« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日

今年もまた宮崎へ

こんばんわ。

明日2月1日は2013年Jリーグの日程が発表される。
また、西へ東へ、右往左往、喧々諤々な日々が始まる。
って、特定チームのサポーターではない自分が言う資格はないのだけど、いずれにせよ「シーズンの日程が発表される」というのは、いつだってワクワクする行事だ。

ここまで書いて、たまたまブログの作成画面に現れるニュース速報をふと見ると、「FC東京の経理担当部長が2300万円の経費を私的流用した」というニュースが。

ううむ・・・、となるな。
というのも、クラブの誰もがそういう横行を捉えきれていなかったわけで、サッカーにたとえりゃ「どこまでディフェンスがユルユルやねんFCトーキョー!」っていう気分になるなぁ。FC東京が築いてきた攻撃的パスサッカーのイメージの陰に、7シーズンにもわたるユルユルな守備のなかで横領という名のオウンゴール連発が行われていたというのは、なんだか落ち着かない気分だ。この状況、前身の東京ガスになぞらえて「ガスもれ」とか言われてしまうのだろうか、いやはや。

---

早朝は、ひさしぶりにミッドウィークのプレミアリーグ開催。レディング×チェルスキーを観るべく、テレビをつけたはいいが9割ぐらいはずっと寝てしまっていて、途中で起きたら2-0で勝っていて、朝食の準備などをしてキッチンにいったあとテレビ画面に戻ったら2-1になっていて、どこまでも得点シーンをライヴで目撃することができないなぁと思い、ようやく目覚めたアタマでパンを食べながら最後のアディショナルタイムをぼんやり眺めているうちに、あれよあれよとゴール前にボールがあがって、結局私がこの朝はじめて生で見届けたゴールはレディングの意地の同点弾だったという。
こういうのはどこに文句を言えばいいのか。

---

さて、このブログの右下「検索フレーズランキング」で表示されている、当ブログへたどり着いた各種の検索ワードについて今回もコメントを寄せようと思う。

「1位:藤田のぞみ けがの回復は」

 ええ、気になりますね。私はケガの状態はよくわかりませんが、回復を祈る気持ちは一緒です。絵馬でも書きにいこうか。なでしこ合同キャンプにも選外となりましたが、焦る必要はございません。

「2位:Jリーグ キャンプ 2013」

 このシンプルなフレーズでググッたら、このブログが上位にくるので本当に恐縮。そしてですね、当初は「今年は行くのあきらめよう」とか思っていたのですが、やっぱり今年も行くことにしました、宮崎キャンプ。短い日数ですが、2月18日にセレッソ×ガンバなんていう素敵な練習試合のカードが決まったので、これをメインに訪れる予定です。バタバタしていてまだちゃんと旅行の手配はしていませんが。ちなみに2月16日土曜日は宮崎市のあらゆるエコノミーなホテルがすでに満室になっているっぽいです。やはり行くなら早めに決断して、前もって準備しないとダメですな。

「4位:サッカー育成哲学」

 やー、びっくりです。私は育成哲学について、まだじっくり語ったことがここにないし、そもそも私はサッカー選手の育成ってやったことがないので(笑)。むしろ私がいま思っているのは、選手だけではなく「サポーターの育成」という概念を大切にしたいな、といったところでしょうか。あ、でもフレーズをよくみたら「サッカー育成」だから、サッカーというスポーツそのものを育成していく哲学か? 

「5位:大阪ハーフマラソン」

 さっそくのネタで、ここにたどり着いていただき感謝です。私はランナーでもなく、単に沿道でワーワー騒いでいただけなんですがね・・・。

「6位:広島 サッカー 良いファン」

 検索ワードって面白いなぁ、ってこういうとき思いますね。もちろん本人はまじめな意図で検索をしてきたんでしょう。「良いファンとは何か?」というその真摯な問いかけ、私はガッチリ受け止めていきたいと思います。なんとなくの印象ではありますが、サンフレッチェは「良いファン」がたくさんいるような気がします。逆に「悪いファンとは何か?」って考えていくのも面白いですね。

「7位:大阪ハーフ 2013 Tシャツ デザイン」

 ひょっとしたら今回のハーフマラソンの参加者がもらえそうなシャツがあって、そのデザインについて調べたかったのでしょうか。すいません、私は自分でTシャツをデザインして印刷したり、っていうのを趣味にしているだけで、オフィシャルなシャツについてはまったく何も知りません。

「10位:日本代表 ユニホーム デザイン」

 先日、2018年ワールドカップの日本代表ユニフォームのデザインを予想した記事を載せたわけですが、普通に「日本代表 ユニフォーム 予想」で検索すると、普通に私の記事が上位にきて、ちょっと恥ずかしいものがあります。2014年ブラジルW杯をむかえるときにも、さんざん予想記事を検索されるのでしょうけど、そこで現れる記事が「ロシアW杯のユニフォームはこれだ」っていう超テキトー予測記事なわけで、「早すぎるやろっ!」っていうツッコミの嵐でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日

2013大阪ハーフマラソン:おつかれさまでした!

というわけで、大阪ハーフマラソンへ。
バンドメンバーのじゅりーが出場するので、ジロ氏と応援にいったのである。
どうやらこのレースは関門通過タイムが相当厳しいみたいなので(同時刻に大阪国際女子マラソンがある影響だろうか)、きっとガチなランナーさんが多いだろうと思い、ゆえに「サッカーユニフォーム姿のランナーさん」は少ないと予想していた。

で、大阪城公園のスタート地点にいってみると、ちょうどレース開始前に立ち会うことができ、

R0059917

このようにたくさんのランナーがスタート位置に移動していた。ものすごい人数に圧倒される。考えてみたら市民マラソンのスタート地点にいったのはこれがはじめてであった。

そしてよくみると、思いのほかサッカーウェアの人が多かったのである。

フルマラソンであれハーフマラソンであれ、その割合はあまり変わらないということか。

ともあれこの時点で群衆のなかでも我々はじゅりーを発見することができ、そしてスタート直後に公園内を走るルートにおいてもその勇姿を拝むことができた。

R0059939

↑ 写真がうまく撮れなかった・・・ジャケットの下に着ていたバンドTシャツを我々に見せながら笑顔で走り去っていく、じゅりー。そしてその後6km地点に場所を移した我々は、じゅりーの姿を見失うことになり、慌てる。結果として惜しくも時間制限にひっかかってしまったとのこと。次回へのリベンジを期待! つーか、この激しく寒いなか本当にお疲れ様でしたよ!

そしてJリーグのユニフォーム姿のランナーさん応援企画については、やはりスタート直後は集団で走るので、ユニフォームの発見と識別においては難易度が高くて難しかった。もう、ワタワタしまくり。今回はやはり地元のセレッソ大阪がかなり多かったが、集団が走ってくるなかにあっても、ジロ氏が的確にセレッソ大阪のユニフォームを発見してくれたりしていた。

で、今回とくにうれしかったのはファジアーノ岡山がいたこと。スタート前の段階で「あ、いた!」となり、絶対にコース上でチーム名をコールしたかったので、うまいこと目の前を通り過ぎていったときはうれしかった。

大阪城公園の駅でスタートから6kmあたりを先頭から最後尾まで見届けたあと、すぐ環状線に乗り桃谷駅で降りて10kmの関門ラインの地点にいき、そこから天王寺駅に行って長居公園にたどり着いた。でも結局このペースでいってもランナーの先頭集団は我々よりもはるか前方を走っていったようで、つくづくマラソンのスピードの速さを実感。

R0059952

(↑ 適当に撮影したはずの写真だが、よくみたら先頭のおじさんはセレッソのユニだ)

で、長居スタジアムではハーフマラソンのランナーが全員ゴールしたあとに、すぐに国際マラソンの先頭ランナーがやってくるという段取り。

で、すでにマラソンを終えたじゅりーと合流して、国際マラソンのゴールを見届ける。トップを守っていた福士加代子が、ついさっきまで我々が観ていた長居公園の入り口付近でガメラ選手に抜かされて、惜しかった。

R0060021

よく考えてみたら、Jリーグのスタジアムでゴールできる市民参加型マラソンというのは日本でも珍しいのではないか。そういう意味で大阪ハーフマラソンは全国のJリーグ+ランニングファンにオススメできる大会だと思った。

そしてジロ氏には寒いなかサッカー的応援をおつきあいいただいたわけだが、はじめてのマラソン観戦は楽しかったとのことだったので、うれしかった。

さて、次回は3月10日の京都マラソン。ぜひご一緒に声援を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日

2013大阪ハーフマラソンの応援にいきます

いろいろなタイミングが重なって、1月27日の大阪ハーフマラソンの応援にいくことに。

今回もサッカーユニフォーム姿のランナーさんを見かけたらチーム名コールの応援をするつもりではいるが、大阪ハーフマラソンにおいてはそういう人が少ないかもしれない、という予感がある。

そんななか、今日たまたま駅で

R0059781

「志摩ロードパーティ・ハーフマラソン」のお知らせに目がいく。

そしてさらによく見ると

R0059783

この写真に注目せざるをえない。(クリックすると大きくなるよ)

「そう、こういうことなのだ。こういうことなのだよ」
と、思った。

もちろん、ここまでサッカーをテーマにガチで仮装で走る人はなかなか見つけられるものではない。

でもハーフマラソンによってはこういうノリの人もいるのだと知るとちょっと勇気がわく。

(あ、大阪ハーフマラソンは仮装は禁止だそうですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日

近藤ガクトは偉いと思う

チェルシー 2-1 アーセナル !!ノースロンドンダービー快勝!や、快勝じゃないな、きっと。うかつにも途中で寝てしまったので後半の半分以上の記憶がないのだが、前半みせていた圧倒的なペースから、徐々に後半開始から修正されてピンチを浴びまくっていた印象。水曜日のセインツ戦の二の舞かとも思わせるヒヤヒヤな勝利! ←快勝とは言わないだろうそれ!

1点目のマタのゴール前の神トラップがねぇ~、こういうのがまさにアートとしてのフットボールを感じさせるシーンっすね。動画とかこちらにあります
ジャンフランコ・ゾラのプレーを彷彿とさせるマタの美技、今後も期待大。

---

テレビ東京系『FOOT×BRAIN』は、いつも放送時間帯をどうにかできないのかと常に思っていて(海外サッカーの生中継とかぶるので録画もしにくい)、ずっと見逃し続けている番組なのだが、たまたま先日みたら「サポーター論」がテーマで、植田朝日さんが最近の日本代表の試合を観る客のことを「アイドルのライヴを観にくるかのよう」と評していたことにいろいろ意見が飛び交っている。

たぶんわざと挑発的に言ってみた感じもあると思う。問題提起としては悪くない意見。現にネット上でいろいろと反論が出たりしていて、議論を活性化させたという意味においては、まさに「サッカー的な言動」だと思う。

それはともかくとして、自分があの発言を受けて思ったことは「そうであったとしても、客が来ないよりかはマシだろう」ということと、「アイドル的に思ってくれるほどに、外見も内面も魅力的な人間が日本を代表するサッカー選手であることを喜んでおきたい」といったところだ。もっというと、そういう人間がサッカーという種目を選んでくれたことを喜びたいわけだ。

「ミーハー、おおいに結構!」(自分もだ)

や、だって、何事も「ピラミッド構造」だから、ミーハーで移り気なファンをせっせと増やしていかないことには、頂点のコアなファンの数も絶対に増えてこないわけですから。

そういう意味では、Jリーグの果たした役割、それと連動して日本代表というブランド構築を成し遂げていったこの20年って大成功だったと思える。(ちなみにこの効果が現れるのはあと20年後ぐらい待たないといけないと思うが、そのころ野球は子どもたちにとってマイナースポーツになっているんじゃないかと本気で思っている。既得権を手放したくないジイさんたちが何も手を打ってないツケはかなり急速に大打撃になっていく感じがある。少子化を迎え、運動能力のある子どもたちの奪い合いになっていく時代において、各種目のスポーツ界がどう動くのかという点についてはかなり興味深いものがある)

---

Jリーグのシーズンが終わったあと、「情熱系サイドバック」近藤岳登がヴィッセル神戸から放出されることを知って、残念な気分であった。いろいろ苦労した末に26歳でようやくプロ選手になったことをエルゴラッソ紙のインタビューで読んで初めて知ったのだが、ただひたすらその豪快な(濃い)キャラクターでもって「情熱」の一点張りで自らを、そしてチームを鼓舞してきたプレースタイルには一目置くものがあった。

Kondo_2


そうしたら、ヴィッセル退団にあたっての近藤ガクトの公式コメントが、

「神戸の街、神戸の仲間、神戸のスタッフ、そして何より神戸のサポーター、本当に大好きです。神戸に関わるすべての人に情熱をもらい、僕は走り続けることが出来ました。90分走りきれないときもありましたが…

僕が移籍することで、神戸のサポーターのほとんどが水戸のサポーターになり、神戸の観客動員が激減するのではないかと懸念しています。水戸黄門になってきます!Try Again!!

ということで、いかにも、彼らしい。ていうかこんなコメントを公式でリリースする選手、なかなかいない。

で、こんな(面倒くさい)選手ではあるが、次の移籍先が決まればいいんだがと思っていたら、J2の水戸ホーリーホックへの移籍が決まってちょっと安心した。まだプロでやれるぞ近藤ガクト!

で、そんなこんなで今日は水戸で新入団選手の会見があったようで、J's GOALのサイトで逐語録が掲載されており・・・

●近藤岳登選手:
「みなさん、こんにちは。吉本興業から移籍してきました近藤岳登です。神戸で6年間、お笑いを極めて、こちらに来たので、今度は笑いとサッカーをしっかりやりたいと思います。好きな言葉は水戸黄門です!

■質疑応答
Q:(各選手へ)今年の抱負とプレーのアピールポイントを教えてください。

近藤岳登選手「僕の前に道はない。僕の後ろに道ができる。それが僕の抱負であり、チームの抱負です(笑)。ポジションはサイドバックですが、笑いも取り、ゴールも取れるプレーヤーを目指して、今年1年頑張っていきたいと思います」

Q:選手全員に聞きたいのですが、水戸に来ることを決めた決め手や水戸に来ようと決断した理由について聞かせてください。

近藤岳登選手「真面目にいきます。人生楽ありゃ、苦もあるさ。次期水戸黄門になるためにここに来ました(笑)

・・・と、ガクト節炸裂とはこのことか。やっぱり面白いぞアンタ。
ちなみに同席していた冨田大介選手も「好きなコトバは水戸黄門」と答えていた模様。もはやコントか。

基本的に、こういうネタまみれの選手は応援したくなります。
こうやってネタを放ちまくって、逆に自分にプレッシャーを与えている向きもあるわけで。
キャラ立ちは大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日

世界一早い、2018年日本代表ユニフォームデザインの予想

5年後にひかえる2018年のロシア・ワールドカップに臨む日本代表のユニフォームを予想したい。

もちろん出場権すら獲得していないし予選すら始まっていないし、そんな先のことの予想をいちいち立てる必要性はないのだろうけど、思いついたのだから書いておきたい。

まぁ、いたってシンプルな予想なのだが。

1998nakata


あの「炎」バージョンのモチーフが、

再び使用されるんじゃないかと予想。

日本がはじめて出場した1998年フランス大会から、ちょうど20周年にあたるからだ。

1勝もできず敗退したあの初出場から、日本代表は急速にレベルアップをとげて、ついに「成人」の域に達したとかなんとか・・・いまこそ初心を忘れないように、とかで・・・これって日本人が好きそうな話だし・・・で、この「炎」のモチーフが採用されるんじゃないかと(個人的にはこのユニフォームデザインが歴代でいちばん好きだ)。

当時のサプライヤーはアシックスだったが、その後アディダス製のユニにもこのモチーフが登場していたりするので、そのあたりも問題ないだろう(って、アディダスがいつまで代表のサプライヤーになるかどうかは分からないが。頼むから協会はいくら積まれてもナイキには変えないでほしい)。

Img394_2202

そしてその頃もカズは現役でプレーしていると思う!!

------------------

↑ダサいサッカーユニフォームを集めた洋書。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月12日

2013年のJリーグキャンプ地予定表についてはこのサイトをチェック

おそらく何人かはJリーグのキャンプ地の場所やスケジュールを調べるべくこのブログにたどり着いたようで、恐縮している。去年の情報しか載せていないので(こちらなど)。

というわけで、昨年も今年もお世話になっているサイトが「さっかりん」である。
いろんな情報を細かく載せているサイトで、キャンプ地の場所やスケジュールもご覧の通り非常に分かりやすく紹介されている。

→リンクはこちら

各クラブからリリースされた情報がすみやかに更新されている、そのマメさに感服。

こうしてみると、今年も去年と同じような時期に同じような場所で各クラブはキャンプをはっていることが分かったり。やはり今年も個人的に宮崎県に面白そうなクラブが集まっていく。

が、今年もキャンプ地めぐりに行くかどうかはまだ迷い中。

夕刻の、巨大な総合運動公園のなかを人の気配の少ないなかブラブラ歩いて駅まで向かい、背の高い椰子の木を見上げたときの感覚とか、なんだかこのところ急にフワッと想起されて、あぁ、あれはあれでちょっと寂しくもあり、でも気候のせいかちょっとテンションが高ぶっていて、サッカーとともにすごす旅の時間の醍醐味がそこにあったのかもしれない、と思ったり。

キャンプの合間の練習試合の日程が判明しだしたら、またさらに「うぉぉ、行きたいかも!」なテンションが増幅されていくかもしれないが。

---

最新号の『Number』、テーマは「選択の人間学:僕はこんな道を選んできた」を読む。

漠然とした感想なのだが、カズがすごいのかNumberの取材力がすごいのか分からないが、カズはこの雑誌に登場するたびに「そうだったのか!?」と言える話が飛び出す。彼にとってクロアチア・ザグレブでプレーしていたあのわずかな日々が、今に至るきっかけとしてそこまで大きかったとは。ちょっと新鮮な発見。

それと、ちょっと地味な扱いではあったが、中村俊輔のインタビュー「フリーキックの極意:心で上回れば、迷いは消える」も実は濃厚な話が語られていてよかった。そこまで逐一彼のこれまでのインタビューをチェックしてきたわけではないが、フリーキックを蹴るときの心境だったり情報収集・心理戦的な部分についてここまで赤裸々に語ったことって珍しい気がする。

あと「美女アスリートファイル2013」という新春特別企画があって、何がどう新春と結びつくのかは分からないが、サッカー界からは猶本とタナヨウがどアップで紹介されている。個人的には陸上の久馬姉妹がツボでした。FLIPFLAPを思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日

宇都宮徹壱さんの写真コラムであの人が

R0059158

普段なかなか読む機会のない『週刊サッカーダイジェスト』を適当に書店で手に取ったら、宇都宮徹壱さんのフォトエッセイに、あのコリンチャンスサポーターのおばあちゃんが!! すかさず買った。うれしいなぁ。やはりあのおばあちゃんは、どうしたって写真に撮りたくなる格別な存在感があった。

ちなみにこの最新号の『ダイジェスト』、ほかにも2013年サッカー界行事予定カレンダーの特集はとてもありがたかったし(ビーチサッカーのワールドカップが今年あることを初めて知った)、そして毎年恒例付録の2012シーズンJ1リーグ全ゴール集DVDがついているのであった。

あと国立競技場のリニューアルについての記事もあって、「サッカーのときは陸上トラックの上に座席がせり出す」って明記されているので、これはもう完全に決定事項でいいんだな? 本当だな? ようやく自分にとっての理想的なスタジアムが日本にもお目見えしそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日

今日だけでもいろいろ動きの激しかったサッカー界で、今もっとも注目したいニュースはこれだ

今日はたまたまパソコンの前にいることが多かったのだが、なんだか蜂の巣をつついたような騒ぎで鹿島・浦和・新潟あたりで選手の移籍報道が一気に展開。ツイッターがドンドコと驚きのニュースを届けてくれた。セレッソに新井場がやってくるのが個人的にツボだ。

あとフットボリスタに連載中の「エンパの花道」が昔から好きだっただけに今回のツイッター発言騒動が非常に残念。そしてエルゴラ紙は謝罪文をHPに載せているが、こんなJリーグの移籍報道動きまくりな日に、なんだかかわいそうにも思えてくる。

んで、海外に目をむけるとデンババがニューカッスルからチェルスキーに加入!実はあまり最近のニューカッスルは映像で見てこなかったのでまだイメージ沸かないけど、いまいち頼りないうちのセンターFWに危機感を与える役目として、ビシッとボールを収めてドカンとゴールを決めてくれ!

んで、ジョー・コールがウエストハムに復帰! これはちょっとほっこり系な話題。最後にもうひと花咲かせてほしいところで、いいタイミングで自らの原点に戻ってきた。この調子でキャリックとかファーディナンドとか、あとランパードも戻ってきたらどうしよう。その際、監督はディ・カーニオで。

Di_canio

うらぁー!!

んで、んで、イタリアではミランのパトがこのタイミングで母国のコリンチャンスに移籍したそうで、まぁ怪我を抱えているとはいえ、もうあと数ヶ月早く加入してくれりゃあ、クラブW杯でプレーが生で観られたかもしれないってのに! 

Patoicorinthians

↑ で、気づいたらすっかりコリンチャンスの一員としてこんなかっこいい写真までリリースされてんのな。

しかしですよ。

本当に注目すべきニュースは、これなんです。

 ど ん !


130104yossi

イスラエルの至宝、ベナユンがローン先のウエストハムからチェルスキーに帰還!

・・・ていうか、まぁ、ケガの影響で戻されたようですが。

・・・ていうか、まぁ、先日の大宮NACK5スタジアムで天皇杯を観ていた際、toyotti氏に「タテーシが個人的に注目する選手ほど、あまり大成せずに終わる法則」を指摘されて、いろいろ振り返って、たしかに反論できなかったわけですが・・・
(ベナユンは、はじめて私がチェルスキーで背番号入りユニフォームを作らしめた選手だったりします)

いやいやいやいやいや、今回のこの「出戻り」については、そうです、あの要因しか考えられません。

かつてベナユンが鬼神のごとき活躍していた時代、あのリバポーの赤い時代、つまりトーレス君がガツガツとゴールを奪いまくっていた時代、あの時代に監督だった男が!!・・・いまよりによってチェルスキーを率いているわけっすよ。

つまりこれは「フェルナンド・トーレス再生プラン」の第2工程が始まろうとしているわけです!(ドーン)。

マタのファン、オスカルのファン、アザールのファン、モーゼスのファンの皆様にはちょっとすいませんが、今後はベナユンがみなさんの邪魔にならない程度に、いやもしかしたら邪魔かも、いやもしかしたら足引っ張るかも、いやいやいや、えーと、ケガが治ったら、ぜひどうかそのあたりよろしくお願い申し上げます。

Yossi_benayoun_celebrates_460_79963

っしゃあーー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日

川崎フロンターレのスタッフさま、ツイッターのフォローありがとうございます(笑)

川崎フロンターレの中の人からtwitterのフォローをいただき、こういうのはちょっとテンションあがる。Jリーグのなかでもクラブ運営、とくに「クラブの見せ方」やプロモーションなどにおいて常々注目しているクラブだけに、新年早々「わーー」ってなる。

もちろん、このブログの中身まで読んでもらえることは期待していないけど、今年中にリリースする(予定の)初のサッカーZine冊子は完成次第送ってみようと思う。運が良ければ誰かが読んでくれて、楽しんでくれたら嬉しいな、と。サッカーを「芝の上」だけじゃない領域にまで広げて捉えて、そこから多彩な面白さや意義をアレコレと産出して盛り上げていこうという、その方向性は川崎フロンターレのようなユニークな試みを追求するクラブにもすごく共鳴してもらえそうな感じがあるので。

---

さて2013年最初のチェルシーFC公式戦、対QPRとの「かなりご近所ロンドンダービー」のことについて。相手が現在最下位であることでナメてかかったのか、ラファ監督はここにきてメンバーを落として試合にのぞみ、何もかもが噛み合わず、75分ごろまで0-0のまま推移するという、まさに正月三が日にふさわしい、まったりした展開。

「こういうときはセットプレーで失点しそうだなぁ」と思っていたら、案の定コーナーキックの流れからターラブトの絶妙な落としを拾ったSWP君が古巣相手にキレイな恩返し弾。結局これが決勝ゴールに。徐々に今シーズンの目標が4位以内死守になっていく。

これは指示があったのかどうかわからないが、やたらミドルレンジのシュートを打っていた。ていうかその位置でしかシュートチャンスを作れていなかった向きもある。いずれにせよ、相手GKは今季からジュリオ・セーザルだからなぁ。そんな簡単にボールを妙なところに弾いたりしない。今調べたら2009-10と2年連続セリエA最優秀キーパー賞っすから。

や、でもねぇ、こういうチェルシー、嫌いじゃないんです。ていうかむしろ、好きだ。選手みんなの表情のなかに「?」マークがうかびまくっている状態で時間だけが過ぎていき、負けるときはこうしてスコンと負けてしまう、どこか絶対的な勝負弱さがつきまとうチェルシーFC。でも強いときは本当に調子良く勝っちゃう、で、忘れたころに最下位の相手に取りこぼしたり・・・を繰り返していくチェルシーFC。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日

渡部のヘッドで年があける

今年もよろしくおねがいします。

日本のサッカーファンの多くにとって、レイソル・渡部博文のヘディングシュートが2013年最初のゴールおよび決勝点となったわけだ。いやぁ、これはまったく予想できなかった展開だった。リーグ戦でほとんどお目にかかれなかった、まさに伏兵の活躍で歴史的勝利。

今年もそういう意味で先の読めないシーズンが起こりそうな予感。

ひょっとしたら、それよりも前にガンバの二川さんが今年最初のゴールスコアラーになっていたかもしれないので、惜しかった。

レイソルサポーターである、イラストレーターのハタメグミさんのファンとしては、確かにレイソルの躍進は心情的に喜ばしい気分でもあったが、どうしても今回の天皇杯はやはりガンバびいきになっていた。今年の関西のサッカーシーンを少しでも熱くしたい思いがあるのもそうだし、J2リーグを闘いながらのACL挑戦という、ひとつの「ケーススタディ」をやってほしかった。対戦相手に、そのつど「・・・2部リーグのチームかよっ!?」って感じで向かってきてほしかった。それで日本のJ2チームが決勝トーナメントをスルスルと痛快に勝ち進んでほしかったわけである。

そしてあの試合後の松波監督の表情がまたなんとも言えなかった。ガンバはこの苦境のシーズンに自らのサッカー人生をある種犠牲にしてくれたといっていい「ミスター・ガンバ」にたいして今後どのように向き合っていくのかも気になってくる。あと苦渋の判断でチームを離れることに決めた中澤聴太は個人的に好きな選手なので寂しいところである。宮崎キャンプのとき、来ていたファン全員にじっくりファンサービスをしてくれた姿が印象的なのであった。インタビュー・トークの類でも、ディフェンダーとは思えないほどの攻撃的姿勢で笑いを取ることに積極的なあたり、得難い人材だった。

こうして天皇杯が終わるとあたらしい年になったなぁという実感がわき、そしてこのブログもはじまっていくわけです。
で、年初にあたっては、とにかく藤田のぞみとジョン・テリーのコンディションが早く回復してくれることを祈念しつつ!! 

Fn

Jt_2

(↑ 不思議な組み合わせ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »