« 気分はオリンピック100m自由形 | Main | あーー、わーー、おぉー »

2008.04.30

東海大学 ル・マンプロジェクト

Forzatokai

夢のある話だ。

東海大学が、伝統の自動車レース「ル・マン24時間レース」に参戦する。今年は6月の14日-15日に開催。(くわしくはこちら

2001年から動いていた企画らしい。たぶん、いろんな学生さんたちが携わっては引き継がれていったプロジェクトになっているんだろう。

意外なことのように思えるが、大学によるチームがル・マンに挑戦するのは、世界初だそうだ。
クルマの写真をみて思うが、それだったらもっと大きく大学名を車体にデカデカと書いておいてもいいぐらいだ。学生チームの大挑戦だ。オープニングラップであのメインストレートを走った瞬間、ル・マンの歴史に新しい1ページを刻むことになるのだ。
予選を無事に通って、本選で最後まで走りきって欲しい。あぁ、久しぶりに、それこそ本当に久しぶりに、ル・マンで応援したくなるチームである。(ただし、今年もおそらく地上波テレビでは観られない)

そして何より、ル・マン24時間レースというのが、あいかわらず「偉大な草レース」であることを実感する。こうして、その気になった人は誰でも参加できるというのは、ル・マンらしいなぁと感じる。
や、ほんとに、速くなくてもいいから、ひたすら丈夫なクルマを作って、24時間完走を目指して欲しい。他のマシンがことごとく途中で壊れてリタイアして、気がついたら優勝していたってことも充分ありえるのだから。それがル・マンの痛快さだ。

ル・マンの公式サイトをみてみた。エントリーリストに、たしかに東海大学の名前が!
カーナンバー22番。
最も高性能の「LMP1クラス」でのエントリーだ。
しかも唯一、使用タイヤが横浜ゴムっていうのが、熱い。
こちら


ところで、明日5月1日はアイルトン・セナの命日だ。いま思い出した。

|

« 気分はオリンピック100m自由形 | Main | あーー、わーー、おぉー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 気分はオリンピック100m自由形 | Main | あーー、わーー、おぉー »