« 『夜猫新聞』でました | Main | ブックアートブックショップ »

2006.08.22

ジャンケンとディスプレイ

6月に私は自作パソコンをつくるべく、必要なパーツを買い揃えたわけだが、
そのなかでも液晶ディスプレイを入手した経緯が印象的だったので、ブログに書こうと思う。

ちょうどその日、私のパソコン・メンターであるMSK氏に同行をお願いして、あれこれとアドバイスをうけながら日本橋を回っていた。
そして、あまり目的もなく地下鉄駅の真上にある小さいパソコンショップに連れられたのだが、そこになにげなく貼られていたお知らせをよくみると、

Ekisho1

と、あった。
つまり、ジャンケン大会に勝てば、このディスプレイをこの値段で手に入れることができるわけだ。
ちなみに、我々がこの店にきたのは、ちょうどジャンケン大会の始まる30分ぐらい前。
つまり、タイミング的にはグッドであった。

しかし、私はこの時点で「ディスプレイは新品がいい」だの「黒いディスプレイがいい」だの、わがままな希望があった。
つまりかなりの出費を覚悟しており、ディスプレイに関しては長持ちするほうがいいと思うので、このような中古品に手を出すまでもない、と思っていた。
こうして、ただなんとなく店内をうろつきながら、MSK氏とともに中古品を鑑賞していた。

ただ、中古のディスプレイをいくつか見るうちに、「中古でも悪くないかな・・・IBMのディスプレイを、4980円で買えるのであれば、それはそれで非常にラッキーなのかもしれない・・・」という気分になってきた。

で、ちょうど時間も3時になるし、せっかくだから、ジャンケン大会にでてみたら? とMSK氏。
まぁ、これも何かのタイミングだろうし、やってみようかな、と思った。
しかし、狭い店内に、どこでどうやってジャンケン大会が行われるのかは、よくわからない。

そうすると、店員さんが、「いまから下のフロアでジャンケン大会をやります」と呼びかけにきた。
我々は3階のフロアにいたのだが、ジャンケン大会は、その下の2階のフロアでやるみたいだ。

「じゃあ、がんばって!」とMSK氏がいうのだが、
せっかくだから、少しでも勝つ可能性を高めるためには、チームプレーが必須と思い、MSK氏にも参加をお願いした。
こうして、即席ジャンケンチームが結成された。

このようなイベントで客をひきつけるのは、さすが日本橋のパソコンショップだ。
下のフロアには、ジャンケンであのディスプレイをゲットしようという客たちがひしめいているんだろう。
そう、ここは日本橋のど真ん中。きっと目ざといパソコンマニアたちが待ち構えているに違いない。

階段を下りて、さぁ、勝負だ!

Di_canio
「やったるでぇ!」











Ekisho2


「・・・・」。

店員さんが、今回の商品であるディスプレイの説明をはじめた。
返品は不可、ドットが1つだけ欠けている、などなど・・・
この時点で、私は笑いをこらえるのが大変だった。
もはや、ほとんど、手中にしているんじゃないのか、これ・・・

「はい、ではジャンケンをします!」

じゃーんけーん、ぽーん ・・・あいこ。(MSK氏のナイスアシスト)

じゃーんけーん、ぽーん ・・・あ、勝った。

Shearer3_1


というわけで、
店を出て、モニターを抱えて、
大笑い。
この後、我々は近所のマクドに入って、お互いの健闘を讃えあう。
MSK氏に「今日は来てくれてよかったよ・・・(パーツを買うために)背中を押してくれて、そして、ジャンケンで共に闘ってくれたことに」といったら、えらく笑っていた。

そんなことがあり、私はいま、4980円のディスプレイを使っている。
たしかに1ドットだけ欠けているが、もちろん気になるレベルではなく、それ以外においては、まったく文句のない画質。
こういうのもタイミングってやつだろうか。
ジャンケンに参加した、あの見知らぬおじさんには、ちょっと申し訳ない気分であるが。

Ekisho3
よろこんでます

|

« 『夜猫新聞』でました | Main | ブックアートブックショップ »

Comments

ディスプレイ4980‥。喉から手がでるほどうらやましいです。しかも参加者3名というのがなんともw

Posted by: クリス | 2006.08.23 at 12:18

クリスさん、初コメントありがとうございます。「ディスプレイ4980」って、なんだか「今後とも4649」みたいな響きがありますな(笑)

Posted by: HOWE | 2006.08.23 at 22:09

……………(笑)。
対戦者2名、うち1名身内って………わははははははは。
よかったねぇ。気味の笑顔が輝いているよ。

Posted by: Yuri Meine | 2006.08.23 at 22:25

そうなんです。「数の暴力」という言葉すら思い出しました。店員さんの説明を聞きながら、それは僕に対するインフォメーションなんだよな、と思い、真剣に聞き入ってみたり(笑)

Posted by: HOWE | 2006.08.23 at 23:55

今頃書くとは思っていませんでした。(^^;

サッカーの写真が入って思ったのですが。
階段を下りる我々の姿はスタジアムに入場する選手のようでしたね。

八百長試合?は自分の日本橋人生で最高の思い出です。

Posted by: MSK(身内) | 2006.08.23 at 23:56

その節はどうも(笑)
やはりカンがいいですね、たしかにこの記事を書くにあたり、サッカーなどにおける「選手入場」のシーンをまさに使いたかったんですよ。でもグーグルで検索しても、いいのが見つからなかったんです。
あの狭い階段を下りるときは、まさにそんな感じでしたよね・・・(笑)

Posted by: HOWE | 2006.08.24 at 00:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/11562012

Listed below are links to weblogs that reference ジャンケンとディスプレイ:

« 『夜猫新聞』でました | Main | ブックアートブックショップ »