« 校友会 | Main | データの受け渡しと、信頼の引渡し »

2006.12.10

無買日の続報

無買日(Buy Nothing Day)のメーリングリストでまわってきた続報が、話題満載だったので、せっかくなんでここに転載します。

以下、本文です
--------


無買デーな皆さま、


無買デー・ニュースの続報です!!


〓〓〓 日本 〓〓〓

・先日、お伝えした長野や京都の話題に加えて、今回は東京の瀟洒なファッション・タウン=自由が丘と、ヒップな若者の街=渋谷から活動報告がきています。いずれも無買デーのチラシやポストカードが道行く人に手渡されました。

・面白い作戦を一つご紹介します。まず、繁華街の街頭でくばられているティッシュペーパーを集めて回ります。そして中に入っている広告を抜き取り、新たに無買デーのポストカードを差し込んで、ハイ、できあがり。これを再び道行く人に配布して回ったそうです!


・大阪の長井公園では、「ホームレスのホームクッキング」というイベントがありました。ただ、昨年までのような明るい雰囲気ではなかったようです。当局による強制的な追い立てや身柄の拘束が続いており、大阪のホームレスのひとびとにとっては非常に厳しい年であるとのこと。

・それでも長居公園では、セカンドハーベスト・ジャパン社のご厚意により、「無買チャウダー」が振る舞われました。フィールドワークに来た学生グループも一緒に食事をしたようです。

・他のホームレス・コミュニティでも無買デー・イベントの計画があったのですが、メンバの一部が感情的にも肉体的にも疲弊しており、結局実施できなかったようです。

★日本の無買デー・イベントの写真集:
http://homepage.mac.com/ellenycx/BNDJapan06/


〓〓〓 海外 〓〓〓

・台北では、今年も「無買デーの友」のみなさんが、派手にやってくれました!「三匹のサルのダンス」という秀逸なパフォーマンスがありました。サルはそれぞれ「広告を、見ザル」「売り文句を、聞かザル」「買った買った、言わザル」を表しています。デモを行った場所は、タイペイ 101 ビルの裏側です。このビルは、世界最高層のビルであり、エネルギーと資源のムダ使いという意味では世界最悪のシンボルでもあります。

日本に届いた写真の一部はこちら:
http://homepage.mac.com/ellenycx/BNDJapan06/PhotoAlbum119.html

台北のサイト(すべての写真があります):
http://www.flickr.com/photos/teia/sets/72157594393810624/


・米国カリフォルニア州、エメリービルでは、IPOCというアメリカ先住民族の団体が、今年で5回目になる無買デー・デモンストレーションを行いました。この土地のシェルモントという丘の上は何千年にもわたって先住民族の埋葬地であり、いわば聖地だったのです。最近、抗議運動にもかかわらず、この場所にショッピングセンターが建設されました。

「大地と聖地、そして祖先の霊は神聖なものなのだ。ショッピングセンターよりもはるかに」、と、主催者は述べています。
http://www.indybay.org/newsitems/2006/11/23/18332501.php


・ウィーンの目抜き通りではサンタクロースのストライキが!
http://www.mg.co.za/articlepage.aspx?area=/breaking_news/other_news/&articleid=291383


・ニューヨークでは、例によってビリー牧師と「買ウナー教会」が説教パフォーマンスを繰り広げました。

「我々はヴィクトリア・シークレット(ランジェリー・ショップ)のキャッシュ・レジスターを除霊したぞ! それから、オールド・ネイビー(カジュアルウエア・ショップ)の前で、連中が途上国の生産工場からの搾取をやめるよう、神に祈りを捧げたのだ」
http://www.revbilly.com/


・フランスでも、たくさんのひとびとが消費社会に批判的な活動をくりひろげました。パレード、パーティ、ストリート・パフォーマンス。「不浄な消費主義に対抗する聖なる集い」が、10カ所以上で実施されました。

知識人であるPaul Ariesは、消費者にゼネストをよびかけました。アドバスターズと提携しているフランスの雑誌、「La decroissance」は、"シンプルライフ"を応援するキャンペーンを続けています。★おまけに、禅タ・クロースアイコンはトップページに!
http://www.casseursdepub.org/


・スイス、ジュネーブでは、自由交換市場(お金を使わない、物々交換の市場)が開催されました。また、キリスト教のグループが、全面的な消費ボイコットをよびかけました。
http://www.christnet.ch/Home.aspx?docid=480&lang=Fr&topmenu=Economy%09


・インドのムンバイでは、活動家が、「無買インド」というドキュメンタリ映画を作成しました。消費主義がインドの文化に侵入している様子と、無買デーのコンセプトについて紹介した作品です。
http://www.dnaindia.com/report.asp?NewsID=1066003


・オーストラリアのメルボルンでは、街頭でクレジットカードを切り捨てるサービス(?)が出現しました。
http://www.theage.com.au/news/nataional/-but-not-on-buy-nothing-day/2006/11/24/1164341396702.htm


・アメリカのフィラデルフィアでは、アメリカのヒーローキャラクターをパロった連中が爆笑モノのストリート・パーティを繰り広げました。
http://michaelbrix.spymac.com/WebSites/usantiheroes.com/files/2006BND/index.html


・オランダでは、かわいいコスチュームの女性がチラシをまいています! センスの良さは必見です!!
http://www.koopniets.nl/2006/verslagen.html


・ベルギーでは、いくつかの市民グループが、スーパーマーケットの中で静かなパフォーマンスを繰り広げました。からっぽのショッピング・カートを押しながら、修行僧のように歩き続け、レジのところでは「無買クーポン」を配布したりました。最後には、みんなで自転車デモ行進をしました。
http://liege.indymedia.org/news/2006/11/13510.php


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

さて、みなさんの「無買デー」はいかがでしたか?

次は、「無買クリスマス」が進行中です。
アドバスターズのサイトでは、無料のクリスマス・カードや「プレゼント免除券」
などがダウンロードできます。ご活用ください!
http://adbusters.org/metas/eco/bnd/xmas.php


その後は?!

スローダウン・ウィーク(1月)があります。
4月には、「テレビをつけない一週間」(ノーTVウィーク)が開催されます。

あと、来年は、「脱ケータイ年間」です。ほんの少し前まで、人類はケータイなしで何千年もやってきたのです。便利ですが弊害も多い携帯電話。ひとびとの依存度はますます上がり、それ無しで生きていくことすら難しくなっているようです。どうしてこんなことになってしまったのでしょう? 1年かけて、ゆっくり考えてみるのもよいのではないでしょうか?

それではお楽しみに!


ガービ
無買デー・ジャパン・ネットワーク
ネットワーカー

日本語版 powered by 加藤あきら

---------

ベルギーのショッピングカート修行僧、いいなぁ(笑)。パフォーマー魂すら感じさせます。
このグループのつくった画像がいい。クリックすると動画になります。↓
2002jsa_off


|

« 校友会 | Main | データの受け渡しと、信頼の引渡し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無買日の続報:

« 校友会 | Main | データの受け渡しと、信頼の引渡し »