« Green e Books | Main | 奈良県立図書情報館 »

2006.10.08

今日の一曲

デュラン・デュランの『オーディナリー・ワールド』。
youtubeで、わりと最近の演奏がみつかった。(こちら

この曲は、きれいなメロディーとともに、歌詞の内容に含蓄の深さをおぼえる珠玉のポップソングである。
そういう意味では、「人生の10曲」に入ってしまう曲かもしれない。
デュラン・デュランというバンドのキャラはともかくとして。

But I won't cry for yesterday, there's an ordinary world,
Somehow I have to find.
And as I try to make my way to the ordinary world,
I will learn to survive.

このサビの歌詞に触れるたびに、「ありきたりな日常世界」にこそあるはずの「大切にすべきもの」を探し続け、感謝していく態度を忘れずにいたい、と思い直す。

ロンドンで、地下鉄のストリートミュージシャンがギター1本でこの曲を歌っていたときは、立ち止まって、歌い終わったあとに感謝の言葉と硬貨を差し上げた。そんな思い出もある曲だ。

曲の最後に、

Any world... Is my world...
Every world... Is our world...

と高らかに歌い上げる部分も美しい。
「どんな世界も僕の世界、すべての世界は僕らの世界」

|

« Green e Books | Main | 奈良県立図書情報館 »

Comments

10/8は世界はシューマッハのものになるはずだったのに・・・。
明日はセ界がドラゴンズのものになることを祈りつつ。

Posted by: すざけん | 2006.10.09 11:45

そう、この日はあえて鈴鹿ネタに触れなかったのさ・・・(遠い目)>スザケン

Posted by: HOWE | 2006.10.09 23:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今日の一曲:

« Green e Books | Main | 奈良県立図書情報館 »