« DIY映画『大脱走』 | Main | 友達の出来やすい大学 »

2009.12.31

2010年にむけて/「STUDY PUNK」シャツなど

直近のグッドニュースとしては、HOWEの新作19号を、とりあえず版下に貼り付けて、あとはホントに表紙を作るだけのところまで行っている。HOWEの歴史上もっとも「出来の拙い内容」であるが、「フリペはどんなものでもいいから出したもの勝ち」と普段から言い続けている以上、自分もそれを実行すべきなんじゃないか、とか思ったり迷ったり。

2010年に持ち越しの宿題・・・もいくつかあるが、何より3年がかりになりそうな、件の『シアトル・ポートランドDIY紀行』のミニコミZINEが結局まだ決着していなくて、こちらのことを思うと気が焦る(だったら早く手を動かせよ、という話だが)。北米のDIYシーンをめぐるこのようなドキュメンタリー映画上映会が日本でも開かれるようになったステキな状況において、まさに自分のミニコミもそういう流れをボンヤリと意識しながら企画したものだけに、ホントにこれはもう早く出さないといけないでしょう的な焦りのみが突っ走っている状態。そしてこのミニコミ作業の間隔が開きすぎると、版下制作ソフトのInDesignの使い方をどんどん忘れていくという悪循環にも悩まされている(笑)

さてタテーシの個人的な活動における2010年最初の大きなヤマ場としては、まだ詳細は未定だが、mikihiko氏も取り組んでいる難病・遠位型ミオパチー支援のためのチャリティーイベントが2月28日(日)に大阪のコモンカフェで開催されるのだが、そこに出演することになった。「しかしなぜ自分が?」という疑問や動揺を抱えたまま当日を迎えることになるかと思う。そのあたりのドギマギもまた大事にしていこう、とかなんとか思いこんで、この来るべきイベントに備えるべく、年末年始は「ネタの仕込み(つまりパワーポイントの作成)」を楽しく行っているところ。

そして2010年は、先日紹介したシルクスクリーン印刷の技術を用いて、念願の「STUDY PUNK」シャツやらトートバッグも作りたい。先日、そのために赤色のインクを購入した。

あ、2010年といえばサッカーのワールドカップ・南アフリカ大会だが、「まさかのイングランド優勝(でも体操着)」を予言(祈念)しつつ。でも大会運営上、いままでありえなかったようなトラブルがいくつか起こりそうな気配もする。これまでいくつもの国を渡り歩いた熱狂的日本代表サポーターの猛者さんたちですら、今回ばかりはかなり警戒しているようなので。

そんなかんじです。

---

3年前の大晦日、このブログではフレディ・マーキュリーの歌う『バルセロナ』を紹介して1年を締めくくっていたりするのだが(こちら)、今年はブログの左にもあるように、最近のマイブームであるクイーンの『Under Pressure』の歌詞を紹介して締めくくろうと思う。こんないい詩だったんだな、と。訳詩については(こちら)のサイトより。訳詩を読むと、このビデオクリップもまた味わい深い。


圧政が僕を押しつぶす
あなたたちをも押さえつける
誰も頼んでもいないのに
この重圧のもとでは
建物さえも燃やし尽くされ
家族は二つに引き裂かれ
人々は通りで生活するようになる

そう、そのとおり
この世界なんてそんなものだと、
知ることは恐ろしい
味方を待ち続ける
「ここから出してくれ」とさけぶ
明日に向かって祈る
よりよい生活に引き上げてくれるようにと

人々への重圧
通りで生活する人々への重圧

そうさ
身を削がれ、頭を蹴られながら床の上でのたうちまわる
最近はいつもこうだ。悪いことはいつも重なるものだ。

まるで目が見えないかのように現実から目をそむけ
日和見をしていても、だからうまくいくというわけではない
愛とともに進み続けるんだ
それはひどく傷つき、ひどく苦しむことだ
なぜだ、なぜだ、なぜだ
愛、愛、愛、愛

僕らが圧政に打ちひしがれているときに狂気が笑う
もう一度、我々自身にチャンスを与えられないだろうか
もう一度、我々自身にチャンスを与えてはどうだろうか
愛にもう一度、チャンスを与えてはどうだろうか

だって、「愛」なんていうのは時代おくれの言葉
でも夜の暗黒のギリギリのところにいる人々を大切にするように、
愛はあえて、あなたたちをけしかける
自分自身をいたわる方法を変えるように、
愛はあえて、あなたたちをけしかける

これが我々の最後のダンス
これが我々の最後のチャンス
これが我々自身なのだ
圧政のもとで
重圧のもとで

Under Pressure - Queen


Mm ba ba de
Um bum ba de
Um bu bu bum da de

Pressure
Pushing down on me
Pressing down on you
No man ask for
Under pressure
That burns a building down
Splits a family in two
Puts people on streets

Um ba ba be
Um ba ba be
De day da
Ee day da, that's OK

It's the terror of knowing
What this world is about
Watching some good friends
Scream "let me out"
Pray tomorrow
Takes me higher
Pressure on people
People on streets

Day day de mm hm
Da da da ba ba
OK

Chipping around
Kick my brains around the floor
These are the days
It never rains, but it pours

Ee do ba be
Ee da ba ba ba
Um bo bo
Be lap

People on streets
Ee da de da de
People on streets
Ee da de da de da de da

It's the terror of knowing
What this world is about
Watching some good friends
Screaming "let me out"
Pray tomorrow takes me high and high and high
Pressure on people
People on streets

Turned away from it all like a blind man
Sat on a fence, but it don't work
Keep coming up with love, but it's so slashed and torn
Why? why? why?
(Love)

Insanity laughs under pressure we're cracking
Can't we give ourselves one more chance?
Why can't we give love that one more chance?
Why can't we give love, give love, give love, give love, give love, give love, give love, give love

'Cause love's such an old fashioned
Word and love dares you to care for
The people on the edge of the night
And love dares you to change our way of
Caring about ourselves
This is our last dance
This is our last dance
This is ourselves
Under pressure
Under pressure
Pressure

この1年もブログを読んでいただき感謝。

|

« DIY映画『大脱走』 | Main | 友達の出来やすい大学 »

Comments

へぇヽ(´▽`)/
チャリティーですか。
なんか急に大人になった感じがしますね。
てか、もう立派な大人なんだけど、お互い。

Posted by: MSK | 2009.12.31 at 11:41

MSK>そう、もうオトナなんだけど、でもある意味立派な子どものまま、みたいな気分でもあったりします・・・

Posted by: HOWE | 2010.01.01 at 22:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« DIY映画『大脱走』 | Main | 友達の出来やすい大学 »