« ビール一生分 | Main | デルニエにて »

2008.06.12

ブログに書くことがないと感じるときにいつも思い出す言葉

U2のボーカリスト、ボノの言。

「子どものときだったけど、学校で先生がアイルランドの偉大な詩人ウィリアム・バトラー・イエーツについて話してくれたのを覚えている。彼はスランプに悩んでいた・・・書けない時期があったんだ。僕は手をあげて言ったよ。『どうして彼はそのことについて書かなかったんですか?』『馬鹿なことを言うもんじゃありません。手を下ろしなさい。あんまり生意気なことを言うんじゃない』。でも、生意気を言おうとしたわけじゃない。僕はその考え方を糧にしてやってきた。真実を知りなさい。そうすれば真実があなたを自由にする。もし何も言うことがなければ、そのことを歌の一行目にすればいい。実際、まだ二枚目のアルバム(『オクトーバー』)だというのに、僕は言うことがなくなりそうだった」

『ボノ・インタビューズ』より。
最近、やたらこの本から引用しているが。それだけ興味深いインタビュー集だということで。

そういえば。
このあいだ、N先生より、僕が毎日ブログを書いていることについて、「面白くしようと思わずに、毎日淡々と書いていけばいい」と言われて、「あぁ、そうだった。笑いを取らなくてもいいんだった」と、思いなおした。気が楽になった。そうすると、わりとネタ的な毎日がやってきて、そこそこブログが快調になっていったりもした。不思議なものである。

それと、最近読んだある友人の書いた文章のなかに、あらゆる分野で、『巧い人』だったり『達人』というのは、「無駄な力が抜けている人のことだ」というようなことが述べられていて、なるほどなーと思った。

文章を書くことは、ある種自分自身をウケさせるためにやっているところもあるので、ついつい自分自身へのサービス精神という、ちょっと訳が分からない領域の部分を意識しているフシもある。「やるからにはウケよう」という感じが、他人だけでなく自分にも向けられている。ただ、そういうことを強く意識し続けると、すぐにどこかが硬直してしまいそうである。「これは自分なりの“生活記録運動”なんだ」という感じで、誰のためでもなく、ただ流れるままに文章を書いていったっていい。

━―━―━

次のチェルシーの監督に、フェリペ・スコラーリの就任が決定。
この人は愛称が「フェリポン」なのである。フェリポン。ほら、発音したくなる名前だろう。
今度は名前の方向から、キャラ立ちする人事を展開してきたぞチェルシーFC。
Felipe_scolari
フェリぽん。

あ、いや、別に名前だけじゃなく、実績もすごい人なんですがね。2002年W杯で優勝したときのブラジル代表監督は彼だった。

ついでにいうと、2002年の、あの、どうかしていた時期、私は衝動的にフェリポンの似顔絵を描いて、スカパーの「ワールドカップジャーナル」の番組に宛ててコンビニからFAXを送ったことがある。すると番組で紹介されて、えのきどいちろう氏に「線は単純だけど、うまい」と褒められたことがある。
自分にとって、FAXを送りつけたくなるほどに参加意識をかきたてられ、共感を抱きながら観つづけたテレビ番組は、あの「ワールドカップジャーナル」が最初で最後であった。それは2002年の想い出のなかで非常に大きい位置をしめる存在であり、しかもFAXがちゃんと紹介されたときの嬉しさと気恥ずかしさは、今でも大切にしたい記憶だ。

なので、今回のチェルシーへの就任は、私にはとても感慨深いのである。

|

« ビール一生分 | Main | デルニエにて »

Comments

今日ちょうど書くことなくて(笑)

>文章を書くことは、ある種自分自身をウケさせるためにやっているところもある…

わかる…似たような気持ちになることあるわ。自分が納得できるまで書く、という気持でいると、時々その納得がどこに向かってるかわからなくなってしまう感じ(笑)

mixi以外は、今は止まってるわ~。
かなり、日々の出来事集に近い毎日です。
今日なに書こうかな~^^

Posted by: うさこ | 2008.06.20 at 00:40

うさこ>おひさしぶりです。ミクシィで日記を書くのが続いているのであれば、もうそれで充分なんじゃないかと思っちゃいます。

Posted by: HOWE | 2008.06.20 at 23:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ビール一生分 | Main | デルニエにて »