« ジャンプ週間 | Main | 雑誌『Spectator』 vol.21「FROM OREGON WITH DIY」に、してやられる。 »

2010.01.04

雨色

「それはありえへんやろう」と思われるかもしれないが、
ついこの前まで、よく料理で言われる「タマネギをアメ色になるまで炒める・・・」というときの「アメ色」は、「雨色」だと思っていた。
雨の色ってなんじゃい! と思うかもしれないが、「雨水の独特の透明感・・・タマネギを炒め始めたときの、ちょっとテカった感じの色なんだろう」とかなんとか、子どものときからずっと思いこんでいたわけだ。

でも実際は日本の飴の色なんだよな。かなり茶色い。
つまりもっとタマネギは炒めないといけないわけだ。

そういう恐ろしいまでの思い込みは、ほかにもたくさんある自信がある。

|

« ジャンプ週間 | Main | 雑誌『Spectator』 vol.21「FROM OREGON WITH DIY」に、してやられる。 »

Comments

アメ色のアメって水飴の色だよねぇ(笑)
一休さんの和尚さんが大事に隠しているアレ。
昔から玄米とか麦芽で作るから透明の黄褐色になる。
それにしても雨の色って何色?

Posted by: T氏 | 2010.01.04 at 23:36

T氏>や、だから雨の色は「独特の透明感・・・・」です(笑)表現しつくせない深い色です(笑)。
考えてみたら日本の純粋な水飴って、たぶん僕はいままで触れたことがないですねぇ。べっこう飴とかはそういう系統かな。

Posted by: HOWE | 2010.01.04 at 23:42

でも、「雨色」てすてきですね♪♪

ちなみにわたしの勘違いは「目だし帽」を「めざし帽」だと思っていました。意味は・・・わかりません。

Posted by: くろねこ | 2010.01.06 at 19:31

くろねこ>あ!!ぼくもめざし帽だと思っていました。そして調べたら、デイリーポータルZでこんな記事が!
http://portal.nifty.com/2007/12/21/c/

Posted by: HOWE | 2010.01.06 at 23:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/47207223

Listed below are links to weblogs that reference 雨色:

« ジャンプ週間 | Main | 雑誌『Spectator』 vol.21「FROM OREGON WITH DIY」に、してやられる。 »