« と、いいながら | Main | バルセロナ »

2006.12.30

煎じ詰めると

更新さぼってました。

***

 コカ・コーラの「原液の製造方法」というのは、「秘伝」として文書化されていないらしく、そしてその製造方法を知っているのは、地上で2人だけ、という話らしい。
 2人のうちどちらかが亡くなったら、あたらしく後継者を指名して、その選ばれた人に、もう1人が口頭で製造方法を教えるらしいのだ。
 で、万一に備えて、この2人は同じ飛行機に乗ることなども禁止されているらしい。

 でも、「実際に工場とかで原液を作るときに、作り方なんていくらでもバレるのでは?」とも思うが、どうだろうか。ひょっとしたら、その「2人」が最初の工程、つまり原料の調合などを自分たちでせっせと作っているのだろうか?あるいは、つい我々はその「2人」が、企業のトップ重役のような人たちだろうと勝手に想像してしまうわけだが、もしかしたらそうではなく、たとえば「2人」のうちの1人とかが、普通に工場で働いている現場の人だったりするかもしれない。
 ともあれ、こうしてアメリカで製造された原液が、世界中の工場に搬出されて、いつものコーラが作られているわけだ。

 たしかに、ここまで世界的にブランドが浸透した飲料水だから、原液の作り方がバレると、一気に安く類似品が出回ってしまい、会社としてのダメージは計り知れない。
 僕が興味深いと思うのは、コカ・コーラ社のような超巨大企業の、生命線ともいえる「原液の製法」という最重要機密が、その中枢の本当にトップのところにおいては「口頭でしか伝えられない秘伝」という、なんとも神秘的な領域で守られ続けているという点だ。

 この事例のように、本当に重要なことは、文書化されていないままだったりするのかな、とか想像してしまう。古代の秘跡とか経典とか聖書とかも、もしかしたら編集作業のプロセスで、作った人たちがあーだこーだ議論していた、その部分にこそものすごい情報が交わされていたりして。

|

« と、いいながら | Main | バルセロナ »

Comments

コカコーラのコカ、高校生までは、コ●インのコカだとばかり思っておりました。
大学生になり、そんな飲料あるわけないやん と思うあんばい、そんな飲料あったらえーのに と思うに至った現在。
企業秘密・門外不出とは、実に興味深いですねー

Posted by: xin.s | 2006.12.31 at 17:11

xin.s>でもそういう噂というか都市伝説的なものは、昔からありましたよね。麻薬的な飲料として・・・

Posted by: HOWE | 2006.12.31 at 17:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/13262939

Listed below are links to weblogs that reference 煎じ詰めると:

« と、いいながら | Main | バルセロナ »