« 僕らに哀しみの俳句をつくれというのか | Main | この30分ぐらいのあいだに思ったこと »

2010.01.20

思想の勇気

昨日書いたブログの記事を読み返すと、ちょっとイキりまくっているところとか、感情的になっているところとか、はずかしい。
そんなことを思っていたら、今日読んでいた本にでてきた、哲学者ウィトゲンシュタインの言葉がヒットした。

「さて思想の代金は何によって支払われるのか。勇気によって、と私は思っている。・・・間違った思想でも、大胆にそして明晰に表現されているなら、それだけで十分な収穫といえる。」

ありがとうウィトゲンシュタイン。

しかしそれにしても、その他のところでウィトゲンシュタインの哲学に接近してみようとしても、やはり分からないのは言うまでもなく。

---

ロンドンで不覚にも壊してしまったわたしのデジカメが、修理からもどってきた。
海外旅行保険に入っていたので、修理代がおりたからよかったものの、やはり修理代2万2千円とかって高いよなぁ、と感じる。
「もう今後二度と粗末に扱いません、ごめんなさい」とデジカメに謝っておいた。

---

4cm×3cmぐらいの小さい絵を、ちょっとした額フレームに入れて飾りたい(あるいはフレームのふちがすごく太くて、置物のようにおけるような)のだが、どこかに適したものがないかどうか探し続けている。これはと思うものを発見された方はご一報を。それこそネットで探せばいいんだろうけど。


|

« 僕らに哀しみの俳句をつくれというのか | Main | この30分ぐらいのあいだに思ったこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/47348519

Listed below are links to weblogs that reference 思想の勇気:

« 僕らに哀しみの俳句をつくれというのか | Main | この30分ぐらいのあいだに思ったこと »