« 本『リトルプレスをつくる』 | Main | 『大差で送りバントするな』って言われても »

2011.05.09

『しらないとそん500』のことを思い出す

小学校のころ図書室にあって、何度も借りた本『しらないとそん500』のことを久しぶりに思い出した。
以前もこのブログでネタにしていたっけと思い、調べたら2005年のことだった(こちら)。
2005年当時の自分になかったコトバを通してあらためて説明すると、いうなればこれは「ライフハック本」なのだ。

子ども向けライフハック指南書。そう思えばいい。

やはりいろんな人がこの本のことを覚えていて、この本で書かれているさまざまなネタを紹介する(このようなページ)まで作られていて感心してしまう。「よごれた消しゴムは洗濯機で洗うとキレイになる」とか、それはまさに現代でいえば「ライフハック」である。それとか「画びょうの上からセロハンテープをはっておくと、画びょうが落ちない」っていうのもあったりして、今なら「そりゃそうだろう」とツッコミを入れたくもなったりする。あぁ、また読んでみたい。

というわけで、今の私が「ライフハックがどうの」ってこだわることとなった、その根源的な好奇心みたいなものは、この本からの影響力が無視できないのだと気づいた。
(それは同時に、物語とかを読むのが好きではなく、こんな実用的な本を何度も借りるという、功利的な志向を持った子供時代を過ごしていたことがうかがえて、微妙な気分でもある)

|

« 本『リトルプレスをつくる』 | Main | 『大差で送りバントするな』って言われても »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/51628424

Listed below are links to weblogs that reference 『しらないとそん500』のことを思い出す:

« 本『リトルプレスをつくる』 | Main | 『大差で送りバントするな』って言われても »