« 『道は開ける』をひたすら読む 第24章 | Main | 郵政より「共謀罪」のこと »

2005.09.17

そんな彼のいたロックバンドが好きでした

ついこのまえも紹介した、いしわたり淳治くんのブログ「キホンザベーシック」。

わりとコツコツ更新されているので楽しんでいます。

とくに、
この数日にアップされた、帰郷をめぐる2本の記事が、とっても素敵。
この人の、こういうところが、とってもとっても、いいなぁと思う。

「すこし優しすぎる」
「持っているくせに『出る』しかしない」

とりあえず、クリックして、読んでみてください。

|

« 『道は開ける』をひたすら読む 第24章 | Main | 郵政より「共謀罪」のこと »

Comments

「持っているくせに『出る』しかない」
いいですねえ。

こういう親が子供を愛している、子供も親を愛している・・・弱いです。
特に、おばあちゃん、おじいちゃん世代に弱いんですよ。

そっか、いいえですねえ。

心が癒されるう。(笑)

Posted by: かほり | 2005.09.17 23:30

僕は最近、年をとったのか、涙もろくなって、『探偵ナイトスクープ』でも、西田局長が号泣しているときは、たいてい僕もウルウルしかかっております(笑)

Posted by: タテーシ | 2005.09.19 00:16

やばい。今淳治くんの記事読んで泣きそうです。
同年代だからかぶってる所あって、かなりリアルです。

私も近年涙もろくなって、『探偵ナイトスクープ』しかり
テレビ見ながらしょっちゅうウルウルしてます(笑)

Posted by: emi | 2005.09.23 14:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そんな彼のいたロックバンドが好きでした:

« 『道は開ける』をひたすら読む 第24章 | Main | 郵政より「共謀罪」のこと »