« ACLは今年もむずかしい(プレーも視聴も) | トップページ | セレッソ大阪と、それぞれの邂逅と »

2013年3月 1日

ただひたすら直感的な2013Jリーグ予想

こうして明日からJリーグが開幕するわけだが、もはや「世界でもっとも順位予想が難しいトップリーグ」なので、ほとんど順位予想しても誰も当てられないという楽しい国に生きている。

サッカー新聞エル・ゴラッソでは各クラブの担当記者の順位予想を集計し、鹿島アントラーズの優勝予想が優勢。2位が浦和レッズ、3位が柏レイソルとのこと。
降格予想は、今年あがった甲府、大分、湘南がそのままボトム3になるという集計結果になったが、これは絶対外れるだろう。

こういうシーズン前の予想というのは、得てしてプレシーズンマッチの結果やキャンプの仕上がりぐあいというよりも、どういう戦力補強をしてきたかというところが材料になりやすい。
そういう意味ではACLもなく、そして的確な補強をしてきた鹿島を優勝に推すのは確かによくわかる。ただしFWダヴィは本当にフィットするのか? 久しぶりにJに戻ってきたセレーゾ監督は、果たして昔と同じようにうまくやりくりするのか? ケガ人が出たら一気に崩壊しないか? といったあたりがネガティブ系な注目ポイントでもある。

そういうわけで、もちろん予想は難しいが、とりあえず今書いておきたいのは、せっかくのJリーグ20周年なので、優勝チームは「オリジナル10」のクラブから出てくるだろうと予想し、かつそのなかで「ここが来たらいいな」という期待を込めて、タテーシ的な優勝予想として

名古屋グランパス

と答えておこう。

永井と金崎の移籍の影響でマイナス評価がつけられかねないが、そもそも去年はFWケネディがけっきょく復調することなく停滞していただけなので、ケネディさえうまくいけば、ここはもともとの守備力には不安がないので(あとは中村や磯村あたりの復活があれば)、ACLもない今シーズン、かなり可能性を持っていると読む。

そして新戦力ヤキモフスキー。名前のインパクト、そして入団会見をタキシードでこなしたそのキャラクターなど、すでにサポーターのハートをがっちりつかんできたこのマケドニアの新鋭がどこまでやるかが楽しみだし、

11cdfcb7

↑シーズン前からすでにネタの宝庫扱い。

ここには他に背番号27番の田鍋陵太、28番の田口泰士と、見どころのある若い選手がポジション争いを面白くしてくれそう。新加入の牟田、ハーフナーニッキ、望月あたりも期待できるし、なによりチームのムードづくりを支えている感のあるベテラン第2GKの高木義成の存在感(ベンチから盛り上げようと奮闘する彼の動きはぜひスタジアムでチェックしてほしい)は頼もしい限りである。こうした要素がいまのグランパスの魅力だ。

そして「監督が長らく変わっていない安定性」を思うと、その条件に準じる仙台や柏がACLの連戦でワタワタとなっているところを名古屋はガッチリと勝ち続けていきそうな気がするのだ。しかも良くも悪くも代表選手がほとんどいないのもリーグ戦においては有利だろうし・・・おぉ、こうして書いてみると本当に今年はグランパスが来そうな気がしてきた(笑)。

そのほかに上位に来そうな(来て欲しい)クラブは、セレッソ大阪、そしてFC東京あたりか。まぁ、両チームとも攻撃重視のチームだけに、なかなか手堅く上位争いに来ることが近年はとくに難しそうであるが・・・期待をこめつつ。

降格争いは予想不可能! エル・ゴラッソでもマリノスを降格に入れている記者もいて、たしかにそんなことが起こってもおかしくはないリーグになってきた。そんなわけで、これから12月にかけて、20年目のJリーグは世界屈指のハラハラドキドキリーグとして楽しむべし。

|

« ACLは今年もむずかしい(プレーも視聴も) | トップページ | セレッソ大阪と、それぞれの邂逅と »

コメント

いくらおかしな予想を立ててもよい立場にいると思ってこの記事を読みました。
昨年までは確かにそうかもしれないと思って読んでおりましたが、
今年はそうでもないのでコメントします。
タテイシさんが名古屋優勝と予想できるのも、名古屋サポーターではないから、
もっと突き詰めて言うと、J1で確固としたチームのサポーターではないから
そう予想できるのだと思います。
曲がりなりにも、昨年の優勝に気付かされて、
今年は今日の開幕戦を負けてもサンフレッチェが優勝と言い切ります。
そこには、サンフレッチェのサポーターやファンの理屈はありません。
応援しているチームが優勝するという認識なくして、
どうして、優秀な成績を収められると言えるのかといった、
サポーターの意識があります。
これは、どこのチーム、スポーツでも同じことだと思われます。
だから、開幕前のなでしこリーグでも
NPBのパシフィックリーグにおいても同じことが言えます。
ベルとライオンズの優勝が今年の予想であり、
それ以外のチームの順位は知ったことではないというのが
率直な想いと言えます。

投稿: M.フィオリオ | 2013年3月 2日 18:56

フィオリオ>3つとも当たるといいですね・・・(笑)

投稿: N.Tateishi | 2013年3月 3日 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただひたすら直感的な2013Jリーグ予想:

« ACLは今年もむずかしい(プレーも視聴も) | トップページ | セレッソ大阪と、それぞれの邂逅と »