« 『ハウ』バックナンバーの一覧をつくってみました | Main | dream on »

2008.04.07

聖火をとめる

Relay

昨晩のあたりからニュースで、ロンドンにおける北京五輪聖火リレーへの抗議活動の様子が報じられている。
かなり直接行動が起こったようで、大荒れの状況だったようだ。
それにしても、聖火に向かってわざわざ「消火器」を放出するあたり、なんというか、どことなく憎めないものを感じさせる。普通に水をかけるのではなく、わざわざ消火器である。わざわざ煙まみれである。このへんは「パフォーマンス」として計算されていたのだろう、きっと。おかげでインパクトは残せた。
でもチベット問題はマジで笑っていられる状況でないのも確かだが・・・どうしてもそのへんの知識が徹底的に自分には欠けているので、やるせないところでもあるが。

ところで、昨日の抗議行動をみて、ちょっと懐かしい気分にもなった。
レベルはまったく異なるが、シチュエーションの似ている出来事が、前回のオリンピックでもあった。

Athens

この、男子マラソンの哀れなトップランナーを妨害した、アイルランド人の「自称司祭」だ。
彼はかつて、F1レースの最中にも乱入している。

Britishgp

当時、この人について書いた記事は(こちら)。

なので、昨晩のロンドンからのニュースをみながら、
危険を顧みずに自らの主義主張を訴える多数の英国人活動家の姿をみるにつけ、
「やい自称司祭よ、こういうときこそアンタの出番じゃねーのかっ!?」
と思った次第である。
まぁ、こんなことで彼の存在を思い出したこと自体、なんだかちょっと「負けた気分」で、悔しい気分もするわけだが。

そして今日はパリで聖火リレーが行われるようで、騒動は飛び火しそう。

いずれにせよ、もはや競技の結果がどうのこうのというより、無事に実施されるのかどうか、そのへんのゴタゴタのほうがよっぽど関心を集めてしまっているオリンピックが夏に開催されようとしている。「スポーツと政治は関係ない」、たしかに。でもそうじゃないところまで、取り返しのつかないゾーンに突入していることは明白だ。

|

« 『ハウ』バックナンバーの一覧をつくってみました | Main | dream on »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『ハウ』バックナンバーの一覧をつくってみました | Main | dream on »