« 長いミルキー | Main | マンネリ生活打破委員会だはは »

2005.12.28

コンビニおおすぎ

今日の朝日新聞の1面に、ローソンが一部の店舗での24時間営業を見直す方針、とのことが伝えられていた。

コンビニは都心部だと飽和状態にしか見えないし、そのうえ深夜にやる必要のある地域とない地域ぐらいあるだろうから、どんどん省エネの方向でお願いしたいところではある。

コンビニの多さといえば、以前もこのブログで書いた名作(?)記事がありますが・・・(こちら

ところでその記事では、いっぽうで、店舗のオーナーさんの「高齢化問題」についても触れられており、「体力的にもしんどい」とかいう事情も加味されているようなのだ。
コンビニ業界にまで押し寄せる高齢化の波・・・そして深夜のコンビニで働ける若年人口も減少・・というのは、なんとなくイメージ的に今まで考えもしなかったことだけに、なるほどこのままいけば確実にコンビニの在り方も大変なことになる。

|

« 長いミルキー | Main | マンネリ生活打破委員会だはは »

Comments

深夜営業見直してことは、
フリーターが働く機会も減るということか・・・あいたた

Posted by: xin.s | 2005.12.29 at 13:53

そうなんですねぇ。
で、本当に深夜営業が必要だったりする地域には、かえって若い労働力が住んでいなかったりする、ということも今後は考えられるのかな、と思ったりします。

Posted by: タテーシ | 2005.12.30 at 00:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/7880639

Listed below are links to weblogs that reference コンビニおおすぎ:

» ローソン=24時間営業の崩壊が、・・・・・ [やっばり言いたい中年のひとこと日記]
ローソン、24時間営業を一部廃止へ オーナー高齢化で asahi.com(2005年12月28日09時11分) コンビニエンスストア2位のローソンの新浪剛史社長は、一部の店舗で、24時間営業を2年後にもとりやめる方針を明らかにした。高齢化が進む加盟店オーナーに「体力的につらい」との声が強まっていることが背景にある。「24時間営業」はコンビニ業界の大きな特色だけに、業界初のこの動きは、競合他社にも波紋を広げそうだ。 ローソンは現在、夜間閉鎖のビル内の店など2%程度の店を除いた全国約8...... [Read More]

Tracked on 2005.12.30 at 09:23

« 長いミルキー | Main | マンネリ生活打破委員会だはは »