« スーパーカー解散!!! | Main | NHKに対する政府の政治介入の件 »

2005.01.18

あらためて、スーパーカーの解散について

 ここ数年、たぶん21世紀になってから、自分にとっての「青春が終ったと感じる外的要因」について考えることがたびたびあって、真っ先に思い浮かぶのが、「中田英寿の引退」と、「スーパーカーの解散」だった。

   あぁ。

 いま帰宅してパソコンに向かい、おもむろに『Futurama』のアルバムを聴いている。そして帰り道、ぼくのiPodは・・・さすがマック製品、その霊的な仕業でユーザーの深層心理を読み取ったのか、家に帰る直前のタイミングで、彼らの作った音楽のなかで僕が最も大事に思っている曲、『PLANET』をランダム再生でチョイスしやがった。 夜 空 の 下 で 、泣 け と い う の か 。


 あぁぁーーーーー、いいたいことがたくさんあるはずで、帰りの電車のなかでいろいろ反芻していたんだけど、いざこうしてみると言葉が出てこない。
 それで思い出したが、解散発表と同時に、メンバーの意向で、公式サイトのbbsをクローズさせたのは、正直ガッカリである。・・・僕らは、ずっと「ことば」を大事にしてきたんじゃなかったっけ????

 スーパーカーは、僕にとって、正真正銘、「ともに生きてきた」と胸張って言える、最初で最後かもしれないバンドだった!! 1998年冬、名古屋のダイヤモンドホール・・・あの夜は、会場へ向かう前も終ったあとも、すべてが今でも不思議なぐらいのワクワク感に満ちていた。あんな日はそうそうなかった!! なんか、とんでもないものを観てしまった感じや、将来何かが起りうる可能性へのドキドキ、そしてよくわからないけども、いろいろなものに親しみを感じてしまう感覚とか・・・あの「マジック」をいつまでも大切にしてきた・・・そしてこれからもね・・・

 こうしてスーパーカーがいなくなったということは、自分でなんとかしなくてはいけない領域がふいにたくさん現われてくる、ということなんだろう。頭が混乱しつつあって、何がなにやら分からなくなりかけてくるが、とにかく、自分はこれから自分の手で「何かをつくって」いかなければならないのだ、その気分だけが残る。

「名曲から今日も自分らしくいようって、イタイぐらいに届いてるわ!」(FAIRWAY)

 ああー、とりあえず、また書きます。

|

« スーパーカー解散!!! | Main | NHKに対する政府の政治介入の件 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あらためて、スーパーカーの解散について:

« スーパーカー解散!!! | Main | NHKに対する政府の政治介入の件 »