« 実際にやってみる、ということ | Main | ステンシル »

2007.01.29

ハナッペナ

今日のニュースをうけて思ったこと。

現代のわれわれは、

「政治家による問題発言」

とかいうボキャブラリーしか持ち合わせていないため、
実際に問題発言をした政治家の、その言動について、
実は微妙な「権威付け」を再生産しつづけている、と考えてみた。

つまり、そのマヌケ政治家の発言を、「問題発言」というコトバで表現することにより、
どこかしらこう、「緊張感」だったり「かっこよさ」だったり「威圧感」だったり「高級感」だったり、とかくいろいろなニュアンスをそこに(自分たち有権者にとって不利になるように)くっつけているんじゃないか? という、素朴なツッコミなわけである。

なので、私の提案としては、これからは「問題発言」という表現を用いる代わりに、
「話ベタ・ペナルティ」
とでも言い換えたらどうだ、と。
略して
「ハナッペナ」だ。

そのコトバで今日のニュースを言い換えると、こんな感じだ。

柳沢伯夫厚生労働相は29日午後の衆院本会議で、「(女性は)産む機械」と発言したハナッペナについて「女性を傷付けるハナッペナな表現を用いた。あらためて深くおわびする」と陳謝した。安倍晋三首相は同日夜、野党が厚労相の辞任を要求していることに対し、記者団に「職務に専念し、政策で結果を出していくことにより国民の信頼を得るよう努力してほしい」と述べ、辞任の必要はないとの認識を表明した。


なので、これからは問題発言を「ハナッペナ」としよう。そうすれば、ちょっとは問題発言ってやつも減るんじゃないか。

そう、これは「暴走族」を「珍走団」と言い換えようという、ひそやかに行われている啓蒙活動と似ている。(くわしくはこちら)ちなみにこの運動は、もっと評価されていいと思う。日本の知識人でこのことについて触れている人を見たことがないのは残念だ。このサイトをみて非常に感心するのは、最後にこう記されていることだ。
『仮想現実で集めた“ペン”が、現実社会の“剣”に打ち勝つことはできるのか?』という地球史上初の試みにご協力下さい。

付け加えると、「ジョークでやってんのか、マジなのかもわからないほどのあいまいなサイバースペースの領域から、現実社会に記号論の闘いを挑んでいる状況があちこちにある」ということで。

|

« 実際にやってみる、ということ | Main | ステンシル »

Comments

『ハナッペナ』・・・このタイトルで私はてっきり、もうタテーシさんの花粉症が始まったのかと勘違いしました。私はちなみにもう目がかゆいです。ホントに。
『機械』という言葉ばかりクローズアップして報道するマスコミもまたハナッペナだとは思いますけど、そもそもそういう発想が出てくるという事それだけで十分人間として欠如している証拠だと。ハナッペナはカワイすぎる。
ハナクソでいい。

Posted by: onoyo | 2007.01.30 at 18:00

年中、アレルギー性鼻炎(重症)のようなので、今年の春からは「そうか・・・花粉症とかいうのではなく、鼻炎(重症)なんだなぁ」と、妙に冷静になってしまいそうです>onoyo

Posted by: HOWE | 2007.01.30 at 23:20

ハナッペナ。珍走団。確かに皆、こう言ったら減るのになーとは思うけど、慣れる頃には妙に専門用語化しちゃってそう。だって、「エルニーニョ」とか馴染みのない(変な名前の)外来語だって、しかめっ面で語られてるやん。そう思えば、ハナッペナ変換文もリアリティがあるように見えてくる。。。

Posted by: toyotti | 2007.01.30 at 23:52

エルニーニョって、いつでも僕の脳内では、いったん南米のサッカー選手っぽい雰囲気を通過してから、認識されております(笑)>toyotti

Posted by: HOWE | 2007.01.31 at 00:08

~ーニョって愛称に多いもんね。ジュニーニョ、ロビーニョ、ロナウディーニョ。。エルニーニョも彼らとパス回ししてるイメージか、そりゃ熱狂的だわ(笑

Posted by: toyotti | 2007.01.31 at 00:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/13710108

Listed below are links to weblogs that reference ハナッペナ:

« 実際にやってみる、ということ | Main | ステンシル »