« 実在する悲惨な星の、優しい主張に満ちた午後のキャラメル | Main | コンセントの写真に、顔を描いてみる »

2005.11.05

離陸準備の価値観を支える固有の美意識について

油断していたら、昨日のぶんの記事を書き損ねた・・・。1日の過ぎるスピードが速すぎるように感じる。

さて、今日も自作パソコンについて前進させるべく、本屋に行ったついでに、ようやくこういう本を見つけることができた。

4822

自作の鉄則。2006年版。
もはや自作パソコンも「イミダス」とか「知恵蔵」ばりのアップ・トゥ・デートな流れのなかで語られるのである。

だが。

中身をあまり確認せず買った僕もあれなんだが、
いきなり出てくるテーマが「デュアルコアCPU」だったり「SLI(=Scalable Link Interface)」だったりして、
dicanio
なんだかよくわかりません。
・・・つまりのところ、やや中級向けの本のようだった。

しかし分からないなりに、パラパラと我慢して読んでみると、それなりに分かってきたこともある。
たとえば、
・コネクタのピンは絶対破損させてはいけない。
・マザーボードを箱からいったん外に出すときは、外箱の上に載せて置くのがベスト。
・中学校の技術の時間で習った「ネジをしめる順番」は、パソコンの組み立て時にも同様に当てはまる。
・ATX規格は確かに重要なんだろうけど、インテルって体育会系だよな。
・赤い表紙に黄色のロゴって、ラーメン屋特集号みたいだよな。
・京都市左京区高野にある丸山書店が24時間営業しているのはすごいな。
などのことが、「今日分かったこと」であった。

だんだん勢いがついてきた。このまま一気に部品を買いに行こうかな~!? という気分である。

|

« 実在する悲惨な星の、優しい主張に満ちた午後のキャラメル | Main | コンセントの写真に、顔を描いてみる »

Comments

個人的に結構楽しみにしてます。このシリーズ!
応援してますよ~

Posted by: T氏 | 2005.11.05 at 01:10

げげげ、懐かしいぞ、丸山書店。そうそう24時間営業やったから、中学生の時に「家出するー」とか言って、電車に乗ってあの本屋に行っていた。でも結局帰るのだけれど。だから24時間営業の本屋に行かなくてもよかったの。心意気ですか〜。

自作パソコン・・・大変そう。でもカスタマイズで作るならドスパラより隣にできたTWO TOPがおすすめです。

Posted by: hanachirusato | 2005.11.05 at 23:28

ドスパラとかTWO TOP、それはきっと京都の寺町通りのことを指しているのかな。>ハナチルサトさん

応援ありがとうございます。ていうかたぶんあなた向けに書いている部分が大きい(笑)>T氏。

Posted by: タテーシ | 2005.11.06 at 00:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/6900777

Listed below are links to weblogs that reference 離陸準備の価値観を支える固有の美意識について:

« 実在する悲惨な星の、優しい主張に満ちた午後のキャラメル | Main | コンセントの写真に、顔を描いてみる »