« HOWE読んでいただきありがとうです。 | Main | 未来ついでに »

2007.05.04

未来

最近、近所に巨大ショッピングモールができて、そのなかにある唯一の書店をざっと歩いてみたのだが、
印象的だったのは、人文社会系の本をみたいと思っても、そんなコーナーは設けられてなかったことだ。
そういう本がありそうなエリアには、ビジネス本と、そして資格試験に関する本がわんさかと並んであった。
資格に関する本って、世の中にこんなにもあるんだと思い知らされる一方で、人文社会系、たとえば思想とか哲学とか、つまりのところ「役に立たないかもしれないもの」については、居場所がカットされてしまっている。
ひょっとしたら私が単に見落としていただけであることを願いたいぐらいに。
たしかに、「役に立たないかもしれない、頭でっかちの書籍」というのは、流行らない時代だ。
読む人が少なければ、売れない商品としてみなされていく。
ショッピングモールだから、性質上なおさらその傾向が強まる。
しかし考えておきたいのは、もし近所にほかに書店がなかったとして、
そこへ「新しい世界を知りたい」と、いままで足を踏み入れたことのない本棚へやってきた中学生がいたとすれば、その子にもたらされる情報の質という意味では、著しく欠損しているものがあるんじゃないのか、と。
この書店の名前が「未来屋書店」とあるのは、奇遇ではなく、
きっとこういう状況こそがこの国の書店の未来を示しているように思った。
「健康」コーナーや「児童書」コーナーは充実していた。
出来たばかりの本屋に来て、私はこれらの本棚たちから
「役に立たない余計なことなんか考えずに、健康的に真面目に働きなさい。子どもを育てなさい。」
といわれているようで、心苦しかった。
ショッピングモールにはいろんな店が並んでいて、
雑貨屋が2つ3つあるなかで、たまに同じような商品がそれぞれの店でも売ってあったりさえする。
無駄なものを排除するのが効率的なビジネスの常識であるはずだが、
マーケティングの末に作られた堂々たる空間にはムダが多く、
そんな状況下で書店の本棚では、
哲学書のハードカバーすら置く余裕がないらしい。

大きいモールは駐車場のスペースも広大だが、
そのかたわらで、自転車のための駐輪スペースが、
なぜか一定時間を越えると課金されるシステムになっていた。
このモールはこれからも大量の電力を消費し、
大量のゴミを発生させることが向こう20年は確定しているはずなのだが、
自転車というエコロジー思想に根ざした乗り物を利用する客に対しては、何らかの批判的態度を示しているわけだ。私としてはそう受け止めるしかなかった。
(自転車の駐輪に対して課金を制御するシステムが、これもまた電力で支えられていることを考えてみてほしい)
ちなみにこのシステムは、3時間たつと自転車のホイールをはさんでいる機械の部分が作動して、料金を支払わないと外に出られないという仕組みのようである。
モールの利用客以外の駐輪を阻止したいなら、他の手段があるはずだ。
(そして、このシステムが不評であることは、モールのすぐ外側のエリアに大量の放置自転車があることからも伺い知ることができる)
もし私が3時間以上モールを利用することがあるとすれば、最初から自転車をその機械に入れ込まずに停めるだろう。もしそれで係員に注意を受けたら、おとなしく従ったあと、3時間が経過する直前に、自転車置き場に戻って、いったんその機械から自転車を外し、そして隣の機械に入れなおすだろう。
私が「役に立たないかもしれないことを考えるための本」を必要とし、
そして自らも「役に立たないかもしれない文章を書いたり配ったりすること」を欲するのは、
こういう状況において、
「さっさと駐輪代金を支払え」という
「何も考えていない分かりやすさ=見えにくい暴力」に
どうやったら反抗できるか、を他の人を巻き込みながら考え続けたいためだ。

|

« HOWE読んでいただきありがとうです。 | Main | 未来ついでに »

Comments

感服。このしなやかな思考を大切にして下さい。

Posted by: トークマン | 2007.05.05 01:23

いっくんお久しぶりです!
私も高の原のサティには是非こんど自転車で行こうと思っていたんですが・・・自転車置き場、そんな仕組みなんですねぇ。。なんか腹立つー。
あの本屋には先日行きましたが、確かに名前負けしてますね。。

Posted by: もりた | 2007.05.05 13:41

そうそう。
最近どこに行っても「即!役に立つ」でないと受け入れてくれないよね。(実学思考、とか。)

実は「すぐに役に立ちそうも無い」部分が、結構重要だったりするんだけど。

Posted by: りえぞ~ | 2007.05.05 18:20

トークマン>ありがとうございます。勇気付けられます。

もりた>おひさしぶりです。ぜひ自転車で行ってみてください。むしろ電車で行くような場所でもないですしねぇ(笑)

りえぞー>ほんと、実学ばかりが求められていて、何がなにやら、って感じになってきます。

Posted by: HOWE | 2007.05.05 20:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« HOWE読んでいただきありがとうです。 | Main | 未来ついでに »