« 鳥居 | Main | こんなことばかり考えて仕事をしているわけではない。(や、ウソ) »

2008.09.03

砂丘の土産物屋さん

Dsc01788

砂丘は楽しかった。
おおきな砂場で遊んでいるかのようでもあった。

で、そのちかくには土産物屋さんがいくつかあったのだが、

そのなかの一軒で、

Dsc01793_3

よくみると、


Dsc01795_3

メタルなロックバンド、
「ガンズ・アンド・ローゼズ」のブートレッグ(海賊盤)CDやDVDが売ってあった(笑)(しかもやたら安い)

なぜだ、なぜなんだ。

こういう、地味なところでネタをくりだしてくる土産物屋はスリリングだ。


━―━―━―━―━―

京都精華大学の、今年度後期の「公開講座ガーデン」と「アセンブリーアワー講演会」の案内パンフが自宅に届けられていた。
毎回楽しみにしているのだが、今回の案内パンフも、すんごいオシャレな工夫に満ちていて、相変わらず感心する。映画の半券みたいなのが入っている関係上からか、すべて細長い短冊みたいなページで、それをノートのように綴じている。で、好きなページは簡単に切り離しできる。この「切り離しできる、映画のチケット」のような手触り感覚が、すべてのプログラムを自然と「楽しくて刺激的なもの」のように提示することを可能にしている気がする。なので、どれもこれも素敵な催しが展開されているように見えてしまう。「現代美術講座」を受けたくなってきましたよ。

だいたい、このパンフだってダイレクト・メールの一種のはずなのに、「毎回、届けられるのがとても楽しみなダイレクト・メール」に仕上がっている時点で、精華大学の圧勝なのである。くやしいけど。

━―━―━―━―━―

せっかくなんで、砂丘の土産物屋に敬意を表して、ガンズ・アンド・ローゼズでいつも思い出す曲『November Rain』のクリップを。
この曲を聴くと、中学3年生の夏を思い出す。


|

« 鳥居 | Main | こんなことばかり考えて仕事をしているわけではない。(や、ウソ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鳥居 | Main | こんなことばかり考えて仕事をしているわけではない。(や、ウソ) »