« 前回の記事を受けて | Main | ニッチ狙い »

2010.10.03

『バグダッド・カフェ』を観たものの

長いこと「いつか観なきゃ」と思いながら、結局観ることがなかった映画のひとつがこれだった。

ようやく最近観た。気合いを入れて観た。

だが、

あまりピンとこなかった。

アマゾンのレビューをみてみると、多くの人々が情熱的に賞賛しており、
「心のきれいな人にしか理解できない」みたいなことも書かれていて
「むぅ、そうなのか・・・」となったり。

で、ついさっき、この映画がピンとこなかった理由のひとつが分かった。

「移動がない」のである。

この映画は、ひたすら砂漠のモーテルが舞台となっている。
移動のないなかで、ひたすら人間ドラマの機微を読み取らないといけないのである。
私には苦痛なんだろう、そういうのが(笑)。

や、なんでもかんでも、「移動のある映画」=ヴィム・ヴェンダースのロード・ムービー的なものが好きであると言い切るわけでもない。
(まぁ、でもやっぱり年に一回は無性に見直したくなる映画はヴェンダースの『都会のアリス』だったり『さすらい』だったり、あと移動距離でいえば地球上を飛びまくるロケ地獄の作品(笑)『夢の涯てまでも』だったり、思い切り長距離移動のありまくるダラダラ映画が多いわけで)


(↑ちなみに『夢の涯てまでも』はU2、REM、ルーリード、エルビスコステロ他、超豪華アーティスト陣によるサントラ盤がもんのすごく良い!)

さらにいえば、、
たとえば「同じ場所でじっくり話が展開する映画」だったら、『ダイ・ハード』だってそうだ、といま気づく(笑)
「ダイ・ハード」の第一作目は超高層ビルだし、一番好きな二作目は空港だ。移動がない。同じ場所だ。
でもあれはアクション娯楽映画として素晴らしいのであって、『バグダッド・カフェ』と比べたらそれこそファンに怒られそうだな。

でもこの発見から導き出された「アート的要素の強い映画の場合、『移動』があるかどうか」というのは自分なりの新しい評価基準かもしれない。

|

« 前回の記事を受けて | Main | ニッチ狙い »

Comments

ほな、今度見ますわ。

Posted by: ヒロポン | 2010.10.04 at 00:34

好きな映画です。が、理由は忘れました。サントラもあるのに・・・。

好きな作品には必ず「移動」があるという人が、私の近くにもいます。歩いたり旅行だったり・・・、景色が変わっていくのがいいとか。

Posted by: キョ | 2010.10.04 at 14:04

ヒロポン>どっち?『バグダッド』か『夢の涯てまでも』か?(笑)

キョ>おー、やはり移動フェチ(?)がいるんですね。なんかこう、旅映画って好きなんですよね。旅行はモロに移動がテーマだったりするんで。

Posted by: HOWE | 2010.10.04 at 22:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/49641237

Listed below are links to weblogs that reference 『バグダッド・カフェ』を観たものの:

« 前回の記事を受けて | Main | ニッチ狙い »