« そうきたか | Main | つぎは名古屋 »

2009.03.03

で、

昨日蒸し返された仕事上の問題は、いろんな人のサポートもあり、自分はひたすら「ロイ・キーン」モード全開で、なんとか今日のうちにそれなりの見通しをたてることができて、ひとまず安心できるレベルに。感謝。
われらが研究所長にもバタバタさせてしまったのだが、夕方になる頃には、ちょうどいま作っている最中の新しいニューズレターの校正まできっちり読んで返答してくれた・・・それは予想外の出来事だったので、この状況でそういう「ちょっとした余裕」を見せてくれたことが、なんだか妙に嬉しくもあった。そういう瞬間って、ありませんか。

━―━―━

京都精華大学の新年度の公開講座の予告がメールニュースで送られてきた。なんと「"はじめてのDiY" 毛利嘉孝トーク+ワークショップ」が開講されるというので、「ぬぉーー」っとなる。ぬおーーだ。「うおおー」ではない。これはぜひ受講したいではないか。スケジュールの詳細がどうなるのかとっても気になる。ぬぉぉ。


あと、恒例の「アセンブリーアワー」だが、今年も前期から飛ばしている。この大学は。
  ↓
◆2009年前期 アセンブリーアワー講演会 ★無料・申込不要
5月15日(金)千松信也(猟師)
5月22日(金)マーティ・フリードマン(ギタリスト・元[メガデス]・音楽評論家]
6月4日(木)横浜聡子(映画監督)/ゲスト:大友良英(『ウルトラミラクルラブストーリー』音楽)
6月18日(木)種田陽平(美術監督)
6月30日(火)対談 大岩オスカール(アーティスト)×細川周平(日系ブラジル研究者)

猟師が登場した翌週には、メガデスにいたギタリストがやってくるのである。あと細川周平って、じつは昔に『サッカー狂い』というサッカー哲学書を書いた人としても私は認知している。

こういうことを昔から無料開放で淡々とやっているあたり、もっと日本の教育界は京都精華大学に注目したほうがいいと思う。

|

« そうきたか | Main | つぎは名古屋 »

Comments

京都精華大学の教員、葉山です。おほめいただき、ありがとうございます。本学は地味な地方大学ですが、実はかつてから虎視眈々と世界に目を向けて動いています。日本で初めて世界のデザイン教育連盟「クムルス」に加入し、昨年は京都で国際会議・総会も開催しました。世界各国から世界で唯一のマンガ学部と国際マンガミュージアムへひっきりなしの引き合いがあります。世界を変える自立した人間の育成が理念なのでそのまま世界で活躍している人材も数多く輩出しています。あまり知られていませんが・・・今後とも見守ってください。ありがとうございます。

Posted by: hayama | 2009.03.07 10:34

葉山さま>コメントをありがとうございます!「自由自治」の校風といい、いろんな意味でスリリングで先鋭的な雰囲気が素敵な大学だと思っています。巷の若い人たちに、こういう大学もあるんだよと教えてあげたい気分です。

Posted by: HOWE | 2009.03.07 20:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« そうきたか | Main | つぎは名古屋 »