« ニューズレターが | Main | 「iichikoのポスターとデザインワーク展」だとっ!? »

2008.04.19

こちらへどうぞ

今日は大学で学生さんの健康診断があり、各部屋にわかれている測定場所へ迷わず移動できるよう、私は通路に立って誘導係として当番にあたっていた。

そこで、「こちらの入り口からお入りください」などと、何回も声をかけるわけだが、
それにともない、自分の手先を部屋の入り口のほうに向けるような動作も何回も行っているわけで、
そんな動きを繰り返しながら、
だんだん私は、
以下のような所作に通じるものを感じつつあった。























Soci03
「こちらへどうぞー」

ああ・・。

ついに・・・。

あえて、このブログではスルーしていたキャラであったわけだが。

この、先日「せんとくん」と名づけられた、今話題のキャラクター。
私は自分が、だんだんこんな雰囲気に成り変っていく様子を、半ば自虐的に楽しんでいた。
もちろん、学生さんたちはそんな私の内的葛藤を知る由はなかっただろうが。

ところで今、瞬間的に思ったが、長野で行われる聖火リレーに、この「せんとくん」をぶつけてみるのも面白いかもしれない。
「ぶつけてみる」って、一体何をどのように、何を持って「ぶつける」ことになるのか、自分でもよくわからないが。
なんだか自分のなかで、ふいに聖火リレーへのわだかまりと、「せんとくん」への嫌悪感とがよくわからないままリンクした感じがする。カチッと。

|

« ニューズレターが | Main | 「iichikoのポスターとデザインワーク展」だとっ!? »

Comments

実は けっこう
せんとくん 好きです。
大仏的な鹿 なら ありがちですが、
鹿的な大仏という設定が
たまらなくおもしろいです。
弟に、グッズが売り出されたら
送るように催促までしています。

Posted by: aina | 2008.04.28 18:08

aina>おお、カミングアウト(笑)。もはや大仏なんだか童子なんだかもよくわかりませんが、何かが一回転すると、逆に魅力的に見えるかもしれません。ただし今のところ逆風続きです(笑)

Posted by: HOWE | 2008.04.29 20:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ニューズレターが | Main | 「iichikoのポスターとデザインワーク展」だとっ!? »