していて、その迫力ある佇まいにも圧倒。

R0039235


そうして、今回のイベントの「目玉」である2台の車を手がけている、外国人スタッフだけのピットガレージがあった。
フェラーリ312Tと、ティレル006。マジか・・・。

R0039059


ここも最初は遠巻きに観ているだけなのだが、他の一般客がカジュアルにガレージの中を通って、マシンを間近に観ていたりするので、私も徐々に中に入り、この状況のなかで、この貴重な車の整備作業をかなり長い時間見守っていた。

イベントのスポンサーの関係だったり、クラシックなレーシングカーを管理する団体から派遣されてきた雰囲気のスタッフさんなので、「レースをやるために来た」わけではなく、「趣味人のオジさんたち風情」のただよう現場だった。それゆえに、我々一般ファンもあまり臆することなく、ガレージに佇んでいられた気がする。

R0039086


なので、「ええと、何か飲み物でも買ってきましょうか?」とか言いたい気分でもあった。

しかしだ、目の前のこれ、フェラーリ312Tだ。ニキ・ラウダとともにこの当時のフェラーリで闘ったクレイ・レガッツォーニの車だ。1975年だ。

エンジンの試運転がはじまる。煙と匂いがただよう。時代を超えて、豪快なエンジン音が私のいる空間に響く。ええと、私はここに居てていいんですよね? そればっかり頭によぎる。

R0039098

動画も撮ってみた。

なんだこの、贅沢な時空間。

テスト走行の時間がはじまり、時間割にしたがってそれぞれのカテゴリーのマシンが走って行く。
そんなわけでグループCカーが野太い音とともにコースに出て行き、メインストレートに戻ってくる。

そしてそれをピットウォールにへばりついて見届け、爆音につつまれている。
ええと、ほんとに、ここに居ていいんでしょうか、危険といえば危険な場所なんですけど!?

そして着々とフェラーリF1が整備されていき・・・
誰が運転するんだろうと思ったら、さっきまで整備していたおじさん、ガレージの隅で着替えをはじめて、まさかのレーシングスーツ姿に。
いやー、このへんの、なんというか、アバウトな展開に、笑えてきた。

こうして発車準備が整い、ガレージ内にエンジン音が轟き、スタッフの兄さんが1人で後ろからマシンを押すのだが、ここまでくるともはや私も一緒に手を貸して押そうかというぐらいの勢いになっていたが、ガマンして動画を撮るほうを選んだ。

そんなわけで、この日私はひさしぶりにF1マシンにとっぷりと浸かって、なんともいえない充実感を味わった。
間違いなく翌年のスケジュールや来日マシンを確認していることだろう。そうか、現役のF1レースではなく、私はもはやクラシックカー趣味みたいなもので、こういう方面でF1を追ってもいいのだとあらためて実感した。

R0039210

R0039289
テンション高まって自撮りもするわな、この場所だと。

R0039118
またこういう光景を見たいと思う!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.01.02

『広辞苑』一冊あればできるゲーム「たほいや」で遊んでみた

ボードゲームフリークのbayashi氏らの賛同を得て、前からやってみたかったゲーム「たほいや」を今回はじめてプレイしてみる。

「たほいや」とは、『広辞苑』のような辞書一冊と、紙とペンがあればできる遊びなのである。
90年代にフジテレビの深夜番組で、このゲームをそのまま番組にしたこともあり、その道では知られたゲームである。

ウィキペディアで紹介されているルールに少し加筆してみたが、こういう流れである。

1.親を決める。

2.親は、辞書の中から誰も知らなさそうな単語を探し、それをひらがなで書いて他の人に提示する。もしその単語を知っている人がいたら、その人は別の単語を要求することができる。

3.子は、提示された単語の意味を考えて親に渡す。(つまり、ニセの回答を創意考案する)

4.全員の解答が集まったら、親は辞書の定義も含めた解答を読み上げる。誰がどの解答を書いたかは親以外わからない。

5.子は、親が読み上げた解答の内、正しい意味(つまり広辞苑に載っている意味)と思う物に1~3枚のチップを賭ける。
先に賭ける枚数のみを提示する。
次に、子の全員が同時に、どれに賭けるかを提示する。
親は正解を発表し、清算する。正解者は、賭けた枚数と同じ数のチップを親から受け取る。不正解者は、賭けたチップを選択した解答を書いた人に払い、さらに親に1枚チップを払う。全員が親を務めたら1ゲーム終了。チップの多い人が勝者となる。

YouTubeでも当時のフジテレビの番組がいろいろアップされてて、観てると自分たちもやりたくなるのである。
↓この動画はルール説明に特化して作られたバージョン。

なにより、このときの子の参加者が「書きそうなニセ回答」がどれかも、その人の個性やパーソナリティーから推測していくこともポイントである。

ちなみになぜこのゲームが「たほいや」と呼ばれるのかというと、このゲームが日本に紹介された頃に行われたときの「たほいや」という出題ワードのインパクトが大きく、日本ではその言葉がゲームの名前そのものになったと言われている。(「たほいや」は、イノシシを追うための小屋のことらしい)

というわけで、今回の最初の出題をタテーシが親としてやらせていただいた。
『広辞苑』から、誰も知らなさそうな単語を探す作業がわりと大変で、でもそれなりに「何コレ・・・」という単語があることは、ある。
というわけで、最初の出題はこれにした。
ばるかろーら」。

このとき参加者のみんなが作った選択肢を、『広辞苑』の正解も含めて紹介する。

1.ヴェネツィアのゴンドラの船頭歌。
2.中世の鍵盤楽器。主にオペラに用いられた。
3.スペイン、コルエディーラ地方の大衆居酒屋。
4.19世紀ヨーロッパの著名な物理学者。

・・・というわけで、いきなり参加者それぞれにかなりのセンスを発揮し、どれもありそうな回答が見事にそろった。この「いかにも辞書でこういう説明しそう」な回答を自分なりに「でっちあげる」ことが面白い。
 ちなみに、この選択肢で『広辞苑』による正解は「1」である。このうち「3」をでっちあげたのはtoyotti氏だが、「バル(スペインの居酒屋)+カローラ(家族)」と考えて、大衆居酒屋というイメージを思いついたとのこと。それにしてもコルエディーラ地方って!?(笑)

あともうひとつ自分が出題したなかで
かりんが
というのがあるのだが、

1.南米発祥の武術。(toyotti氏)
2.古代インドの国名。(正解)
3.ブラジルの都市名。(S氏)
4.仏教における台座。仏の座。(bayashi氏)

なんて結果になり、見事に「ブラジル南米系」と「インド仏教系」に答えが似通って、言葉のもつ響きなどがもたらすインスピレーションの面白さを感じさせた。

他にも紹介すると、

しゃなーい」(出題・bayashi氏)
1.古代エジプトの神。(S氏)
2.チベット仏教における法典の一つ。(タテーシ)
3.アラビア政治における刑吏官。(toyotti氏)
4.北インドの管楽器。(正解)

 これなんかも、すごくみんな似通っていておもしろかった。

もろがいな」(出題・S氏)
1.主におしどり夫婦を言う表現。(toyotti氏)
2.熱帯地方の浅瀬に群生する海藻の一種。(タテーシ)
3.鉱物。ケイ硝石。(bayashi氏)
4.左右の腕のこと。(正解)

 このとき、子としての私は正解が「3」だと疑わなかったが、「ケイ硝石」っていう言葉もこのときbayashi氏がまったくのでっち上げで作った概念だったのであった・・・

おっつかっつ」(出題・toyotti氏)
1.九州地方に伝わる祭り。(S氏)
2.東北地方の方言。漁師が獲物を取り逃がすさま。(タテーシ)
3.九州地方の方言。ほどんど、ほぼ。(bayashi氏)
4.優劣の無いこと。同じ程度であるさま。(正解)

 九州か東北の方言、とそれぞれの子たちが考えたのが興味深いパターン。

他の出題については割愛するが、いずれにせよ初めてプレイした印象として「シンプルながら、すげー面白い!!」ということだった。なによりこれは「言葉遊び」という意味では教育的にも有益なゲームであるし、調べると実際に授業に取り入れている大学の先生もいるようだ。

あとbayashi氏が言っていたのは、たとえば普段からボードゲームに子どもと親しんでおくと、もし万が一、災害などで長時間の避難生活を余儀なくされた場合、日常生活と同じような状況をできるだけ保って遊びの時間を設けることができ、子どものストレス軽減にも役立つであろうということだ(電気も使わないので、ボードゲームは最適だ)。例えばこの「たほいや」の場合は、まさに辞書と紙とペンさえあればできる遊びということで、「持ちネタ」として知っておくことが役立つかもしれない。

というわけで、ぜひ今後も折を見て「たほいや」で遊んでみたいので、ぜひ興味を持った方はお声がけいただきたい。今回の機会に私は『広辞苑』を買って持っているので(笑)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2017.01.01

今年もよろしくお願いします。

2017nenga_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.26

乾物屋スモール(大阪・高槻)に行ってみよう

以前も紹介した『スロウダウン』というフリーペーパーをつくっていた大学時代の後輩のまぁこ嬢が、旦那さんとともに高槻に古民家を買い取り、そこを改造して乾物屋「スモール」を10月にオープンさせた。
出来上がる直前、1日だけ自分もお店の壁の漆喰塗りを手伝わせてもらった。「こんなシロートが漆喰塗って大丈夫ですか」と思ったが、やってみると楽しくて、こうしていろんな人の手でDIY的にお店が出来上がることが面白くもあった。

オープン直後に訪れた写真がこちら。

Smallimg_1664

Smallimg_1667

Smallimg_1668

Smallimg_1669

Smallimg_1670

『スロウダウン』のなかでも、食べ物を大切にこだわって作っているさまざまな生産者の人への詳細なインタビューやレポートが書かれているが、そうしたつながりのなかで出会ってきた人々との関わりがこんどはお店の形になって、こうして我々が実際に購入できる場を作ったのであった。

お店のホームページは(こちら)。

そしてお店の場所が確かに分かりにくい。
ホームページではJR高槻駅からのバス利用の行き方が紹介されている。
JR高槻駅北乗り場②塚脇・下の口行きに乗車し、「塚脇」下車。約15分。
 バス停を降りたら、道路を反対側に渡って、バスの進行方向と逆にしばらく歩く。
 田んぼを左側に見ながら、その田んぼが終わったところを左折。
 右手に小さな坂道(服部連塚の表示があるところ)をしばらく登っていく。
 服部連塚の矢印の方(右折)に進み、つき当たりの白い家のところを左折。
 右手の角の家がスモールです。
 ぐるっと回ると入り口があります。

とのことで、「服部連塚」というのは小さい古墳のこと(こちら)。
そこで私なりにグーグルマップで文字を追加した地図はこちら。

Smallimg_2000
(クリックしたら大きくなります)

で、当初は私はここよりもちょっと西側の路地に迷い込んだのだが、かなり独特の面白い雰囲気をただよわせているエリアだったので、むしろ「さんざん迷ったほうが面白いぞ!」とオススメしたい気分であった。

営業時間11:00-18:00
日・祝・月 定休とのこと。

いろんなワークショップやイベントも実施されているので、自分もいつかここで何かやってみたい。

ここを訪れるお客さんには、まさに雰囲気はスモールだけど志のおおきい、ポジティブなエネルギーに満ちたまぁこ嬢と、食の安全やいろんなお話を楽しんで欲しいと思う!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.13

たわわちゃんがすきだ

京都タワーのマスコットキャラ、たわわちゃんが好きだ。

自分のなかにあるある種の「ツボ」をついてくる、あの顔。

LINEでも私はたわわちゃんスタンプを多用している。

Tawawaline

そうしたら先日、同僚のTRO氏が「たわわちゃんのLINEスタンプ使ってますよね?」と言ってやってきて、そこには見知らぬ人が二人・・・京都タワーホテルの営業の方々だった。

営業の人から、ものすごく感謝される。
つい私も、「あのスタンプは安すぎる」
「マニアはちょっと高くてもお金を払う」
「ぜひ続編を作って」
と、調子に乗って言いまくってしまった。

そして営業さんから、たわわちゃんのチャーム付きボールペンをいただく(笑)

僕も来年には40歳になるんだけど、最近そういうのは本当にどうでもいいなーって思うようにしている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.07

黒沢健一、ありがとう

 出張で、梅田のとあるビルの一室にたどりつき、ブラインドの隙間から見える大阪の街を眺めながらぼんやり座っていた。

 そのとき、かつて高校3年のときに組んだバンドメンバーのLINEグループ宛てにボーカルのK奈から書き込みがあって、

「黒沢健一、ありがとう」

とあって、
すべてを察した。


つらいなぁ、いろいろと。

さいきん。


早すぎる死に黙祷。

みんなでL⇔Rの曲をたくさん練習した1995年の記憶とともに。

個人的にはこの一曲。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.05

ロンドン地下鉄の案内掲示板の名言の数々がすごい

ちょっと前にツイッターで回ってきた下の画像に、とても感じ入った。
ロンドンの地下鉄にある案内掲示板、いつもはたいてい路線の遅延情報とか工事中とかの細かい情報が手書きで書かれる場所ではあるが、何もないときは空欄になるわけで。

Londonquote

今すぐ止めるべき5つの事

1.全ての人を喜ばそうと頑張る
2.変化を恐れる
3.過去に縛られ、拘り、抜け出さない
4.自分を卑下、自己評価を下げる
5.考えすぎ思考

やー、これ全部やってしまいがちで、とても時期的にもタイミング的にグササササときたわけである。
なので別途自分のPCにもこの画像を保存させていただき、時折チェックしていた。

で、この写真を紹介したmotoko gram @momogramoさんは他にも同様の事例を紹介していたようで、まとめサイトで紹介されているのが、これまたどれもグササササである。
こちら)のサイトをぜひ!!

こういう言葉を掲示板のうえで表現できるような社会って、素敵だと素朴に思う。
駅の改札って、誰しもが足早に来ては去って行く場所ではあるけれど、そこでふと思考や意識を立ち止まらせて、こういう言葉に触れる瞬間をクリエイトしていくのは、オシャレだ。生きざまとして。

このサイトの途中で紹介されている「この駅は8:15~9:15の間は最も混雑します。」で始まる案内って、オフィシャルに印刷されたメッセージなのだが、なんだよこの「ゆとりユーモア精神」は。堂々とシレッと、面白くかつ皮肉っぽく表現されたメッセージ・・・そしてこの文章はお客に向かって述べつつも、読みようによってはそこで働く駅員自身にも向けられているような味わいもあり、深い。嫉妬すら沸き起こる(笑)

この裏側で思うのは、日本で最近起こった、電車の遅延に腹を立てた乗客が駅員さんに詰め寄って、いたたまれなくなった駅員さんが線路に飛び降りた事件だが・・・なんだか、何かが根本でおかしくなっている気がする。
怒鳴る客も、飛び降りる駅員も、なんだか・・・痛々しいほどにセンスが、ない。どうしたらいいのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.11.27

ポッドキャスト『Harukana Show』で村上春樹の訳した『グレート・ギャツビー』について語りました

イリノイ州アーバナシャンペンからお送りするポッドキャスト「ハルカナショー」、No.297, Nov.25, 2016 「秋の夜長、村上春樹の世界観にふれるwith Tateishi」ということで、最近のマイブームを話そうと思って、このブログに書きそびれたままのネタ、村上春樹が訳したスコット・フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』の話をさせていただく。

ポッドキャストは(こちら)より。

最近はまったく村上春樹を読んでないのだけど、高校時代に集中的に読んでいた時期があって、その延長で『グレート・ギャツビー』も当時の翻訳で読んだけど、なんかさっぱりで、でも書き出しと結論の部分の美しさは確かに印象が残っていた・・・という作品だった。村上春樹がもっとも好きな小説として挙げていて「老後の楽しみとしていつか翻訳する」と何かのエッセイで書いていて、それがいつのまにか10年前ぐらいに早々に出版されていたことを知りちょっと驚いて、ずっと気になっていて、最近ようやく手を出した・・・という顛末。

装丁に関してはこっちの下のほうの廉価版?のバージョンのほうが断然好みなんだけど、なぜかAmazonではこのバージョンが表示されない。
Gg_2

ちなみにこの一連の翻訳シリーズは和田誠氏による他の装丁も絶妙にツボな写真を使っていてすごく好き。
Bb2

Bb3

作家にしろミュージシャンにしろ、その本人が強く影響を受けた大好きなアーティストの作品にたいしてカバーをしてみたりオマージュを捧げたりするのはすごく興味深いもので、たとえば個人的にすぐ思いつくのはローリング・ストーンズがカバーするロバート・ジョンソンの『Love in vain』とか、「この曲本当に大好きなんです濃度」の高まりが素敵すぎて(あ、このブログの左端の下のほうに表示してる、好きな音楽動画を集めた中にも未だにアップしていますが)、もはや原曲よりもさらに違う味わいを放っていて、いろんなライヴ音源とかをネットでいろいろ探したくなる。アーティストによる「一方的な思い入れ、片思いっぷり」みたいな情熱を本家に向けて捧げていくそのテンション、私は好きである。

とにかく、フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』ですよ。村上春樹が作家人生を賭けて最大限の愛情を込めて必死に翻訳した文章が面白くないわけがなくて、文章表現として何を読者に示して、どこで会話文を入れて、どこで情景描写を行って、どこまで言葉で説明するか/あるいは説明しないのかといった独特のバランス感、立体感というか・・・村上春樹は「テクスチャー」などと表現しているけれど、そういう「ある種の感触」が絶妙で、たしかに村上春樹がこの小説の魅力を力説するだけのことはある気がした。他のところで村上春樹は「文体とは乗り物みたいなもの」と書いていたことが印象的でずっと覚えているのだが、今回の翻訳を読んで、あらためて「読者を乗せて運ぶ」という概念を考え抜いていくことが文章を組み立てていくうえでの重要なポイントなのだと実感。

で、そうしたフィッツジェラルドなどの文学者を見出して編集者として支えたマックス・パーキンズの評伝を今読んでいるところで、例えばこの『グレート・ギャツビー』の完成までをパーキンズがどのようにオーガナイズして軌道修正させていったかなどのエピソードがすごく興味深かったり。
この本を原作として作られた映画で、今年たまたま日本で公開されている『ベストセラー:編集者パーキンズに捧ぐ』を見逃したことを後悔していたのだが、よくみたら関西では1月にも京都シネマとかでやるみたいで、ありがたい。

しかしこの映画版の主軸である肝心の作家トマス・ウルフの本って日本でなかなか手軽には手に入らないのが謎。古本でやたら高値になってる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.11.14

ULTRA4@今年も学園祭に出させていただきました、の話

 今年も学園祭で、職員おっさんバンド"ULTRA4"で出演させていただく。

 今回の開始時間が夕方17時前で、晴れた秋の午後の空の色や、周囲をただよう空気感が刻々と変わっていくような時間帯で、ステージ上でOasisの『Champagne Supernova』を演奏しているときなど、あの曲の雰囲気とともに忘れがたい気分を味わった。

 あの日のセットリスト。

 Jet 『Are You Gonna Be My Girl』
 

 Feeder 『Just a Day』

 Feeder 『Just The Way I'm Feeling』

Oasis 『Champagne Supernova』

もうホントにこの曲大好き。そして今回の出演に際して、あまりに練習しなくて新曲を覚えたがらない私に業を煮やして(?)、メンバーがこの演奏し慣れた曲をセットリストに加えてくれたことに感謝。

Feeder 『Feeling A Moment』

---

ちなみにこの日の演奏直前まで、伏見区の大手筋商店街で友人がかかわる「蔵ジャズフェスティバル」にいてて、フジヤマウンテンのクールな演奏を時間ギリギリまで味わって、その足で学園祭会場に向かったのも、すごくハイテンションな刺激を受けることができて良かった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.11.07

ポッドキャスト『Harukana Show』 No.294,『TED TALKS』を熱く語る with Tateishi/そして改めてTEDで大好きな「スローテレビ」のプレゼンのおもしろさについて

イリノイ州アーバナ・シャンペンより、ハルカナショーの最新話でトークをさせていただきました。
このあいだブログで書いたネタをそのまま話していますが・・・例のTEDの本の件ですな。
ポッドキャストは(こちら)より!

で、このポッドキャストのブログで書かれているように、私がおすすめするTEDのトークとして挙げた(以前もブログで書いた)ノルウェーの「スローテレビ」の話、『トーマス・ヘルム: 世界で一番退屈なテレビ番組がやみつきになる理由』を、久しぶりにあらためて自分でもクリックして観てたのだけど、いやー、何度観てもグググっと魅入ってしまうな、これは。

このプレゼンテーションは自分にとって非の打ち所がない。「スローテレビ」というコンセプトを説明する本人がテンション高く早口になったら元も子もないわけで、あえて抑制をきかせて、淡々と、しかしジワジワと笑わせようとするその雰囲気づくりがまずもってバッチリだし、そして何よりテレビ制作者ゆえにプレゼンを補助するヴィジュアルの作り方や見せ方が上手だし。喋っている本人が、どことなく、なんというか、自分では未だにこの面白さに半信半疑であるかのような、ちょっと頼りなさげな感じすら漂わせているあたりが、このプレゼンを最後まで聴きたくなる効果を生んでいるような気がする・・・つまり、話のヘタな人って、往々にして「すごく面白い話があってですね」とか言ってしまうわけで、その逆をいっているわけですな。聴く人それぞれが自分からそのなかにある面白さを見出してもらうことのほうが、よっぽどプレゼンでは大事なのだと、このトークは教えてくれている。

そして自分たちがやってきたことの面白さや意義をを適切な順序で余すところなく伝えきったあとに、
「何にせよ、少し奇妙なくらいの時にこそ人生は面白いものになるんです」
っていうこのシメのセリフも、すごく良い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.11.05

Feederのライヴのこと、そして次の土曜日は学祭に職員バンドで出ます

 次の土曜日12日は職場の学園祭でULTRA4の演奏をさせていただく。たぶん16:50ごろ。

 今のバンドはoasis以外のバンドの曲のコピーもやっていて、そのひとつがFeederなのだが、奇しくも本物が来日して大阪でもライヴをやるというので、バンドメンバー総出で観に行ってきた。

 整理券番号が前の方だったので、最前列で味わうホンモノのFeeder。そもそもバンドメンバーのmizuix氏が昔からプッシュしていてその影響で聴いているのだが、とはいえ自分は曲名とかをちゃんと覚えているわけでもなく、ちょっと申し訳ない気持ちもあった。
 バンドのメンバーの顔と名前もほとんどわかっていなくて、それも申し訳ない。でも最前列で演奏に圧倒されて楽しくて手拍子してた。
 この日演奏したあらゆる曲がよくて、帰り道もずっとテンションが高ぶっていたのだが、でも個人的には知らない曲も半分くらいあって、うむ、申し訳ない。
 最前列の端にいたファンが、バンドのお膝元であるウェールズの旗を振り回しているのが見えて、あぁこういうのも準備しておけばよかったと思えた。とはいえ、私はイギリス好きを公言し続けているくせに、実はまだウェールズにまでは行ったことがなくて、申し訳ない。



↑自分たちがコピーしている『Just The Way I'm Feeling』。この曲は弾いていて心地よい。はじめてこのPVを観たが独特の味わいでかなり好きだ。

---

ちなみに今回のFeederのライヴは、フレッド・ペリーの主催するイベントでもあり、来場者全員にフレッドペリーのロゴ入りリストバンドが配られて、おおいに嬉しがったのだが、よく考えたら今までフレッドペリーなんて高い服買ったことなくて、やっぱり、申し訳ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.10.06

『未知の駅』に寄稿させていただきました&「乾物屋スモール」がもうすぐオープンする件&このごろのこと

さぶさんのZINE『未知の駅』vol.6「つくる」がリリースされてます。でもさっそく完売しているみたいですごい。
昨年のカルチュラル・タイフーンで一緒にセッションをさせていただいたのがすごく遠い昔のことのようで。
この号で「手づくりの叫びかた:ZINEとDIYをめぐって」という文章を書かせていただいてます。すごく好きな感じの文章が書けた。
そしてその次のページをめくると、これまたカルチュラル・タイフーンでご一緒させていただいた小笠原博毅先生の、セルティックを舞台にしたフットボール・ファンジンの論考が載っていて、個人的にグッとくる。

---

卒業生のおおつぼまどかさんがフリーペーパー「スロウダウン」を作りはじめて、いろいろな生産者さんとかにインタビューしていたと思ったら、こんどは大阪の高槻にある民家を改造して乾物屋さんをはじめることになり、あまりの展開力に驚くと共に敬意を表し、このお店をつくるためのDIY作業をこのあいだ手伝いにいった。10月13日オープンなのだが、たぶんお店の中身はオープンしたあとも作り続けられることになるであろう。別にすべてを時間内に納める必要はないのだ・・・と言い聞かせながら、人生はじめての「漆喰塗り」をさせていただく。こんなに気軽に漆喰って塗れるのか! と思った。持ち家だったら自分で塗りたくなる気持ちが分かる。

「乾物屋 スモール」(HPはこちら)。名前がいい。コンセプトと店主の雰囲気とか生き様がぜんぶ伝わる名前。
何せ自分もある意味ではお店の立ち上げに関わっているので(天井近くの漆喰を塗っただけですが)、これは気合いを入れて広報したいお店。
なかなか自分では乾物を日々使いこなせていないけれども。
でも乾物だけじゃなくて、いろいろな人々がまじわる場所にしたい、とも店主は考えているようで、これからがたのしみ。

---

簡単には言いたくないけれども、やはりどうしても「怒濤の日々でした」としか言いようが無くて、このブログに告知するのを忘れるぐらいの状況で、この10年間の自分にとって超重要な仕事イベントが先週末におわり、その会場にはたくさんの、私が好きな人々と、とってもお世話になっている人々とかが同じ部屋にいて、でもお互いは知らない人同士という、眠りながら見ている夢のような世界で、その状況はなんだか自分の結婚披露宴みたいな感じでいられて、仕事の疲れを癒してくれていましたよ。うん。

---

自分のいいかげんさ、ということにすごく注目せざるを得ない日々があって、そこにシンクロするかのように豊洲市場のニュースが連日報道されていて、私の生活とは次元も経緯も異なる領域の話ではあるものの、「あるはずの盛り土が実はなかったことが、首長が変わったとたんに判明する」という側面だけを注目していると、どうしても、なんだか、その「いいかげんさ」が他人事じゃない気分になってしまっていて、その想い出と共にこの9月10月が流れていきそうな気配。
やー、それにしても土ですよ、土。盛られているはずの土が実はなかった、っていうダイナミズムや視認性の高さに関わらず、それが誤魔化されていたという、「奇術における世紀の失敗」みたいな味わいを覚えるわけで。伝わるだろうかこの文章、この気持ち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.09.12

『TED TALKS:スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド』&TEDICTのアプリが素晴らしい件

 出たばかりの新刊書をすぐ買って読むことは少なくて、ましてそれを人に勧めるのも稀なのだけど、この本は強烈にマジでおすすめ。
 この本はTEDが発展してきた歴史的展開をふまえつつも、それぞれの章において実に巧みに「プレゼンテーションの実践的ハウツー」を余すところなく紹介しており、きわめてストレートすぎるほどの「実用書」だった。と同時に、この本で実例として触れられているTEDトークの数々も、まだ観たことのないものが多くて、それらをすかさずネットでチェックしたくなるという意味では、「TED自体のPRプロモーションの本」としてもバッチリ狙い通りだったりする。

 特にこの本で繰り返し強調されているのは、ひとつのトーク、ひとつのプレゼンは「聞き手を旅行に誘うようなもの」というコンセプト。話者は旅行プランナーであり、観光ガイドであるわけで、「いかに面白い旅を提供するか」という切り口で捉えると、どこでみんなの注意をひきつけ、どこで「景色を味わってもらうか」を考え、どこまで自分の言いたい説明を、旅への興味を削ぐことなく伝えていくか・・・などなど、あらためてプレゼンの準備において大事なものがどういうことか、考えさせられる。

 というわけでこの本を読みながら、終始「うまい・・・さすがや・・・」と、唸った。つまりこの本の内容として、お客さん目線で知りたいことを知らせ、熱い気持ちにさせつつ、しっかりと自分たちの言いたいこともページの隅々に染み込ませていて、その方法論そのものが、まさにTEDが目指しているありかたにも通じていることがわかる。だからこの本を通して学べることは、今後もTEDの壇上にあがるようなことがない人々(ほとんどがそうだ)にとっても十分に役に立つわけで、もはや人前でのスピーチだけでなく、広くコミュニケーション全般において忘れたくないネタが満載の、買って読んで損はない一冊となっている。

---

 ちなみにTEDの動画を用いた英語のリスニング教材のアプリで「TEDICT」というのがあるのだが、これが実によく出来ていて、ゲーム感覚でTEDのトークをネタに「リスニングしながら単語並び替え作文」ができてしまうので、移動時の暇つぶしには最適。私のiPodにはこれに加えてウィズダム2の辞書アプリも入れていて、分からない単語はTEDICTの画面からコピーしてすぐに調べられるのでこの組み合わせは今のところ最高だ。
 TEDのお気に入りトークをひたすら聞き続けるわけだから、話の内容も英単語も染み込んでくる感じがあって、かつ「英語を勉強している感じがあまりない」というのもポイント。数多くの英語教材が「日常会話の例文」を覚えさせようとして、もちろん大事なのは分かっているけど、どうしても「わざとらしい会話」に感じてしまって覚える気になれない自分にとっては、いやホント、良い時代になったと痛感している。少なくともこの分野においては。
 TEDICTについてはこちらの記事など!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.28

ドアーズのワークショップ「古雑誌のページを切り取って封筒を作ろう」実施報告

16082701_3


お客さんが1人来るか来ないか、っていう状況で、ドアーズのスタッフさんにも加わっていただき、なんとかワークショップを無事終えることができてよかったです。


とても楽しかった・・・というか、とっっっても勇気づけられたのは、今回参加していただいたのが、60代のお父さんだったこと。


奥様に先立たれ、ご自身の親の介護もするうちに、たとえば介護施設などで自分が入ったときのイメージとして、「女性の多い集団のなかに加わって、何らかのもの作り(などの各種アクティビティ)をする状況などに自分がスムーズに入っていけるようにしないといけない」と思うようになり、こうしたいろいろなワークショップを今のうちに体験しようと思ってドアーズに何度も来られているとのこと。

Me2_2
「・・・!!」


うぉぉーー!! って、思った。


そういう問題意識でもって、「ものを創ること」に慣れようとすることそのものに、非常に感じ入るものがあったのである。いやホント、自分はこのお父さんに出会うために今回のこのワークショップを実施させてもらう運命だったんだ、というのが今になって思う結論であった。

しかも、こういう場所に一人で申し込んで、娘や孫のような世代と、机を並べてファッション雑誌とかを切り取って封筒を作るというのは、すごく勇気と根性が要るはずである。自分が同じような歳になったときに、果たして同じような意欲をもってこういう場所に来ることができるのか? そこで突きつけられる問いは、これからずっと抱えていくものかもしれない。

そして何より嬉しかったのは、このお父さんも含め、ドアーズのスタッフさんにもこの封筒づくりの愉しさを共有してもらえて、「想像していた以上に面白い」という感想をいただけたことだった。そう、頭で分かったつもりでも、本当に自分の手を動かしてみてはじめて分かる「うわ、これ面白い!」のポイントが、この作業にはあるんです。

16082702

16082703

16082704

みんなの作品を並べて鑑賞。
こうしてオフィシャルな場でこのワークショップをするのは3回目なのだけど、毎回誰が作っても、見事にオシャレな封筒ができあがるのが、あらためて自分でも驚いてしまうところ。

透明プラ板のテンプレートの大きさや向きによる「制約」のおかげで、雑誌の好きな部分を切り取るときに、どうしても普段の自分では切り取らないであろう角度や方向でカタチをとっていくので、「いつもの自分では思いつかない、大胆でダイナミックな構図で画面を切り取ること」が可能になっていくわけで・・・って、これも文章で書いても本当に伝わらなくって、実際にプラ板のテンプレートを片手に雑誌のページを切り取ってもらってはじめて実感してもらえることかもしれない。

お父さんもこのワザを身につけたことだし、雑誌を見つくろって、封筒作って、お手紙を書いたりして、誰かに渡してほしいなぁ、とひたすらそのことを祈りたくなる気持ちになった。

そうなのだ、自分がもの作りを教えるというより、やはりこれは自分自身にたいする学びと修行の時間でもあり、そのことを含めてワークショップというものがあるのだと、つくづく思った。
関係者のみなさまには、ひたすら感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.10

「上司の故郷に一人で勝手に行ってみる旅」をしてきた(その4)

Tezutu01

つまり、こういうことだった。

熱い祭り・・・ていうか、ひたすら「熱そうな祭り」である。

普段同じ町内で暮らしている近所の人が、大量の火の粉を浴びて耐えている姿を目の当たりにすることって、なかなかないと思うわけだ。それがこうして年に一度、この地域の人々は手筒花火の奉納というかたちでお祭りにしちゃっている。

しかもこの手筒花火、着火したあといつ終わるのかは誰も予想できなくて、終わるときは

 シ

 ュ

 ウ

 ウ

 ウ

 ウ

 ゥ

 ゥ

 ゥ

 ゥ

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

Tezutu02


である。これが毎回ドキッとなって、心臓にくる。

この爆発で、手筒を持っている人の耳の鼓膜とか大丈夫だろうかと心配になる。

R0036801_r

R0036802_r

R0036803_r

スマホで撮った動画をアップしてみる。(画面をタテにしていたので小さくしか表示できないが)


(最初の爆発で、スマホを持つ手がビビッて揺れている様子も味わってください)

「ヤバい、この祭りはヤバい!」

いやはや、まだまだ知らない世界がたくさんある・・・・

この手筒花火は、それぞれの町の人たちが自分のぶんを手作りで用意し、周到な準備をもって臨んでくるらしい。
そして動画をみてもらえば分かるように、スタートはお社に向かって火をぶっ放すのも、なんだか凄い(祭りの開始直前、拝殿のあたりでは大きなタタミみたいなものを何枚も並べて防御態勢を整えていた)。

ほとんどの場合は2人が同じタイミングで花火をあげるのだが、これは時間の都合上というのもあるのかもしれない。それぞれの4つの町から結構な本数が奉納されるからだ(なのでトータルで3時間ちかい祭事であった)。

そしておそらくその年の「幹事役」みたいな人は一人だけが真ん中に立って、「ソロ奉納」をすることもある。そして当然、さきほど見かけた女性の幹事役もこの手筒花火を天高くぶっ放し、「ボンッ!!」と爆発させていく。ふへー。

このとき手筒花火に使った竹の筒は、それを奉納した人がその後自宅玄関の軒先に縁起物として飾る風習があるそう。たしかにこれが玄関にあれば「オレは手筒花火をやったぞ」と示すことになるわけだ。

それぞれの町による手筒花火の奉納の前に、小さめの花火を持って「前座」的に振る舞う儀式もすごく綺麗で、迫力があり、そしてやっぱり、当事者は熱そうだった・・・

R0036904_r


また、「子ども連」による花火奉納も行われ、それは手筒花火ではなく、打ち上げ花火である。おそらくそれも町ごとのオリジナルな作品で、目の前で高く打ち上げられる花火も、初めて見る自分にとっては至近距離すぎて圧巻だった。神社のサイズとかどうでもよくて、とにかくデカい花火を一発ぶち上げるぜ的な気持ちのこもった花火であった。

またこの手の「台座に乗せて打ち上げる花火」においては、儀式の最中は、ひとりの人が花火の上に覆いかぶさっていて、なんでそんなことをするのかと思ったら「予定外のタイミングで火の粉が舞って、着火するのを防ぐため」との解説を近くの人が喋っていた。

こうして最後は、御神輿に乗せてきた「大筒」を奉納する。
この場合は、燃えるたいまつを儀礼にのっとって振りかざしながら、そのまま途中で「被さってた人」が退いて、そのまま着火して、火がついたままゆっくり降りていく様子がドラマチックだった・・・いやいや、普通に危険ですよ、みなさん! って言いたくもなるが。

これも動画で。

R0036962_r

・・・というわけで、この祭りを見たことについては、上司の地元だからとかはもはや問題ではなく「これは多くの人に観て欲しい」と思えた、テンションの上がるエンターテインメント要素満点の祭りだった。この時期ほかにも豊橋・豊川エリアではこうした手筒花火があちこちでガンガンやられているのであるが、なぜ今まで知らなかったのか。

ちなみに当然のごとく後日上司のSさんにはこの旅の報告とともに手筒花火のことを心から称賛した。そしてSさんには手筒花火の経験があるのかと尋ねると、「もし自分が地元の大学に受かってそのまま実家で暮らしていたら、自分も手筒花火をあげていただろうし、人生が変わっていたと思う」とのこと。たしかに「手筒花火をあげたかどうか」っていうのは、かなり大きな人生のポイントになる気がする・・・や、自分だったら絶対やりたくないと思うけど(笑)。

---

この夜は祭りのあと豊川稲荷のあるエリアまで移動して宿に入り、翌朝は早くからチェックアウトして、豊川稲荷神社に向かった(私にしては珍しく寺社仏閣を重点的に回っている旅だ・・・とはいえ残りはカレーうどん屋と書店と高校とスーパーぐらいしか行ってないわけだが)。

R0037057_r

ここでは早朝から祈祷を受け付けてくれるのである。そして4000円以上の祈祷料を納めると、あとで精進料理の接待が受けられるのだった。

祈祷の申込書には、祈願したい内容を表から選んで書けるのだが、神社の公式ホームページで「あれもこれもと欲張ることは精神的にも散漫になり、実るものも実らない結果となる」と書いてあったのを記憶していたので、ここは男らしく、祈願は一つに絞って書いてみた。

受付を済ますと待合室に通されて、隅っこにおじさんが一人座っているだけだった。やはり朝一番に来ると人が少ないのもあって、夏の朝の静けさにシャキッとして身が引き締まる思い。

R0037025_r


そうして、祈祷の儀式が行われる次の順番は、結局そのおじさんと私だけの組になり、係の人のあとをついていき、長い廊下を進んで、本殿に入らせていただく。

10人ほどの神職さんが集まって祝詞が読まれ、祈祷を受ける。この人数の多さに恐縮。

そして私としては祈祷される人の名前や内容というのは、もし読み上げられても儀式の流れのなかでは一般人には聞き取りにくいのかと想像していたのだが、その予想とは裏腹に、えらくクリアに高らかと読み上げられることとなった。



「京都市左京区~

 タテーシナオフミ~

 良縁具足~」


「・・・。」

祈祷終わり。

すいません、こんな場所で朝から笑いをこらえることになるとは・・・や、真剣でしたよ、ええ。


そそくさと、おじさんの後をついて元いた待合所に向かう。
廊下からみえる庭も、早朝の光が気持ちよかった。

すると戻った座敷には、二人分の精進料理が並んで置かれていた。

R0037029_r

広い座敷にピッタリ二人ぶんが並んでいて、そこでモソモソと料理をいただく。実はこんなに早くスムーズに祈祷が受けられるとは思ってなかったので、さっき食べた朝食のことを後悔した。

手慣れた感じでお箸を動かすおじさんに話しかけてみたら、この人は毎月一回は祈祷に来られているとのこと。おそらく何か商売や会社経営をやっているのかもしれない。「遠くから来られたんですね」と言われ、やはり祈願内容はしっかりリスニングされていたようである。「このあたりは私の上司の故郷なので、来てみました」っていう説明をしてみたが、コンセプトがうまく通じたか自信はない。

となりの待合所に新たな参拝客の老夫婦がやってきたのだが、隣のおじさんは「あの方も毎月来られてます」と教えてくれて、先に料理を食べ終えたら、その夫妻に挨拶をして、帰っていった。

いただいた点心料理は見た目以上にボリュームがあり、じっくりゆっくりといただく。そういう時間を味わうこと自体が大切である。


こうして食べ終わったあとは、出口の近くで祈祷料に応じた御札をいただくことになっていた。

するとそこにいた係のおばさんが、僕を見るなりパッと表情が明るくなり、

「サッカーのイングランド代表のファンなんですか!?」

と聞いてきた。

そう、私は「祈祷を受けるなら真っ白の服を着ていったほうがいいのかしら」と思い、でもワイシャツとかを旅先で着る気もせず、しかし適した服装があまりなかったので、結果的にイングランド代表のシャツを身にまとっていたのであった。

Petercrouch001

そのおばさんは2002年のワールドカップにおけるベッカム人気のときに火がついた方らしく、「最近はあまり観てないんですけどねー」とか言っていた。それにしてもまさか良縁の祈祷を受けたあとに、さっそく係のおばさんにサッカーファンとして声をかけられるとは、これが祈祷パワーのなせる技なのか、それともこれが答えなのか。


そんなわけで朝一番の祈祷を受け、すがすがしい気分とともに、豊川稲荷のもうひとつの注目スポットに足を踏み入れる。

それがこの霊狐塚だ。

R0037037_r

R0037042_r

R0037045_r


そしてこの記事を読んで知ったのだが、大岩の隙間に入っているお金を取り出せたらそれをお守りにし、金運に恵まれたらまたここに戻ってそのお金以上の硬貨をここに戻しに来る、という言い伝え?があるようで・・・

近くの注意書きに「岩に登らないように」と書いてあったので、そこは守りつつ、よーく岩の隙間をチェックすると、ほどなく1円玉と10円玉を手に入れることができた!
ぜひまたここに戻って今度はお金を納めに行きたいものである。

R0037049_r_2

R0037048_r
( ↑ でもこれを見ると、岩を登る気分にはなれない。)


そんなわけでこのあとは豊橋市に戻って美術博物館でやっていた「アンドリュー・ワイエス水彩・素描展」というのを観たりして、満喫のうちに京都に戻ってきた。上司のSさんの地元トークがなければまずここに来なかったと思うので、貴重な経験ができたことに(そしてさんざんブログのネタにさせてもらったことにも)あらためて感謝の意を示しつつ、今後は日本のいろんなお祭りもちゃんと観に行きたいと思わせた旅だった。

R0037065_r_2
このブログでの久々の連載記事、読んでいただきありがとうですー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.08

「上司の故郷に一人で勝手に行ってみる旅」をしてきた(その3)

 前回の記事を読んだ上司のSさんから感想のメールをいただいたのだが、そのなかで以下のような指摘を受けたので、まずはそれを紹介したい。

---
 ところで、以下2点はちょっとだけ事実と違います。

甲子園に行ったのは、「夏の大会」でございます。ここは国府高校出身の方から、ひょっとして、渡辺いっけいあたりからもクレームが来るかもしれないです。

もう一つは、私の祖父の工場が豊橋にあって、空襲で丸焼けになって没落したというのは本当ですが、砂糖工場というのはおそらく、私の父親が名古屋の砂糖問屋(福谷商店)に勤務していたこととごっちゃになったのではないかと拝察します。

いずれにしても些細なことですので、良いのですが・・・・
---

いやいやいや、些細じゃないです、大きい間違いであります、とくにセンバツと夏の甲子園の違いは大きすぎますね、すいません。国府高校関係者の皆様、そして俳優の渡辺いっけいさんにも、お詫び申し上げます。

さて話に戻ると、国府高校からほど近い場所にSさんの実家がかつてあったそうで、川沿いの風景を眺めつつ北上していった。

R0036721_r

このあたりがSさんの家のあったところらしく、もちろん今は家もないそうで、「まったく何のことはない場所」なのだが、こういう「何もない場所」を目指して旅をしている私は、つまりヴィム・ヴェンダースの映画みたいなことをやって悦に入っているんだと、いま書きながら思った。

R0036739_r

そして私はどうしても見ておきたい場所がこの近所にあった。

それがこの「国府観音」。

R0036728_r

家のすぐ近所にあたるこのお寺について、何か印象的な想い出はありますかとSさんに聞いたら、


「友だちのイトウくんとロケット花火を打ち込んだら、
そこの尼さんがビックリしていた」


とのこと・・・昭和だ、圧倒的に昭和な感じ。

さすが神社で手筒花火をやる地域だけあって、ロケット花火をお寺に向かって放つことも、たいして違いはないだろうと子ども時代のSさんは思ったんじゃないだろうか。

R0036732_r


「うちの上司がすいませんでした」という気分でお賽銭を入れて手を合わせて、門をあらためてみたら

R0036730_r

「のびる芽に よい友 よい家 よい社会」

ときた。なんか笑えた。

さて、ここまでくると、暑さと歩き疲れでヘロヘロになってきたので、国府駅の近くにあるスーパーに向かう。

R0036745_r

Sさんによれば「昔はユニーだったが、いまは『ピアゴ』という名前になっている」とのことで、念のため旅行前に「そこには何か飲食店はあるんですか」と訊いたら「スガキヤはある」とのことだった(さすが愛知県)。しかし実際行ってみるとスガキヤもなくなっているようで、イートインができるパン屋だけが唯一利用できそうな場所だった。

R0036749_r

 こういう時間を過ごすことは予想できていたので、最近買い替えた「ポメラ」をこの旅では持参していた。おかげで、誰も何も知らない土地にいるという旅行特有の気分でもって、いつになく集中して楽しく物が書けた。このブログでの旅行記「その1」はこのときにあらかた書いたものである。

 そろそろいい時間かと思い、あらためて大社神社に向かう。神社への道中にあるはずだった、Sさんに教わった「伊藤乳母車店」はついぞ見つけられなかった。乳母車店ですよ。そういう専門店が成り立つという、これほど昭和な社会状況を示した業態は他にないかもしれないので、ちょっと見ておきたかった。


 しかし本当に今日がお祭りの日なのか不安になるほど街はおだやかで、あちこちに露店があるわけでもなさそうだった。


 そうして祭りがはじまる一時間前ぐらいに神社の近所まで来てみたら、やがて遠くから御輿を担いだ一群がやってきては通り過ぎていく。

R0036754_r

当たり前なのだが、「あぁ、ちゃんとお祭りがあって、そこに人が関わっている、よかった」という妙な安心感があった。あまりにそれまでの町が静かなので、住民すべてがこの御輿を動かしているかのようだった。

R0036760_r

 大社神社の境内に入ると、気合いを入れて三脚にカメラをセットして待ちかまえる数名の人々がいるのみで、わりと閑散としていた。そんなカメラ好きのおじさんたちの後ろにたたずんで、ボーッとお社などを眺めていた。

R0036765_r


 まもなく、町中を回ってきたと思われる御神輿(というか大筒の花火)が神社に入ってきた。ここでは国府町内の4つの町がそれぞれに分かれて花火を奉納する。また子供たちだけのグループもいて、大きな花火を御輿に担いで入場してきた。

R0036778_r

 そしてメインの大筒の御輿には2人ほどが上に乗って練り歩いているのだが(おそらく「幹事」と呼ばれている)、2つの町ではそのうちの1人が女性だった。Sさんによると昔は男子だけの祭りだったが、近年は女性の参加も見られるようになったという。当然、カッコ良かったので、どうしたって注目してしまう。

R0036791_r

 4つの町の御神輿が境内に集合すると、係りの人々が我々のいた場所のすぐ前にガードレールのようなもので仕切りを立て、お社の周辺に近づけないように囲った。つまりそれほどまでに危険性を考慮した祭りであることを感じさせた。

R0036793_r

ついでにいうと、私の前にいた三脚カメラのおじさんたちは、ガードレールがジャマできれいな構図にならないと思ったようで、仕方なく他の場所に移動していった。そのおかげで私は図らずも最前列ど真ん中の場所でこのお祭りを観ることとなり、旅先では相変わらず運の良さを発揮している(笑)

R0036797_r

 19時ごろで空もまだ明るいので、参加者はそれぞれ町内ごとに集合写真を撮っていたりするが、これから始まる儀礼にたいする緊張感もあったかと思う。そして消防署の職員さんが祭の責任者とお社の前の広場で何らかの打ち合わせをしている光景なども含めて、この場所全体に「サッカーの試合前」みたいな雰囲気を感じさせた・・・消防署の人だけがハッピ姿ではないのでレフェリーみたいなものに見えたわけである。起源をたどればサッカーもお祭りだからか。

 つづきは次回に・・・いよいよ花火! なのだが、どうやって文章と写真で表現したらいいのか、まだ模索中!


R0036748_r
ピアゴの食料品売り場で「みそ」のコーナーを念のためチェックしたら、Sさんが言うようにこの地域はやはり赤味噌の存在感が圧倒的だった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.03

「上司の故郷に一人で勝手に行ってみる旅」をしてきた(その2)

 精文館書店を出たあとも、すぐには上司のSさんの地元である国府に向かう気にはならなかった。Sさんからは「行っても何もないところ」と聞かされていたので、早く行きすぎて「何もすることがなくなる+休む場所がない」という状況は避けたかった。

 豊橋駅でもらった観光案内パンフをみると「とよはし物語館」というのが市役所にあるというので、路面電車に乗って向かってみた。

R0036603_r

 土曜日なので市役所は基本的に閉まっているのだが、脇にある入口だけが開いていて、エレベーターで屋上にいくと、その「とよはし物語館」があった。フロアにほとんど誰もいないのでちょっと怖かったが、晴天の街の見晴らしはよかった。

R0036619_r

 ここでは主に年表仕立てのパネルが展示され、豊橋の街の歴史と、そして同時に路面電車の歴史を並行して紹介していた。市電の路線をめぐる変遷は、そのまま街の戦前・戦後の変容とも関係してきて、高度経済成長に伴ってマイカーが増えていくにつれ、一時は路面電車が邪魔者扱いされていくあたりなども時代を感じさせる。

R0036634_r

 豊橋は軍隊の駐屯地があったり重要拠点であったため、終戦の年の空襲が特に激しかったようだ。Sさんの家も代々で砂糖問屋のお商売をやっていたが、この空襲で大打撃を被ったらしい。(追記:この箇所は間違っていて、空襲で焼けた工場はおじいさんの紡績工場だったとのこと。お父さんは砂糖問屋にて勤務されていたそうです。記憶がごっちゃになってました。

 市役所を出てすぐ近くに、味のある洋風建築があった。豊橋市公会堂と書いてあった。これは今あらためてネットで調べるとかなり興味深い建築物で、昭和6年にできて、その後も空襲を乗り越えてきた文化財であった。

R0036611_r

 印象的なのは、創建当時に屋根にいた鷲の彫刻がこうして設置されていたことだ。二羽並ぶとなんだか可愛らしくもある。

R0036608_r

 そしてさらにその近くには、豊橋ハリストス正教会聖堂というものがあり、こちらは大正2年に建てられたロシア正教の教会で、重要文化財に指定されている。そんなに仰々しくなくカジュアルな雰囲気で街の中に建っていて、晴天のなかで建物の白さがすごく映えていた。

R0036652_r

R0036660_r

 あまり予備知識ないままに(Sさんの偏った地元トークの言説だけが頼りといってもよい)、思いつきでこのあたりに立ち寄ったが、こうした歴史的建築物を拝めたのは思わぬ収穫でラッキーだった。


 こうして豊橋駅に戻って名鉄線に乗ってすぐ、ついに国府駅に。

R0036666_r

 改札を出るときに見かけた名鉄の3連シリーズのポスターがあって、

R0036670_r

キャッチコピーが 「この街が、好き。」 ときた。
まさにSさんの溢れんばかりの地元愛そのままのようなポスターに迎えられ、感銘を受ける・・・というよりも苦笑するしかなかった。

 しかもよくみると一番左のポスターには落書きがされてあって、

R0036671_r

 ガンバレ熊本!! なんていい人たちだ、国府の人は!! と、そこはちょっと感動したかもしれない。や、落書きはダメなんだけども。

 あとこの地方のイラストマップが駅に掲示されていた。
 特徴的なのは、やはりあちこちの地域で手筒花火が行われているっぽいことである。

R0036674_r

そして特に左の男性は、工場地帯のような場所で盛大に花火をぶっ放しており、引火して爆発したらどうすんだと危険きわまりない。

 で、駅を出て、旧街道ぞいを南に歩く。暑くて、そして確かにこれといって目を引くものもない。そんな旅行者としての私がまず目指したのは、Sさんの心の故郷、愛知県立国府高等学校である。

R0036676_r

 国府高校は思っていたほど遠くにはなくて、すぐに見つけることができた。

R0036679_r

国府高校、声に出して呼べば「こうこうこう」である。ラップである。

 Sさんは常々「人格は高校時代でほぼ決まる説」を提唱しているので、そんな彼の人生を決定付けたといってもいい場所がこの学舎だと思うと、感慨深く・・・というよりも、「ホントに何やってんのよ自分・・・」という気持ちが強くなっていた。
 
 Sさんにとっての高校時代の想い出のなかには「高校の近所の駄菓子屋でチェリオを飲んで帰ったこと」というのも大きい要素のようで、「周りに何もなかったから」という事情も含めて、その駄菓子屋が今はどうなっているのか、そのあたりも見てみたいと思っていた。
 そしたら、高校の北側の門からほどなく、このようなお店があり、きっとここがSさんのいう駄菓子屋の名残だったんだろうと思った。

R0036683_r

 とはいえ中にはおばあちゃんが座ってテレビを見ているだけで、何かを売っているようにも見えず、ちょっと怖くて中には入れなかった。

R0036684_r

 ただし自販機は周りにたくさんあり、そして案の定チェリオの自販機もあった。

R0036687_r

 そこで何よりツボだったのは、あたかもSさんのいた時代からずっと放置していたんじゃないかっていうビンテージ空き瓶が野ざらしになっていたことである。これを見て私は「ここが例の駄菓子屋に違いない」と確信した。

R0036688_r

で、せっかくの記念なのでここでチェリオのジュースを買い、飲みながら校舎のまわりを歩いてみた。ちょうど野球部が練習をしていて、いかにも夏の高校って感じで旅情感を味わわせていただく。国府高校の野球部はSさんのいた時代に一度だけセンバツに出たことがあるそうだ。(追記:ここも間違いで、センバツではなく正しくは夏の甲子園でした)

R0036698_r

そして正門前にきたとき、近くでは工事現場のおじさんがウロウロしていたのだが、私は正門を背景にスマホで自撮りを敢行し、その場でSさんにメールで送ってみたりした。間違いなくこのときの自分は「卒業生が久しぶりに母校にきて自撮りしている図」を演じきっていた。

R0036710_r

意味の掴みづらい、妙な達成感があったわけだが、国府高校だけではなく、他にも確認しておきたい場所がまだあった。こうして高校を後にし、今度は北のほうへ歩いて行った。

つづきは後日。


R0036690_r
↑ チェリオの自販機の隣の家屋に掲示されていた、なんともいえない古い看板・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.01

「上司の故郷に一人で勝手に行ってみる旅」をしてきた(その1)

 私の上司のSさんはとても地元愛の強い人で、生まれ育った愛知県・豊川や豊橋の話をよくする。とくに出身高校に強いこだわりを見せるので、私はSさんが高校時代にお世話になった、珍しい名字の「朧気(おぼろぎ)先生」という数学教師のフルネームだって暗記できてしまっているほどだ。高校を出た後、郷里を離れて京都の大学にきて、そのまま40年ちかく関西で暮らしてきたSさんにとっては、豊川で過ごした高校時代というのがきっと輝かしいノスタルジックな思い出になっているのであろう。

 しかしSさんにとって幸か不幸か、そういう郷土の美しい思い出を語っている相手としてのタテーシが、これがまったく郷土愛のかけらもない、むしろ地元のことを嫌っているフシもあり(ほぼ「せんとくん」のせい)、かつ、「旅に出たくなるネタ」を日々追いかけているような輩であることだった。こうして職場で日々Sさんから発信される豊川・豊橋をはじめとする東三河関連の情報に接するうちに、当初は(自らの郷土愛の薄さゆえに)その熱い地元推しのスタンスそのものを面白がっていたのが、Sさんの思い出話における固有名詞に慣れてくると、これらの地域に対する妙な親近感が芽生え、「これは実際に行ってみないと」となったわけである。

 なにより、この地方で伝統的に行われている「手筒花火」のお祭りがかなりファンキーでダイナミックな様相を見せており、どうせならその時期に合わせて行こうと考え、ようやく今年の7月末、まさにSさんの地元の国府(こう)にある大社(おおやしろ)神社での手筒花火の日にあわせて訪問することとなったのである。

 まず新幹線で豊橋駅に降りる。

R0036587_r_2
 豊橋市のマスコットキャラクター「トヨッキー」の出迎えにもあまり驚かないのは、すでにSさんから何度も見せられているからであろう。

R0036586_r
「トヨッキーにたいして言いたいこと」はいくつかあるが、それは職場でSさんに伝えておけばいいだろうと思い、何も書かずにやり過ごす。


R0036591_r
 さて、まず向かったのは豊橋駅からすぐのところにある「玉川うどん本店」である。開店直後におじゃましたがすでに賑わっていた。ここでは近年豊橋でプッシュされている「豊橋カレーうどん」がいただけるのだ。

R0036596_r

 見た目はふつうのカレーうどんであるが、知らない方のために紹介すると、こういうことなのである。

R0036592_r_2

R0036593_r

 この大胆なコンセプト、これは一度は食べておきたいと思っていたので、あえて朝食を軽めにして出向いたのである。
 そもそもただでさえカレーうどんというのは気を遣いながら食べるものだが、この豊橋カレーうどんはさらに「お箸で底をかきまぜないように」という、いつも以上にシビアな動作が求められるのであった。

R0036597_r

 そのせいか、麺をお箸でひっぱろうとしても、器の底から何らかの「フォース」みたいなパワーが働いているような手応えを感じ(笑)、ゆっくり、慎重な箸さばきを意識しながら食べていくことに。

R0036598_r

 最終的には付属のスプーンに持ち替えて、お米部分をリゾット風にしてカレーのルーを綺麗に最後までいただくこととなる。なにより、とろろの食感がカレーのダシをまろやかにしてくれるので、「もはやすべてのカレーうどんはこの方式で食べたくなる!!」と思えた。つまりこれは「変わったカレーうどん」なんかではなく「新しいカレーうどんのスタンダード」という可能性を提案しているのである。

 このお店だけでなく豊橋エリア一帯のあちこちでこの豊橋カレーうどんは食べられるみたいなので、ぜひこの新食感を味わっていただきたい。

 うどんを食べたあと、近くに聞き慣れた名前の書店があった。

R0036600_r_3
 これもSさんの会話にたまにでてくる名前、「精文館書店」だった。最近はZINEの特設コーナーもあったとかで、そういう話もしていたなぁと思いつつ店内にはいると・・・


でかい。


とってもデカイ。


そして建物が入り組んでいて、よくわからない構造。

なかに眼科・コンタクトレンズ店だったり、最上階はいまどきのカードゲームが楽しめるコーナーが作られていて、そのすぐ横にはパソコン書コーナーがあったり・・・
よくよくみたら、何かとサブカルチャー系の本棚が異様に充実していたり。

「こういう大型書店、ありそうでないよな・・・」と、いまどきの書店にしてはかなりがんばっている雰囲気だった。

 なにより感銘を受けたのは、ワンフロアがぜんぶ文房具類の売り場になっていて、その豊富な品揃えには「これは、東急ハンズやロフトよりもレベル高いのでは!?」と素直に思えたことである。気がつけばガッツリと歩き回って日常的な買い物をしてしまったほどだ。

R0036599_r


 それに、ここで初めてお目にかかったグッズがあって、輸入雑貨なのだが、

Img_1317


Img_1318

 これはつまり、マグネットの力を利用してこの器具ではさみ、ホッチキスの上側をあてがって、いくらでも好きな場所で「中綴じ」ができる、その補助具である。これは今まで見たことがなかった・・・中綴じ冊子を作るぶんにはコクヨの名機「ホッチクル」があれば事足りることが多いのだが、場合によってはA3サイズの冊子なんかを作る機会だってこの先あるかもしれないし、そのときにこの器具があればとても便利であろうと思い買った。

 そんなわけで、かなり広範囲にさまざまな商品を揃えた文具店で、正直これは地元にはないクオリティだったのでうらやましかった。そしてよく考えてみたら、上司のSさんは日頃から文房具にこだわりのある人で、ひょっとしてそのルーツは子ども時代からこのような店が生活圏内にあったからかもしれない、ということに思い至ったりした。

 こうして、豊橋に到着して2時間もしないうちに、カレーうどんを食べ、いろいろ文房具を観て回り、買い物をし、書店の各フロアをあれこれ観て回り、もはや当初の目的が何だったか分からない様相をさっそく示しているが、続きはまた後日。

R0036600
↑ 精文館書店の階段エリアのフロア表示がレトロモダンな感じでかっこいい。
あるいは「AC/DC」のロゴみたいな。 でもよくみたら餃子の王将のガラスコップみたいにも見えたり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«「『無知』の技法:不確実な世界を生き抜くための思考変革」