« 指定型バトン 「SAMURAI BLUE」 | Main | また朝がくる »

2006.06.22

あえて関係ない話

雨降りの夕方で、まだ明るめの時間帯に、電車の窓からみえる風景すべてが、青々としていて。
この色あいが、これからもずっと好きだ。あらゆる場面が、薄いブルーのフィルターにかかったかのような。
で、車窓の遠く、田んぼのむこうに、学校か何かの体育館があって、そこの室内照明が薄いブラウンに灯っていて。
ブルーの世界のなかに、わずかな窓の隙間から見え隠れするそのコントラストは、「あ、なんだか、忘れたくない」と思える瞬間だったり。


ところで、またしても私のパソコンで使っているiTunesがおかしくなり、すべてのプレイリストが消え、そして認識されないmp3のファイルが大量発生している。認識されないファイルを、またiTunesに向けてコピー&ペーストしなければいけない。
不思議と、そのまま無事に残っている曲もそれなりにあって、いったいどうしてこうなるのか。
残る曲ファイルと、認識されなくなった曲ファイルの違いはなにか。
なんだか、これはきっと、神様が「余計な音楽は入れなくていい。いま聴くべきはこの曲たちだ」と言っているかのごとく。


・・・ええと、あと6時間かそこらで、ブラジル戦がキックオフ。

|

« 指定型バトン 「SAMURAI BLUE」 | Main | また朝がくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/10635584

Listed below are links to weblogs that reference あえて関係ない話:

« 指定型バトン 「SAMURAI BLUE」 | Main | また朝がくる »