« ブログにむかう意識 | Main | 完成 »

2008.12.01

奈良県立図書情報館 「自分の仕事」を考える3日間

 あらゆる部分でみせる、センスあふれる狙いどころは、手放しで賞賛しておきたい驚異の公立図書館、奈良県立図書情報館。
 今年も「『自分の仕事』を考える3日間」のイベントがあるようで。(こちら

 今回はフォーラム形式のトークセッション、ということで、なにげにゲストが豪華。名前を知らなくても、やっていることを見ていると「おお、あの人なのか」と思うゲストが4人いた。
でも宿泊プランまでつけているあたりが、なんだか勇み足っぽく感じる。さすがにそこまでせんでもええんとちゃうんか、と(笑)。

 あとこの3日間、朝9時から夜7時まで、8人のゲスト相手にぜんぶのセッションを西村佳哲さんが聞き手だったりファシリテーターを担当するみたいなのだが、それってかなり過酷じゃないか、と余計な心配をしてみたり。「働き方」を考えるイベントで、なぜ西村さんにそんな重労働を課すんだよ、と(笑)。なんだか24時間テレビのマラソンみたいではないか。

 ホメてんだかケナしてんだか分からない立場になってしまったが、ともあれ、昨年行われた同イベントでは、コモンカフェの山納洋さんを迎え、西村さんとのトークセッションを行ったわけで、その場に私も参加したのだが、これがとってもよかったのである。今思えば、春から私が新しい職場環境のなかで仕事をするうえで、かなりいいヒントをもらった実感がある。山納さんの仕事にたいするドライな接し方と、かつ自分の「好き」をうまくコントロールして、日々の仕事ライフをやりくりしていく、独特のヒョウヒョウとしたスタンスのとりかたが、自分にはすごく入りやすかった。
 そのトークイベントから得たものを自分なりに説明するためには、もうすこし時間がかかるんだろうけど。

━―━―━

 来シーズンのJ2リーグに、あらたに栃木、富山、岡山からサッカークラブが新加盟する。来シーズンのJ2は18チームで争われる。Jリーグのチーム名やユニフォームカラーが、もはや正確に覚えられないぐらいたくさん存在するというのは、最初は10チームしかなかったJリーグ創設時を思うと、とても贅沢なことかもしれない。こうして地方からどんどんチームが増えていけばステキである。プロ野球とはえらい違いだ。
 最近、ある尊敬する人(とあるスポーツに深くかかわっていた経験がある)に、Jリーグが提唱する「百年構想」について語ったところ、「いままでサッカーのことはまったく興味がなかったけど、その話を聞いて、がぜんサッカーを応援したくなってきた」と言われてうれしくなった。サッカー協会さんよ、こうして我々は草の根でがんばっているんだから、もうちょっとちゃんとやってくれ(笑)


|

« ブログにむかう意識 | Main | 完成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ブログにむかう意識 | Main | 完成 »