選手/player

2018年8月22日

日本サッカー協会のHPも少し狂乱ぎみになっている?U20女子代表の決勝戦に備えよ!

 前回のチェルスキーな記事では、新加入のジョルジーニョについてうっかり書き忘れていて、それでもって新生アーセナルとのロンドンダービーまで制して開幕2連勝となり、改めてジョルジーニョの存在について自分なりに感想を述べたいところだが、申し訳ないがいまはU-20女子ワールドカップである。
 日本代表“ヤングなでしこ”(わたしは『プチなでしこ』というネーミングのほうがいいんじゃないかとずっと思っている)が同カテゴリーでは初の決勝進出を果たし、スカパーでしか生中継していなかったフジテレビも今度はいよいよ地上波でも放送することになった。しかし地方ローカルでは放送がないようなので、関西地方(カンテレ)でも観られない。今回のチームにおいては宝田沙織、林穂之香、北村菜々美のセレッソ大阪組のユニットがすばらしい働きをしているのだが、彼女たちの奮闘が関西地方のお茶の間で視聴できないことは残念である。

 ユニットで捉えると、セレッソ組に対して、右サイド寄りに植木理子、宮澤ひなた、宮川麻都の日テレベレーザ組がさすがの技術力の高さを誇っていて、中盤で「いかにも10番」な雰囲気で自信満々にプレーしている長野風花が元レッズであることを思うと、センターバックにかけてのゾーンは浦和レッズのユニットが形成されている。これが今回のU20代表の基本的枠組みだと思える。

 そのなかで今大会間違いなく驚異的に存在感を発揮しているのは、今はベレーザに指定強化選手として籍を置いている18歳の遠藤純である。JFAアカデミーは女子サッカーにおいては本当に育成機関として素晴らしい仕事をしていると認めざるを得ない。攻守に走りまくり、そうかと思えば左足で絶妙のパスを精度良くガンガン通してくる。2戦目からスタメンに入るや、もはやこのチームは遠藤の仕掛けからすべてのスイッチが入るかのようで、「機動力のある中村俊輔みたいだ!!」と思えてくる。ドイツ戦でのプレーヤー・オブ・マッチを獲り、次の準決勝イングランド戦では相手から警戒をされるも、その遠藤の存在に刺激されてか反対サイドからの仕掛けが活性化し、決勝点は宮澤のクロスバー直撃からの、走り込んでいた遠藤のヘディングで決めることとなった。
 いやはや、遠藤純、とんでもない選手がまた現れた。ゴール前のフリーキックでは「右で蹴るのか?左か?」という感じで、かすかに微笑を浮かべる長野とポーカーフェイスの遠藤が並び立ち、それはかつての中田英寿と中村俊輔の姿を連想させた・・・(すまないが、こういうシーンではおっさんの郷愁に浸らせて欲しい)。ともあれ、決勝戦でもし負けたとしても、日本にとってはこの大会で遠藤純という傑出した個を見出したことで、すでに大きい成果を上げたのではないかと思っている。

 そしてこのチームにおいて攻撃の流れを変える切り札として、我らがなでしこリーグ2部・オルカ鴨川FCから選出された村岡真実14番がベンチに控えているのである。サッカーにおける背番号14は伝統的に「ジョーカー的存在」であったり「影のエース」の雰囲気があると思っているので、まさにこの番号は彼女によく似合う。ほぼ毎試合で途中から入り、ひたすら前線からボールを追いまくる。多少の粗さはあるものの、がむしゃらに何度もアタックを繰り返す姿は、普段の彼女のキャラクター性も相まって、チームを元気づけるものがある。それゆえに池田太監督からもそうした役割が期待されているのだろう。

 U20代表といえば、私にとってはどうしたって藤田のぞみの存在が最初にあったわけだが、こうして新たな才能が次々と新しい扉を開いてくれて、村岡真実のような選手が藤田のぞみの後に続いていく歴史を今まさに見守っているわけである。そう思うと2018年の私のサッカー的想い出のなかで、非常に重要な一戦を迎えることになる。私としては決勝戦で村岡真実のゴールを観たい。ひたすら、それを願っている。
---
 ちなみにオチとしては、いまグーグルで「U20女子日本代表ワールドカップ」などの言葉で検索して、トップにでてくるリンク一覧のなかで、こういう画面になるのだが

U20_1


よーーく見てみると、

U20_2

Siralexfergusonpicgetty251997844

「 を ~ ! ! 」

・・・・落ち着け!落ち着けってば!!(笑)

と、本当に些細なところではあるが、そんな感じである・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年1月26日

チェルシーFCとオルカ鴨川FCにおける“新背番号8”をめぐって

Number8

思えば今シーズンのプレミアリーグが夏にはじまり、その開幕を現地で見届けたあと、いろいろな葛藤を経て、湯郷ベルの試合をできる限り応援にいくという覚悟を決めて秋から冬を過ごしている。そんな日々のなかで、海外サッカーは「横目で眺める」という感覚になっていった。もっともプレミアリーグの優勝争いはすでにクリスマス時点で決着がついてしまっているような展開であるが・・・そうこうしているうちに、エバートンからロス・バークリーがチェルシーに加入した。そして背番号は、ずっと空き番号となっていたかのスーパー・レジェンド、スーパー・フランク・ランパードがつけていた「8番」となった。大きな意味をもつ番号がついに継承されることにひとつの歴史のターニングポイントを思う。ランパードと比較される運命とともに、新たな歴史を築いていくプレーを楽しみにしたい。

そして先日、オルカ鴨川FCに移籍した藤田のぞみの背番号も「8番」と決まった。
本人は背番号には特にこだわりがなさそうな印象があるが、とにかくどんな背番号であれ、いま置かれた環境のなかで、全力をつくして自らのサッカー人生を悔いの無いものにしていくための闘いが続いていく。

ところで背番号が8番となったことで、以前やったのぞみ7号に乗ってのぞみ7番を応援しにいく」という企画の第2弾、今度は偶数番号なので東京行きの新幹線となって「のぞみ8号に乗ってのぞみ8番を応援しにいく」というネタができそうだ。
鴨川の流れる古都から、鴨川と呼ばれる海へと・・・遠いが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月19日

キャプテン、リーダー、レジェンド

モウリーニョのチームに負けた試合はテレビで見ていなかった(日本時間の日曜深夜0時キックオフは、私には寝ることを強いる状況だ)。
そして私が知らないうちにひどく順位が低迷していたバーミンガム・シティは、監督ジャンフランコ・ゾラの辞任を発表した。
その翌日、ゾラと同じチェルシーのレジェンドとなりうる選手の退団が、ついにアナウンスされた。
ぜんぶ、一気にきた。そんな感じ。

これは開幕直後から感じていたことだが、コンテ監督がチェルシーに来てやり遂げるべき大きな仕事のひとつが、「ジョン・テリーの花道をいかに作るか」であり、それは裏返すと「ジョン・テリーの不在にいかに適応させていくか」であったと思う。そしてその取り組みが現在の好成績につながっていったという意味で、コンテ監督の1年目は大成功だといえる。
そしてこのタイミングでの退団決定は、「キャプテンの有終の美を飾るために、リーグとFAカップの両方を絶対に獲りに行く」という声明でもある。このダブル達成に向けて、選手もクラブもサポーターも、あらためてギアを入れ直すことになった。

ともあれ、現役を続行する意欲を見せており、まだ終わっていないのである。ジョン・テリーがどういう選手であるのかは、むしろこれからの彼のプレー、新しい場所での立ち位置や姿勢をみてこそ、さらに分かってくる。そういう厳しさをあえて選んでいくJTに敬意を表したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日

チェルシーが夏の移籍市場で私をひさしぶりに揺さぶってきた

160903cfc

チェルシーに、ダヴィド・ルイスと、ミヒャエル・バラックが復帰しました。

すいません、ウソ。

バラックじゃなくてアロンソな。

マルコス・アロンソ・メンドーサさん、ようこそチェルスキーへ!!

以前の記事でもちょっと触れていたことだが、さすがに監督もフロントもバカではなかったので、ちゃんとサイドバックを獲得したわけです。

やー、このプロモーション画像、まず序盤でテクニックを見せつけつつ、そこから「徹底的にボールに食らいつける、球際での根性バッチリの闘えるサイドバック」であることを示してて、3分あたりで「ロングボールも蹴れますアピール」が流れてですね、スペイン人でアロンソという名前のサッカー選手はみんなこういう高精度のロングパスを供給しなきゃいけないルールでもあるのかと思わせるプレーぶり。もう、左サイドバックからナナメのロングボールでウィリアンを走らせてチャンスメークする映像がすでに私の頭のなかには出来上がってますよ!! しかも経歴よくみたらフィオレンティーナの前にはボルトンで2部生活も経験して苦労人だったりしてすでにガッチリとイングランド慣れしているだろうからすぐにチェルシーにもフィットしてくれるだろう
し、うぉぉ~これは近年でもかなり良い補強したか!?

そんで、最終日に驚きのダヴィド・ルイス帰還のニュース!!!!!

そりゃあ昨季までPSGでさんざんチェルシーのCLをジャマしてきた過去もあるが、そんなことよりもチェルシーサポにとってはモウリーニョ体制の被害者であることはみんな分かっていたことだし、ブラジルW杯のチョンボもすべて忘れて、心機一転ブルーズの一員としてまた暴れまくってほしいのだ。最近ほんとこういう選手いないからなぁ。

でもこの記者会見時のダヴィルイ、黒い水泳帽みたいなのを被っているけど、なんだか「普段のモフモフの髪の毛は、かぶりもんです」みたいに想像するとジワジワくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日

リオ五輪アルジェリア×ホンジュラスの珍ゴールにサッカーの深淵をあらためて見せつけられた気分

リオ五輪はじまりましたねー。
まさかナイジェリアに負けるとは・・・油断していたのは、認める。
だってあんなグダグダネタをかましてきたら、もう。

ところでアルジェリア×ホンジュラスの珍ゴール、Qolyのこの記事より。

世界でたくさんサッカーの試合が行われていて、ありとあらゆる珍プレーも数多く人類は生み出してきたのだが、こういうのもひとつの新たな金字塔として愛でていきたい。

でもキーパーの立場に徹底してよりそってイメージすると、これはこれで「なんか、気持ちは、よくわかるよ、うん」と肩をポンポンたたいて声をかけたい気分だ。

予想を超えるプレーというのは、これからも少しずつ生まれていくのかもしれない。
やらかした本人にとっては決して嬉しくない想い出かもしれないが・・・

でも、こうやって我々人類の想像力を試しつづけるスポーツでもあるのだ、サッカーは。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日

ジロボジはきっといいヤツだ

移籍期間ギリギリで獲得したセネガル代表のジロボジ、チェルシーTVの最初のインタビュー。

英語が苦手な日本人にとっては、こういうたどたどしい英語で話してくれると一気に親近感だったり連帯感がわく(笑)

しまいには「カモン・チェルシー!」で強引にまとめにかかっていて、もう他に思いつかなかったんだろうな(笑)。ジロボジ君に期待大だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月28日

「エヴァ・ロス」に苦しむ

今シーズンのチャンピオンズリーグはレバークーゼンを見続けることにする。するったら、する。
先日のCLプレーオフのラツィオ戦を観ていたのだが、深夜に起きて観た甲斐のある、なかなかの好ゲームだった。85分ぐらいでも前線からのプレスで走り続けられたロジャー・シュミットのチーム、おそるべしである。人とボールがよく動くサッカーは、なにより眠気覚ましにちょうどいい。

レバークーゼンに注目するきっかけはレンタルバックでクリストフ・クラマーくんが戻ったことが大きいのだが、もう一人注目してるのはやはり10番のチャルハノールで、ボールを持ったら何かをやらかしてくれそうな、あのムードはおもしろいのである。

先日グループリーグの組み合わせ抽選が行われ、レバークーゼンはバルセロナと同組。これがまた面白そう。ひょっとしたら今大会で大暴れしてくれるかもしれない期待感しかない。

追記:シュミット監督の戦術スタイルについてはこのブログがとても的確でおもしろかった(こちら『きっとシュミットから言わせれば「ゾーンディフェンスはゆとり」「数的優位は温さ」「リトリートは負け犬」なんでしょう、きっと(笑)』とのことw

で、チェルスキーだが、もちろん、「まぁ、今年もがんばれー」っていうことになるわけだが・・・

・・・うむ、やはり、「エヴァさんの不在」っていうのが、どうにもチェルスキーの試合を観る上でどこかでひっかかっていることが、否定できないのである。

この「エヴァ・ロス現象」とでも呼びたい症状、おそらく世界中のブルーズファンのなかでかなりの割合にあがっていると信じている。

単なるチームドクターの一人だとは言い聞かせてきたつもりだった。彼女がゴールを決めてきたわけではないし、彼女が相手のチャンスの芽を摘んできたわけではない。

しかし、彼女の存在は知らぬ間にチェルスキーの試合を追うことに必要不可欠な要素の一部となっていたのかもしれない。ここにきてそんなことを痛感しており、今シーズンはいろいろな意味で「試されている」のかもしれない・・・。

P.S. だって、「チェフやランパードの不在」っていうのはみんなもうすっかり慣れたと思うんだよな・・・(笑)

さらにP.S.さきほど挙げたブログでも最新記事はソレ関係で、くやしいが笑えた(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日

スルガ銀行チャンピオンシップ@万博、プレミアリーグ開幕、やるなラキティッチ、の巻

ひさしぶりにスタジアムに行った気がする。

スルガ銀行チャンピオンシップ、ガンバ対リバープレート。
静岡の銀行なのに、こうして大阪で開催してくれてありがとうスルガ銀行さん、っていう気持ち。
リバープレートはリベルタドーレス杯も獲ったので、正真正銘の南米王者。12月のクラブW杯でも来日するわけで、そしておそらく大阪での準決勝も彼らが試合をすることになるであろう。

Img_0100

そしてこの日は「ガリガリ君」を先着何名かで無料配布していて、思わずブースを見つけるや同行のF氏とダッシュしてしまった(笑)。こういうのはいくつになっても嬉しいよな。

ナビスコのはからいで、入場時には大会ロゴ入りバッグのなかにお菓子も入ってた。あとこの両チームのロゴ入りの特製うちわも。これが欲しかった(笑)。

試合前、背番号11のサビオラがスタメンであることが発表されるもウォームアップにおらず、パンツの背番号をひたすら双眼鏡で追うも見つからず。

そして試合が始まってもサビオラが見つからず。

たしかに小柄な選手だから見つけにくいんだけども・・・となっていたのだが、なぜか、どういうわけか、この日は背番号「29」をつけていたのであった。さっきからサビオラっぽい29番がいるなぁと思っていたら、その人だったわけだ。

そして、電光掲示板の表示も、いつのまにかシレッと「11」が「29」になっていた。いまだに理由は謎。

Sire

シレッセン君。

そんなわけで、ミーハーなんで今回はリバープレート側のゴール裏で観ていたのだが、そもそもこの万博でこういう試合を観ることも最初で最後だろうし、来年の今頃はこのスタで試合をみること自体もないんだろうなぁという気持ちで試合を見届ける。

Img_0105

あと、この日は風が涼しくて、真夏の夜にスタジアムでサッカーをみるにはこれ以上なく快適な状況だったのが本当によかった。

リバープレートのサポーターの方々も陽気で、でも勝負には厳しくあたる、南米らしい雰囲気だった。人生ではじめて南米のチームをリアルに味わったのがコリンチャンスだっただけに、今回はそこまでガチな雰囲気でもないわけで、なおさら穏やかな気分になった。

ちなみにリバープレートのゴール裏とはいえ、こういう試合の場合にはここぞとばかりにいろいろなチームのユニフォーム姿の人々がくるので、心の中でツッコミを入れながら観るのも一興。チェルシーもアーセナルもいたし、あとザンクト・パウリのドクロTシャツ着たお父さんも発見した(笑)。

そして前日まで気づかなかったのだが、リバープレートのメンバーにはポンジオとピスクルチという選手がいて、彼らはその昔私がさんざんやっていたパソコンのゲーム「チャンピオンシップ・マネージャー」で、かなりお世話になった選手たちだったのである。まさかこんなところで生でプレーを拝む機会が来ようとは・・・と、そういう意味でも感慨深く。

この日はガンバに宇佐美や東口が出ていなかったこともあって苦戦していたが、それでもFWパトリックがかなり空中戦でがんばっていたので、実はワールドクラスなんじゃないか、むしろサビオラとかよりもパトリックが印象的だよなというのがF氏との結論。

---

プレミアリーグも開幕し、東京のホテルの一室でスカパーオンデマンドに必死に食らいつきながら、チェルシーが2-1で逆転したあたりで力尽きて寝る。すると起きたら同点になってやんの。

しかも何やらエヴァさんらのメディカルスタッフの試合中の動きにモウ監督が怒っていたりとか、状況をリアル見ていなかったんでなんとも。頼むからミケルは放出してもいいからエヴァさんだけは留めてください監督!(笑)

それとファーストキーパーが開幕戦でレッドカードもらうっていうのも、ありそうでない珍しい事態かもしれず。さっそく新キーパー、ベゴヴィッチに期待がかかる展開に。ちなみに彼は世界最長距離ゴールゲッターとしてギネス記録保持者とのこと(笑)。まぁ、そう簡単には破られないだろうなこの記録。

---

Qolyより、ラキティッチの奥さんの口説き方がかっこよすぎる件(こちら)。カッコいいというか、かなりラヴコメディ映画っぽくて好感が持てた(笑)。ほかのクラブへの移籍の可能性もありつつ、セビージャの用意したホテルにきてそこでウェイトレスをみて「この街のクラブに移籍しよう」って思ったんじゃなかろうか・・・。

セビージャ退団の際には涙したり、バルサ移籍後もセビージャのサポーターとの良好な関係があったり、結婚式もセビージャであげたりと、Qolyの記事をたどるとラキティッチ良いヤツじゃねぇかと思えた次第。

---

Qolyつながりでいうと、このユーベのジョレンテの来日ハネムーンの記事も、かなりグッときた。相当シブい観光地いってるし、白川郷の写真は天気の良さもあって最高な気がする(こちら)。ちゃんとハッシュタグに「#GIFU」って書いてあったり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 2日

なでしこの決勝進出、ツェフの移籍。

 仕事中の朝に試合がライヴで行われているので、今日の準決勝の劇的な幕切れもあまり実感がわかず、そして決勝戦も生中継を観ることがないままに過ごすことになりそうだ。もし仮にW杯連覇という偉業を達成しても、その状況を見続けていた4年前ほどの感動は得られないのだろうが、これはこれで別の意味合いでもの凄いことだと実感しつつある。つまりワールドカップで日本女子代表が、決勝を闘っている状況を、わりあい冷静に受け止めながら日常を送っている、っていうことに。

 カナダからイングランドに話をうつすと、この11年間チェルシーを支えてくれていたペトル・チェフのアーセナルへの移籍がついに決定した。

 しかしこの移籍のすごいところは、クラブ側が実に愛情と感謝に満ちた雰囲気で彼を送り出し、ファンも選手も皆が納得して、チェフの新しいチャレンジを応援できるような展開を作り出せたことだ。この意味で、これは歴史的な移籍劇だったのではないだろうか。

 アーセナル側の関係各位は脳天気に喜んでいるだろうけど、果たして君らはこの数年間、こういうハートフルな形で主力選手をよそのクラブに移籍させてあげられたことがあったか? ということをチャントに乗せて歌ってやりたい気分なのである(笑)。赤デビルしかり、水色シティしかり。

 かつてツェフが加入したときに、クディチーニがセカンドGKとして立派にベンチを守ってくれていた。その役割をクルトワ加入後にツェフも担ってくれていた。そういう意味でツェフがいた11年間、チェルシーはおそらく世界でもっとも豪華なキーパー陣を擁していて、キーパーで悩む必要がなかったのは本当に幸いだった。

 寂しさが薄いのは、ツェフもいつかは再びチェルシーに戻って仕事をしてくれそうな気がするからだ。たとえばクディチーニとともにキーパーを育ててくれたりしたら・・・そんな夢のような状況を想像してしまえるのは、やはり幸せなことである。

Carlo_cech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日

ちなみに本大会の他国プレイヤーでイチオシはスウェーデン代表の9番、Kosovare ASLLANI様です。

日本戦以外はテレビ中継もやらないので、なかなか観るチャンスがないと思われるが、海外プレーヤーでダントツに推したいのはこのKosovare ASLLANI選手。画像貼らせてもらう。

Kosovare_asllani_1


Kosovare_asllani_2

Kosovare_asllani4

がんばって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧