« 次回予告 | Main | アイルランド人 »

2006.12.25

フランス人

フランスの著名人で、

ドゴールとゴダール、
ボードレールとボーヴォワールとボードリヤール、

この人たちは常に私にとって、混同しやすい人名である。
ちゃんと歴史だったり現代思想だったり映画監督だったりを勉強しているはずの人なら決して間違えないだろう人名も、あらゆる方面で中途半端な知識しか持っていない私のような者にとっては、マジカル人名と化す。


そういえば
ちょっと前のF1ドライバーで、
マーク・ブランデルとマーティン・ブランドルという2人の英国人がいて、
ある年はよりによってふたりとも同じチームで走ったりもしていた。
しかもウィキペディアで調べたら、いまこの両者は共同でレーサー育成事業を起しているらしい。
ややこしい。
きっとここにやってくるレーサーの卵たちが最初に学ばなければならない課題は、この2人の事業者の区別をつけることなんだろう。意外に反射能力を高める効果があるのかもしれない。

ところで最近ことに感じるのは、ネットでウィキペディアとかYoutubeなどを使うと、つい自分にとっての「懐かしい文脈」ばかりたどって検索してしまう。情報収集欲が過去に向かいすぎている。

***

ウィキペディアの「ボードリヤール」の項でも出てくるけど、ここに書かれている「ソーカル事件」っていうのが面白い(こちら)。
これってまさに「星の王子さまと野菜人格」(このブログの左下サイドバーも参照)の本の世界そのものが現実で起こったかのような。

|

« 次回予告 | Main | アイルランド人 »

Comments

「ソーカル事件」、素敵なことやっちゃったんですね、この方。こういうの痛快。
やられた方はびっくり(笑)。

最近の傾向って、それに近いと感じます。
成否判断なしで、外見で通過させてしまう。
でも、ツッコミがいないから、その場オッケイ。
みんなでボケ倒してるってことにかな。
つまり、落ちがない。
関西ノリツッコミは、世界に通ずるのかしら。
ちゃうちゃう。
もとい、
結果は大変なことに向かってるかも。

ほんとは皆なんとなく気付いてるのに、知らん顔で、スルー。人間的倫理、感情の欠如。
「アイ・ロボット」逆パターンだとしたら、たいへんですね。

Mr.ソーカル 万歳!(どこかの国みたい)

毎日更新してても(意地でも)ってのが笑えます。来年も楽しみに期待しています。
あ、プレッシャーかな(笑)?

Posted by: ゆみこ | 2006.12.26 15:20

努力も見識もなくカタカナ語難解語批判に逃げるのも同じ姿勢やね。

Posted by: isaac | 2006.12.26 21:48

ゆみこ>そりゃあ、もう、常にプレッシャーです。自分でかけてますが(笑)

isaac>個人的にご存知の事例を挙げてもらえると、一層うれしいです(笑)

Posted by: HOWE | 2006.12.26 23:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランス人:

« 次回予告 | Main | アイルランド人 »