« 長田江身子さんの時代 2 | Main | カフェ・MUSICAにて長嶋茂雄を想う »

2004.12.12

古着屋hanjiroにおけるサッカーマフラーについて

もはや古着屋hanjiroは私にとってブックオフと同じぐらい重要な店となりつつある。
というのも、その大半の興味は、サッカーファンゆえのひそやかな楽しみ、「やたらと売られているサッカーマフラーを漁る」という点にある。サッカーファンよ、サッカーマニアよ、hanjiroのマフラー売り場に集え! といいたいぐらい、非常に興味深い品々に出会える。

いったい、ビジネスとしての古着の流通はどのようになっているのか、素人にはよく分からないが、とにかくhanjiroのチェーン店は、大量のサッカーマフラーをかなり重点的に仕入れることのできるルートがあるようだ。

そもそも、ここで売られているサッカーマフラーのほとんどは、明らかに「非公式グッズ」のカテゴリーに位置づけられる。つまりチームのオフィシャルショップでは売っていなくて、だいたいが試合の行われるスタジアムの近くで露天商が売っているようなマフラーなのである。でも言うまでもなく、そういう露店のグッズは、実際にその現場に行かないとなかなか手に入れることはできないという意味で、その時点でマニアにとっては「貴重なブツ」のはずである。そのようなマフラーを一括してhanjiroは500円そこらで販売していることを考えると、「なんじゃあこりゃあ!?」と言いたくもなるのである。

と同時に、今までならサッカーマフラーを普段着に取り入れることは若干の照れくささもあったのだが、hanjiroの店内にディスプレイされているマネキンがしばしばサッカーマフラーを巻いていたりするのをみると、「なんだかサッカーマフラーも場合によってはイケてるやん~」という気分になるのである。不思議なもんで、自分のファッションセンスを棚に上げてでも、とりあえずサッカーマフラーを普段着で使ってみよう、そのためにもこの機会に良いマフラーを見つけよう、と気合が入ってしまい、結局この数ヶ月の間、hanjiroに来るたんびに、私はマフラーコーナーで長居してしまい、そして新しいマフラーをついつい買ってしまっているのである。だって590円かそこらだし、と言い訳をしつつ・・・

最近、ことによく使用しているマフラーはこれ。
villa イングランド中央部のアストン・ビラのマフラー。基本的にイングランドものはメジャーなものしか見受けられない傾向があるなかで、こういう中堅クラスのものをみるとついつい見入ってしまう。しかもビラの場合、この独特のカラーリングがツボにはまるのと、なにより端っこのユニオン・ジャックが決め手だった。

marsマルセイユ!! 実はフランスでは一番好きなチームであり、そしてつい先日、かのトルシエ監督が新しく就任したことで、なおさら最近気になってしょうがないチームとなった。で、マフラー売り場にはフランスリーグのものまであるのかよ、と驚いたが、さらにビックリしたのが、このマフラーに関しては「オフィシャル製品」を示すタグがついてあるということだ。むちゃくちゃ掘り出し物。普通考えたら500円じゃなくて5000円ぐらい払っても欲しいブツ。

luton ルートン・タウンFC。イングランドの、ロンドンより少し北のほうに位置するチームである。誰も知らないし、僕も名前しか知らない。現在どこに位置するかを調べると、今季から始まった「リーグ1」、つまり昨シーズンまで「ディビジョン2」と言われていた部門で、日本に例えたら「3部リーグ=JFL」で首位を走っているチームらしい・・・つまり「愛媛FC」ぐらいのランクに位置しているわけだ。なぜ、そんなマイナーチームのマフラーが、こんな京都の古着屋でお目にかかれるのだろうか・・・その異国憧憬的ロマン性と、青/オレンジという、ちょっと珍しいカラーリングの取り合わせがいい感じだったので、迷わず購入。でもこういうことがきっかけで、僕にとってルートン・タウンFCは「ちょっと特別な存在」になった。そういう楽しみ方ができるので、やはりマフラー探しはやめられないのである。

|

« 長田江身子さんの時代 2 | Main | カフェ・MUSICAにて長嶋茂雄を想う »

Comments

最近、サッカーと聞けば、スイスリーグのパウロ・ディオゴさんのニュースを思い出します。他人の不幸を笑ってはいけないけれど、「うぷぷ」となります。

わたしのサッカー関係レアアイテムは・・・
レプリカやけど、37年前の日本代表・ヤタガラスのエンブレムがあるよ。

Posted by: hanachirusato | 2004.12.12 at 09:39

二点ツッコミさせてください。
(1)パウロ・ディオゴさんのこと、不勉強ながら知りません。ぜひお教えください。
(2)そのレプリカを今度ぜひ見せてください。
(笑)

Posted by: タテーシ | 2004.12.13 at 00:52

(1)パウロさんはね・・・MFやったかな。ゴールして喜びすぎ?たのか、歓喜のダンスをするためか、観客席のほうにダーっと走ってジャンプとかしたのか、結婚指輪が仕切りの金網に引っかけって、そこから上部の指を切断。そしてはしゃぎすぎのためイエローカード。

(2)エンブレム。よく見るとなんか違う。どこかが違う・・・そうなんです!うちの父が改造して同志社の校章をちょっとあいてるとこに貼り付け!気分は、鑑定団で「これがついてなかったら倍ですね」。もともと出品するようなものではないのですが、ちょっと微笑ましい。

Posted by: hanachirusato | 2004.12.13 at 10:30

あーーー、なんか先日確かにニュースになっていたような! なんか、普通は指輪とかテープで巻いていたりするんだけど、どうだったんでしょう。

で、サッカー部だったお父さんの逸品。時代が時代だけに、その熱さが純粋にリスペクトです!!

Posted by: タテーシ | 2004.12.14 at 00:25

 マフラーの古着って…ちょっと嫌(笑)

Posted by: らくだ | 2004.12.16 at 10:08

あ、確かに、先日みつけたマフラーで、ニューカッスル・ユナイテッドの黒白柄にユニオンジャックが描かれていて「これは!!」と思って興奮ぎみに手に取ってレジに向かおうと思ったら、よーくみると「鼻血」らしきものがついてあったりね(笑)なんか「フーリガンご使用済み」みたいで、おののいたよ。なくなくあきらめた。

Posted by: タテーシ | 2004.12.17 at 00:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/2237268

Listed below are links to weblogs that reference 古着屋hanjiroにおけるサッカーマフラーについて:

« 長田江身子さんの時代 2 | Main | カフェ・MUSICAにて長嶋茂雄を想う »