« 「♪あーわっ、あぅーわ」(『ラジオスターの悲劇』のコーラス) | Main | きょうのいろいろ »

2006.02.12

イギリスのパブでトイレだけ利用したいときに

海外旅行中、もっとも気を使うといっても過言ではないのが、トイレの問題だろう。
よく想像するのだが、「地球の歩き方」のように、ちょっとした「各国主要都市トイレマップ」みたいなものを作ったら、けっこう売れるんじゃないかと思うほどだ。

ところで私もロンドンに行ったとき、公衆トイレというものがほとんどない状況で、いったいどうしたらこの事態を切り抜けられるのか、と思うことがしばしばあった。しょうがないから大きめのデパートなどを探したり、お腹もすいていないのにファストフード店にいって、いらないコーラを頼んでからトイレにいったりしていた。
で、旅行ガイドブックなどをみると、「パブにあるトイレを借りよう」というアドバイスが見受けられるのだが、なかなか気が引けてしまうのも人情である。
たしかにロンドンには、いたるところにパブがあり、しかも昼間から開いている。英国風パブの「好きなように店に出入りできる雰囲気」は知っていたので、たしかにトイレも利用しやすいのだろうけど、でもどうしても「何かお礼に注文しなきゃいけないんじゃなかろうか」という気持ちが先行し、ためらってしまうのであった。

しかし、ふと気づいたのである。
パブで働く人たちも、十中八九、普段のプライベートなときに急にトイレに行きたくなって、そのへんの見知らぬパブに駆け込んで助かったという経験をしているのではないか、と。
「おそらくそういう経験が、パブの店員だけでなく、広く国民的に共有されているのであれば・・・」
そう思ってからは、自分もトイレに行きたくなったときは堂々とパブに駆け込んで、用を済ませたあとは何事もなかったかのように店を出られるようになったのだった(笑)。

まさに「パブリック」の「パブ」だ。これこそがパブの役割なのだ。酒が飲めようが飲めまいが、イギリスのパブのシステムは偉大だと思った。

|

« 「♪あーわっ、あぅーわ」(『ラジオスターの悲劇』のコーラス) | Main | きょうのいろいろ »

Comments

トイレとパブ。

世界一周堂って知ってる?
世界一周旅行のパスポートがあるんだぜ。

また、ホームページ見てみたらいいよ。

Posted by: かほり | 2006.02.13 12:09

私もイギリスに行ったときに、結婚してイギリスにすんでる英語の先生に昼間からパブに連れて行かれました。当時高校生だったのに・・・。

Posted by: やよい | 2006.02.13 19:19

 へぇえぇ、覚えておこう。
 ってイギリスに行くかどうかも分かりませんが…

 どうでもいいけど、日本でパブというといかがわしいイメージがありますなぁ。ショウパブとか…
 P&Wやフィールドみたいなところもあるねんけどねぃ

Posted by: 後藤隊長 | 2006.02.13 20:39

かほり>みてみました。たしかにロマンを感じさせます。「ユーラシア旅行社」みたいな感覚。
しかし、もはや私にとってはロンドンだけでいいのです。

やよい>そうそう、パブって、なんか家族連れで行く感覚もあるそうで。それだけ敷居も低いから、その先生にとっては普通だったんでしょうね。もちろん、昼間からビールあおるのも含めて(笑)

後藤隊長>そうなんです、「パブ好きなんです」って、この国ではあまり言いにくいのが心苦しいのであります!(笑)

Posted by: タテーシ | 2006.02.13 21:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イギリスのパブでトイレだけ利用したいときに:

« 「♪あーわっ、あぅーわ」(『ラジオスターの悲劇』のコーラス) | Main | きょうのいろいろ »