« ゴールキーパーはゴールを守るのではない | Main | わかりやすさのダサさ »

2010.02.11

バトンが消えた日

このブログの右側のサイドバーに「Archives」という表示があるが、一番したの「more」をクリックすると、このブログが今まで書かれてきた年月が表示され、いくらでも過去の記事が読めるようになっている。(その下は、記事を書くときにいつも振り分けているカテゴリー分類のリストも出てくる)

それで久しぶりに過去の記事を読んでみて、真っ先に感じたのは「昔は『バトン』をよく書いていた」ということだ。
最近はめっきり「バトンを書く」ということがブログ界において廃れてきている気がする。
でも逆にいうと「いつ頃からか、バトンがブログで書かれなくなった」という現象が、それもまたブームのように広がっていった、ということだろうか。
どうして一気にバトンを書く行為が消えてしまったのか。ちょっとした謎だ。
こういうのを「ティッピング・ポイント」というのだろうか。「あるアイデアや流行もしくは社会的行動が敷居を越えて一気に流れ出し、野火のように広がる劇的瞬間のこと。(マルコム・グラッドウェル)」

---

ちなみに過去の記事を読んで、はじめて気づいたけど、ブログをはじめたのは2004年の2月10日だった。ちょうど6年前。不思議な気分だ。


|

« ゴールキーパーはゴールを守るのではない | Main | わかりやすさのダサさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/47541440

Listed below are links to weblogs that reference バトンが消えた日:

« ゴールキーパーはゴールを守るのではない | Main | わかりやすさのダサさ »