« 厳戒態勢 | Main | 文検 »

2008.04.24

バービーボーイズ再結成を願う

Bb

姉からメールがあって、元バービーボーイズのベーススト、エンリケさんがいるバンドGRACIASが、5月2日に奈良のネバーランドというライヴハウスに出演するらしい。エンリケさんは、いまでも浜崎あゆみのサポートバンドでの活動も続けているが、あのエンリケさんがネバーランドに来るのか・・と思うと、ちょっとライヴに行きたい気がする。

そんなわけで、ひさしぶりにバービーボーイズというバンドについて思いをめぐらし、Youtubeなぞ見ていると、どうやら最近、「SMAP×SMAP」の番組で、一日限りの再結成で演奏していたようだ。

キムタクや吾郎ちゃん、ほんとにバービーが好きだったんだなぁ。

ていうか、こんな演奏をされたら、どうか明日にでも再結成してくださいと願う。ホントに。

どうしたって、このバンドはオリジナリティがありすぎて、あとに続くロックバンドは、もはやマネしてもしょうがない、という感じである。なので、こういうバンドを再び味わうには、本人たちに再結成してもらうしかない。

容姿端麗な男女ツインボーカルの掛け合いで展開するギターバンド、しかも男性ボーカルはサックスまで吹く。そしてギタリストの、あの独特の「軽~いサウンド」が、まさにバブリーな時代を表現しきっていた。メンバー個々のキャラクターを思うと、よくぞこのメンツが揃ったものよ、と思えてくるわけだ。

初期の頃の、すごく勢いのある時代に収録したスタジオライヴで2曲演奏している映像もあって、このテンションの高さと、緊張感あふれるツインボーカルの展開は、今でもすごく新鮮に思えてくる(途中に出てくるメンバー紹介の喋りも見所ではあるが)。

いまみちともたか氏のギタリストとしての技量と、ソングライターとしての才能ってやつは、バービーボーイズ以後には表舞台からすっかり消えてしまったままなので、そのへんの惜しさも含めて、やっぱりこのバンドは復活してほしい。エンリケさんはそんな彼らとの再結成をどう思っているんだろうか。

あと3曲だけ紹介させて。

『なんだったんだ? 7DAYS』。
「♪オーアーオーウァー・・・」私にとっては80年代的アンセム。

『チャンス到来』。いろんなことを思い出す名曲。映像の作り方とか、もう、すべてがグッとくる。

『ダメージ』。この曲をスタジオライヴでやっている映像があるなんて。コンタさんが最後まで一人で歌うかと思いきや、最後らへんで杏子さんコーラスが入るあたりの、この劇的な展開っていうか、そういう面白さがバービーらしいなぁと再認識。

他の用事をすべてなげうって、今宵はバービーボーイズの映像をずっと観ておりました。

|

« 厳戒態勢 | Main | 文検 »

Comments

うわ~!シンクロ!
まさに私もこの日ずっとPV色々見ててさ(笑)。貼ってるPVは私も特に好き!
radio.kってイマサ&コンタの「day last day」もPVで観れるんでこちらもおススメよ♪スマスマのもちゃっかり観てました~。
涙でた。まじで(笑)。
再結成ほんまにして欲しいわ~!

Posted by: tomo | 2008.04.25 00:20

なんとまぁ、もうひとりの姉は同じタイミングでバービーのPVをみていましたか。day last day、みつけました。アコースティックバージョンでしたね。かっこいい曲です。

Posted by: HOWE | 2008.04.25 23:30

スマスマをリアルタイムで見たよ~!
「懐かしい!」と楽しく鑑賞してたら、ダンナは
なんとバービーボーイズを知らなかった!!
何で??

Posted by: りえぞ~ | 2008.04.27 01:01

りえぞー>たぶん、同時代にはBOOWYとかブルーハーツとか、そういう「男だけのカッコいいバンド」が他にワンサカいたからだと思います・・・きっと・・・

Posted by: HOWE | 2008.04.27 01:07

http://rsr.wess.co.jp/2008/index.html

北海道ですが・・・復活するようです。

http://www.sunmari.jp/
こっちは広島


既に知っている情報でしたら、すいません。

Posted by: mikihiko | 2008.07.15 22:06

mikihiko>サンクスです。こういうのに出演することで、若い世代にもアピールすれば、もっと活動してくれそうですね・・・なかなか最近観ないスタイルのロックバンドなんで。

Posted by: HOWE | 2008.07.16 22:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 厳戒態勢 | Main | 文検 »