« 京都市民にとって、その鴨川は遠きにありて | トップページ | 2018京都マラソン「サッカーユニフォームのランナーさんをサッカー的に応援する企画」(2/18) »

2018年1月26日

チェルシーFCとオルカ鴨川FCにおける“新背番号8”をめぐって

Number8

思えば今シーズンのプレミアリーグが夏にはじまり、その開幕を現地で見届けたあと、いろいろな葛藤を経て、湯郷ベルの試合をできる限り応援にいくという覚悟を決めて秋から冬を過ごしている。そんな日々のなかで、海外サッカーは「横目で眺める」という感覚になっていった。もっともプレミアリーグの優勝争いはすでにクリスマス時点で決着がついてしまっているような展開であるが・・・そうこうしているうちに、エバートンからロス・バークリーがチェルシーに加入した。そして背番号は、ずっと空き番号となっていたかのスーパー・レジェンド、スーパー・フランク・ランパードがつけていた「8番」となった。大きな意味をもつ番号がついに継承されることにひとつの歴史のターニングポイントを思う。ランパードと比較される運命とともに、新たな歴史を築いていくプレーを楽しみにしたい。

そして先日、オルカ鴨川FCに移籍した藤田のぞみの背番号も「8番」と決まった。
本人は背番号には特にこだわりがなさそうな印象があるが、とにかくどんな背番号であれ、いま置かれた環境のなかで、全力をつくして自らのサッカー人生を悔いの無いものにしていくための闘いが続いていく。

ところで背番号が8番となったことで、以前やったのぞみ7号に乗ってのぞみ7番を応援しにいく」という企画の第2弾、今度は偶数番号なので東京行きの新幹線となって「のぞみ8号に乗ってのぞみ8番を応援しにいく」というネタができそうだ。
鴨川の流れる古都から、鴨川と呼ばれる海へと・・・遠いが・・・。

|

« 京都市民にとって、その鴨川は遠きにありて | トップページ | 2018京都マラソン「サッカーユニフォームのランナーさんをサッカー的に応援する企画」(2/18) »

コメント

8番、ですね。 当方の軸足のセレッソ的には
レジェンドの背番号、です。

私事ながら、元セレッソで私の地元
滋賀出身のJリーガー、安藤淳選手が
今季からお世話になる 愛媛FCで
8番を背負うので、個人的にも
応援したくなる番号です。。。

来月は 京都マラソン。
応援企画的にも、今季最終節。

ガッツり応援して ランナーさんの笑顔を
見届けましょうぞ♪

投稿: ねこじし | 2018年1月27日 00:53

ねこじしさん>そうですね、いわずもがなのエースナンバー8ですね。安藤淳選手はサンガでも活躍していた印象があります。京都マラソン、もうすぐですね!がんばりましょう!!

投稿: タテイシ | 2018年1月27日 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/66322174

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシーFCとオルカ鴨川FCにおける“新背番号8”をめぐって:

« 京都市民にとって、その鴨川は遠きにありて | トップページ | 2018京都マラソン「サッカーユニフォームのランナーさんをサッカー的に応援する企画」(2/18) »