« 祝・パート2 | Main | ルーマニア »

2007.03.23

まごころ

今日、たまたまめぐりあった文章で、ものすごく心に残った・・・というか衝撃を受けた対話録があったのだが、同じものがネットでも全文掲載されて読めることがわかった。
これは藤原書店の「まごころ」という本で、哲学者鶴見俊輔と、随筆家岡部伊都子の対談。
そのなかの抜粋のような文章。

とくに「私は、戦争に加担した女です」の箇所の岡部伊都子の語り。
生涯における悔恨、その一点に彼女の人生における思想の原点があるのだ。
僕は恥ずかしながら、今まで岡部伊都子については何も知らなかったので、この語りに圧倒された。
そしてその語りを受けた鶴見俊輔の「その話のあとには継げない」という、その真摯さにも心打たれた。そんな対談読んだことがない。

リンク→(こちらをクリック

戦場に行く前夜、婚約者とはじめて二人きりになったその場所で、決して表に出してはいけない自分の考えを、勇気を出して婚約者だけには伝えたのに、そのコトバがあっさり否定されたまま、そして永久の別れへと旅立っていかざるを得なかった木村さんの無念を、どこまでも思い続けてしまう。

|

« 祝・パート2 | Main | ルーマニア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 祝・パート2 | Main | ルーマニア »