« 紙を折るひとたち | Main | 桑田が・・・ »

2007.03.26

てれれ

仕事の後ひさしぶりに三条にいく。
京都三条ラジオカフェにて、「カフェ放送てれれ」の上映会があるので観にいく。(こちら
自主制作の映像が投稿されて、それをいろんなカフェやギャラリーで持ち回りで上映されるというイベントだ。
私の後輩のHくんが京都の上映スタッフであった。

それこそ、ドキュメンタリーだったり人形アニメだったり多種多様な映像が集まっていて、こうして誰しもが自分の作品を発表することができ、でもって上映会には実際に作品の作者本人もいたりする。
で、今回のようにそれが街のカフェで行われたりすると、たまたまふらっとやってきた人だって参加することだってできる。

今日思ったのは、映像っていうのは、音楽とか朗読とかと違って、観た直後にすぐ意見交換ができたりするメディアなんだな、ということだ。当たり前すぎるかもしれないが、映像を観たあとにすぐ作り手に感想や質問ができたり、もういちど観直したりすることもできるというのは映像メディアの強みだなぁと思った。

ちなみに、せっかくなのでラジオカフェと、あと近くのカフェ・アンデパンダンに新作ハウを置かせてもらった。
Dsc08479
こういう場ではいつもイベントのチラシやフライヤーがほとんどなので、ハウのような「自己顕示系フリペ」というのは本当に作り手が少なく、果たして自分のやっていることは本当にこれでいいのか、間違っていないのだろうか、とか自問してしまう。

|

« 紙を折るひとたち | Main | 桑田が・・・ »

Comments

うおー、てれれのHP見て、『セクシュアリティについて、性について考えよう!』
ていうのに参加しようと思いました。
ありがとうございます。

Posted by: イノウオ | 2007.03.27 16:27

イノウォ>お、なんかアンテナにひっかかったようで、うれしいです。ぜひてれれを広めてあげてくださいな!

Posted by: HOWE | 2007.03.28 22:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 紙を折るひとたち | Main | 桑田が・・・ »