« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月25日

2012神戸マラソン「サッカーユニフォームのランナーさんを応援する企画」実施報告

R0058000

市民マラソンでサッカーユニフォーム姿(とくにJリーグクラブ)のランナーさんを沿道からコールして応援する企画。
本日の「2012神戸マラソン」、無事にやり切りました。

「自分を含めて2人以上参加者がいないとやらない」という自分ルールによって今回の実施が危ぶまれたなか、参加を決めてくれた友人のTKMTくんにはひたすら感謝。

R0058002

予定通りホームズスタジアムの前にてスタンバイ。マラソンにあわせていろいろなイベントをやっており、そして写真では分かりにくいがランナーにむけて特設ステージが組まれ、いろいろな応援がされていた。

なのでこのあたりはかなり賑わいがあった。写真は10:30ごろの状態。先頭ランナーがそろそろやってくるという時間帯。

そうこうしているうちに、
最初のランナーがTV中継車(サンテレビ)とともにやってきて、ウワーーっとなったが、今日はそこから2位のランナーまでの間隔がものすごく開いていて、一体何があったんだと思わずにはいられない独走状態だった。

ちなみに仕事場の同僚であるYさん(女性)がかなりのランナーさんだということを以前から聞いていて、今日のこの大会にも出場していた。数日前、「走っている側から、沿道の様子はすごくよく分かるから、たぶん見つけられます」とおっしゃっていて、ある程度服装の特徴も聞いていたので、TKMTくんにもその話をして「ぜひ見つけよう」とか言っていたのだが、想像を越えてかなり前のほうで走っていたようで、そして実際Yさんのほうから先に我々を見つけて、わざわざサングラスを外して手を振って風のように去っていった。早すぎ! これはガチで女子の部で優勝争いをしていたんじゃないかというぐらいの印象。あまりの速さに心底驚いた。凄すぎ。

そうして序盤は、ガチのマラソンランナーの激しい走りに声援を送る。
そして、そのうち仮装の人やらサッカーユニフォームの人たちがやってくるわけである。

で、本日の「Jリーグ部門」1位は、なんと、サンフレッチェ広島!!
昨日J1リーグで優勝を決めた勢いそのままに、かなり2位以下を引き離して独走状態だった(昨年の奈良マラソンのときも広島のユニフォームのランナーが確かJリーグ部門1位だった)。
チーム名のコールに加えて、走りゆく背中に向かって「おめでとうーー!!」と叫んでみたりする。

そこから、わりとほどよい具合にJリーグクラブのユニフォーム姿をみつけては、ひたすらチーム名をコール!

メガホンをたたいたり、遠くの状況をチェックするのにあまりに必死なので、写真は今回もあまり撮らず。

R0058019


R0058012

いつもいつも思うのだが、
みなさん、実にいい顔して走っていく!
一緒に手拍子してくれたり、ガッツポーズとかのリアクションもすごく嬉しい!
TKMTくんもかなり楽しんでくれていたようで安心(彼は途中からすっかりサッカーユニフォームのランナーさん、とくにヴィッセル神戸を探すのが上手になっていて、すごく助けられたのであった)。

Jリーグクラブについて言えば、今回はやはり地元・ヴィッセル神戸のユニフォーム姿が圧倒的に多かった。走り抜けながら「(J1)残留しまーっす!」と我々に向かって声を張り上げてくれるランナーさんがいたり。
そしてその次に多かったのがなぜかサンフレッチェだったりする。昨日の優勝の勢いそのままに、誇らしげにユニフォームを着てたくさんの広島サポーターさんがこの大会に出場していたと思われる(もしかしてサポーター同士で出場されていたりするのだろうか)。
その他、思いつく限り列挙すると、J1だとガンバ大阪、セレッソ大阪、札幌、FC東京、浦和、名古屋、鹿島、川崎、横浜Fマリノスといったクラブが見受けられた。

あとは、J2クラブの存在感が印象的だった。徳島と岐阜が2名ずついて、栃木、福岡、松本、町田、大分といった地方クラブのサポーターさんが走っていて嬉しくなった。来シーズンのJ1昇格を決めた大分のランナーさんからは「来年がんばりまーす!」との声をいただく。グッとくる。

(ちなみに、なぜか今回は近畿圏であるにも関わらず京都サンガが一人もいなかった。そりゃあ、昇格逃した悔しさは計り知れないが・・・ちょっとした謎であった)

そしてとあるFC岐阜のユニフォーム姿のランナーさんについては、「エッフシー・ギフ!」と(以前『岐阜マン』作者のツカハラさんに教えてもらったリズムで)チーム名をコールする我々の姿を確認すると、たまたまそのとき身につけていたウエストポーチが不要になったのか、ポンッと投げ渡してくれた! ちょっと驚いた。沸いた。いま思えばそれをそのまま大会スタッフに預けておけばよかったのだろうけど、どうしていいか分からないまま、とにかく「こんな出来事もあるんやなぁー」とTKMTくんと盛り上がって、結局持って帰っている(笑)。なのでもしこのブログに検索でたどり着いたFC岐阜のランナーさん、返却をご希望でしたら、しばらくはそのまま預かっているので連絡をください(笑)。<追記:その後、このマラソンを走りきったYさんにランナー側の意見として尋ねたところ、こういう場合はそのポーチは捨てたつもりであると見なすのが妥当とのこと。ちょっと安心しつつ、でもアディダス製なのでそれなりに立派なのでとりあえずポーチは洗って保管しつつ、その後は別の活用方法を考えます。や、自分がマラソンすることは完全にありえませんが・・・>

ちなみに今回反省点だったのは、ザスパ草津と、INAC神戸と、そして湯郷ベルのサポーター用Tシャツを着ていたランナーさんにコールをし損ねたことである。一瞬のことで、「!?」となったときにはすでに走り去っていってタイミングを逸してしまったのである。とくに湯郷ベルは、とっさにどうやってコールしたらいいかまったく思いつかなかったのである。今年何試合も観ているのに。そこはかなり悔しい。

また、JFLのクラブが2チームほどあった。「いったい何のユニだぁぁ??」となって、結局分からないまま目の前を通り過ぎていき、右のソデにつけられた「JFL」のワッペンをみてすべてを悟るのである。これはもう最難問ゾーンである。これを機にちゃんとマスターしたい。

そして終盤になるとほとんどのランナーさんが辛そうで、歩いて通過する人が多くなっているのだが、そのなかでガンバ大阪(遠藤の7番)を着ていたランナーさんにコールすると、その人は顔をしかめて、両手でバッテン(×)をつくって、そして両手をクルクルさせるジェスチャー(交代を要求)をみせてくれて、我々の笑いを取って去っていった。非常に秀逸であった。

こうして14時12分、我々がいた場所近くの和田岬駅前で閉門時間がきて、そこでレースが締め切られていった。いつもそうなのだが、この応援をすると、時間があっという間に過ぎていく。そして自分たちは別に走ったわけではないのに、ほどよい疲労感と心地よい充実感に満ちているのであった。何よりTKMTくんが心底楽しそうに応援をしてくれていたので、それが嬉しかった。この調子で今度も共にJリーグのサポーターを応援してくれそうだ。

というわけで次回は3月10日の京都マラソンにて。
またよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月22日

The way of my life with Chelsea is a way of confronting a sense of defeat.

飲み食いして帰宅して寝る前にネットをみたら、ディ・マッテオ監督解任のニュースを今になって知る。

だからあわててこうしてブログを書いてしまう。、

つくづく、なんでこういうことになってしまうのかと残念な気持ちでいる。

でも自分のスタンスとしては、
The way of my life with Chelsea is a way of confronting a sense of defeat.
この英文を書いてみて、あらためて感じるところがあって、正しい英語なのかどうかはさておき、チェルシーが好きになった理由のひとつにあった、「強いけど負ける部分」、まさに「敗北力」の美学のありかたをつきつけられたクラブであると感じたところにある。

そこの「美学」をもっと見せて欲しい。
勝ち続けられるクラブなんてあるわけないだろ馬鹿野郎。
負けたときに、いかにその状況のなかで佇むか。その姿勢、その意志、その勇気が、クラブの姿を磨き続けていく。そこに途方もない愛や情熱や挑戦や悔しさや美しさや執念や醜さが、ギューーーっとワケ分からないぐらいに凝縮されていくからこそ我々は「次の試合」に向けてまた一歩を踏み出せるのである。だってそれが自分の人生の生き写しみたいなものにさえなっていくのだから。

あぁ、だから、もうちょっと、人生を磨き続けるためのアートの部分、言葉や数字にできない難しい領域ではあるが、それでもフットボールの根幹の美しさを、時間をかけて追求していくクラブであってほしい。サポーターとしてそういう念を送るしかない。そしてついに12月がやってくるのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月19日

チェルシーもある種「第三極」なんかなぁ~・・・って、じゃかましいわい!

そうなんだよな。
こういう記事もでる。
ずっとぼんやり思っていたよオレも。

「日テレ 選挙日のサッカー中継が「おいしい」理由〈週刊朝日〉」こちら

12月16日に総選挙なんてするもんだから、
クラブW杯決勝とダダかぶりで。

この記事では、「選挙特番に興味のない視聴者が、こぞって日テレのクラブW杯中継に流れる」という流れを予想しているが、
そこの記事の読者からのコメントにもあるように、選挙速報入りのサッカー中継になってしまうことが予想されるため、あのL字型の画面構成で、チラチラ開票結果だったり候補者のコメントだったりが延々ながれる。

チェルシーの試合の脇で。
100年に一度あるかないかの大舞台で。

永遠の完全保存版VTRだってのに選挙速報とセットかよ、っていう。

なんだかなーー

やーー、チェルシーらしいっちゃらしいんだけどなぁーーー
(ていうか、そもそも決勝にあがれるんだろうか、現在リーグ戦2分け2敗中。ふはは)

でもなんだかムカついてくるんだよなぁ、なんでこんな日にぶつけてくんねんーー

(そして日テレのこの手のサッカー中継のクオリティの低さにも、ある程度心しておかねばならないのだが)

あ、でも、投票はしような。こっちはおそらく期日前投票になるけど。

---

それとついでに書きますが、チェルシーが来日するにあたって宿泊先を調べたい方々がこのブログを訪れてくれているかもしれませんが、同じホテルに客として宿泊しない限り、宿泊先に押しかけて出待ちとかしないようにお願いしたいです、気持ちはすんごおおおおおく分かるけど、とにかく落ち着いた状況で試合をさせてやって・・・もう二度と無いかもしれない大舞台だからよぉ(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日

スコンと負けるチェルスキーとか失笑と因縁のノースロンドンダービーとか

クラブW杯のうちあわせがてらF氏と豚笛酒場にてノース・ロンドン・ダービー。因縁のアデバイヨールいきなり先制点、からのー、前半17分調子のって両足タックル一発レッドで退場~によって、このノースロンドンダービーの歴史稀に見る失笑ものの展開。でその後前半までにアーセナル逆転に成功し、あぁもう決まってしまったかと思ったが、最後の最後まで10人のスパーズも一人一人の動きの質がよくて点を決めたりするものの最終的には5-2のスコア。最初は失笑モノだったはずのゲームが、最後には「さ、さすがノースロンドンダービー・・・」という印象に。

ひるがえって我らがチェルスキーにとっては、こういう問答無用の激しいダービーマッチとか、アデバイヨールのような因縁のプレーヤーがいないので、なんだか羨ましい気分である。

さて、そんなチェルスキーは対ウエストブロムウィッチ・アルビオン戦、スカパーにて。WBAは好きなクラブでして、しかも監督はスティーブ・クラークなもんだから、わたしにとっては「長年お世話になっている叔父さんと闘う」気分。それにしてもクラーク氏、昔のジャージ姿のときは何も思わなかったが、監督になってスーツ姿になると、どうしてもサッカーの仕事している雰囲気に見えないのがツボ。結果的にこの試合WBAが見事に勝っちゃうわけですが、勝ったあとのリアクションもきわめてクール(ぶっている?)で、ひょっとしてチェルシーにたいしてかなりリスペクトした結果なのかもしれないが、ともあれなんだかどこまでもマジメなオジさんだよなぁという印象。

Steve_clarke_west_brom

「この方は熱心なファンの会社員です」

Steve22712

「少年のころからの熱心なファンなんです」

Steve65623640360

「熱心なファンすぎて相手の監督と握手してみたり」

Steveclarkeav

「熱心なファンとして試合後のインタビューに応じてみたり」

ていうかディ・マッテオ監督、水曜日のチャンピオンズリーグを見越して今季絶好調のWBA相手にターンオーバーでメンバー落として臨むっていうのはかなりリスキーだった。まだプレミアリーグをあきらめないで。

ただ確かに今日のようにスコンと格下相手にネタ的に負けてくれるチェルスキーは、それはそれで好きである。2失点目のシーン、ダヴィド・ルイスがサイドにつりだされて、なぜかバートランド君が真ん中にいたりするシーンなんて、その瞬間に「あ、これはやられる」ってすごく分かりやすかったな。

---

本当は、「実力差が均衡していて世界屈指レベルで面白すぎるサッカーリーグ」であるJリーグの大混戦っぷりについて長々と思うところを語りたいところだが、今シーズン残り試合いずれも都合によりリアルタイムで追いかけられないこととなり、もはや結果だけをみてギャーギャーとわめいてしまうだけの身となり、最終節が終わるまでは語りたくても語りきれないのであまり触れないことにする。そのぶん11月25日の神戸マラソンはJリーグクラブの名前を叫んで応援する(参加者募集中!)。←じつはJ1昇格プレーオフも気になるけど、ここは国立よりも神戸マラソン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日

ヤングなでしこバージョンの日本代表ユニフォームについて

もう季節は冬に突入したってのに、J2の最終節が終わったってのに、あの夏のヤングなでしこU-20代表については、まだ語るべきことがあるのだった。

R0057895

 

思い切って、かなり思い切って、これを買ったのである。
ヤングなでしこバージョンのオーセンティック・ユニフォーム(長袖)。

これだったら、そのへんのサッカー専門店で買えそうだと思うだろうが、実は売っていないのである。
いま市場で出回っているなでしこ関連ユニフォームはすべて「なでしこジャパンバージョン」、つまりあの金色の「ワールドカップ優勝国パッチ」がついているわけだ。

Z00438

たしかにU-20W杯を観に行く時点で、このレプリカユニにマーキングで「FUJITA 7」を入れて着ていこうかとさんざん悩んだが、「でも、厳密には、このバージョンのユニフォームではない、決してそれは、違うのだ。」ということで、そこはハッキリしておこうと思った(そうして、自作Tシャツづくりへと走った)。

たしかに、せっかくのワールドカップ優勝国パッチを「外して売ってくれ」なんていうニッチなユーザーの声というのは、もはやヤングなでしこの狂信的マニアぐらいでしかないのであり、市販されることはないだろうと、すっかりあきらめていたのである。

ところが、そうではなかったらしいのだ。

Jリーグのグッズを売る「フラッグスタウン」の日本サッカーミュージアムの直営店でのみ、オーセンティック版のユニフォームとして密かに一般販売されていたのであった。

知らなくて悔しかった。
そんなルートがあったとは!!

しかもだ、この商品が発売されていることを知るてがかりは、この直営店の店長ブログのみ、という局地的な狭い範囲での発信である!!(笑)

そんなの、相当マニアじゃないと読まないっすよそんなブログ!!
(あるいは、直接サッカーミュージアムに行った人ぐらいしか分からない気がする)

で、販売開始からだいぶ経ってからこのブログの存在を知ったので、なかばダメモトで問い合わせたら、まだ長袖のLサイズの在庫があったというので、驚くとともに思い切って背番号7のマーキングを頼んだ次第である。オーセンティック版なので通常のレプリカよりも値が張るが、そして夏の大会だったのに長袖かよ、とも一瞬考えたが、もはやそこで迷う問題ではなかった。

さらにさらに、通販にも対応してくれてはいるのだが、いわゆるオンラインショッピングではなく、「電話で発注して、住所と氏名等の情報を言ったのち、言われた金額を現金書留で郵便局から送る」という、きわめて懐かしい手段でしか通販が成立しないので注意が必要だ。商品がレアなら、その購入方法もきわめてレア度が高い。きっと20代前半ぐらいの人には、この方法での決済は相当説明をしないと理解してもらえない気がする。まさか現金封筒を買いに行くことになるとは、この時代においてなかなか新鮮な行為であった。

そうして一ヶ月半後ぐらいでユニフォームが届いた。本来オーセンティック版というのは箱入りで売られていたりもするのだが、これについてはそういうことがなく、ビニールでパックされたものがピッチリと折りたたまれて、厚紙封筒に押し込まれて到着した。まさに「正規なんだけど、ちょっと普通じゃない」雰囲気がただよう。
なのでせっかくのマーキング部分に、折りシワがついてしまっていて、そこはもうちょっと消費者マインドを汲んでほしかった気もする。や、まぁ、なかなかこんなレアな商品を取り扱ってくれるだけありがたいんですが・・・
あと希望をいえば、ここまでやるなら、どうせなら袖にU-20W杯の大会ロゴマークのパッチも付けられるようにしてほしかったが、それはさすがに難しいのか。

R0057896

あの大会の直後にも書いたが、ふたたび藤田のぞみが代表の青いユニフォームを着ることがあるように祈るためにも、やはりこれは自分にとっては手に入れておきたいものである。

いずれにせよ、今回のことで学んだのは、「日本代表関連のマニアックなウェア類は、日本サッカーミュージアム直営のフラッグスタウンのブログをチェックすべし」ということであった。ユニフォームのほかにもトレーニングウェアとかにもレアなものがたまに売られている雰囲気である。

そしてあらためてみてみると、先日はフットサル日本代表のユニフォームも売っていたようで、でもいろいろと大変だった様子。でもこのニュースのおかげでこの売り場の希少な存在価値が広く認識されたかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 5日

サッカーにおいて、ある種の執念でもって笑いを取りに来ること

ええと、このまえチェルシーはユナイテッドにリーグ戦で負けたわけですよ。

・・・審判のせいで、って言いたい。

Crimages

クラッテンバーグ主審、忘れねぇ。

その数日後、今度は「キャピタル・ワン杯」のリーグカップ戦で、またユナイテッドと対戦したわけだ。

で、
チェルシーのホームスタジアムにいくと、いつもゴール裏の目立つところに、
キャプテンのジョン・テリーを応援する有名な横断幕があるわけだ。

P_jtcaptain

JT、キャプテン、リーダー、レジェンド。
この横断幕を初めて現地でみたときの感慨ったら。背筋伸びますからね。
もう、異論ないんです。ジョン・テリーはそういう存在なんです、チェルシーにおいては。

そうしたらですね、
その先日のキャピタル・ワン杯での試合、
ユナイテッドのサポーターが・・・

Yuzan05_02



Oclattenburg570


「クラッテンバーグ、レフェリー、リーダー、レジェンド」

って。
お、おもろいやんけこの野郎!!(笑)

Q

うーーむ、だって、あの試合からほんの3日後ぐらいだったと思うが、こういうのをすみやかに作ってしまう、そのバカみたいな執念には、感心すらしてしまうわけっすよ。
どこまでもディスってくるわけですよ、徹底的に。

つい、こうして「う、うまいな~この野郎!クッソ~!」って笑ってしまうということは、私はそういう意味では本当のチェルシー・サポーターとは言えないのかもしれないなぁ、と思ってしまったりもする。なんかもう、悔しさがこみ上げるよりも、ネタをかまされて一本取られまくった気分で、なんだか。

こういう「執念のネタ」で笑いを取ってしまうイングランド・フットボールの根性については、昨シーズンもどこかで書いたかもしれないが、

Keanout

こういうやつね、ブラックバーンのキーン監督辞めろキャンペーンの最高傑作。スタジアム内で「辞めろ」のメッセージを掲げるのをクラブ側が禁止したもんだから、サポーターが試合中のスタジアムの上空にメッセージのバナー掲げたセスナ機を飛ばしたっていう(笑)

このあたりの根性は、もっとJリーグも見習いたいもんです(えっ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »