« バンドのように | Main | PLANET FOXY, Krafty »

2011.06.08

きりんカップの感想

昨日の日本×チェコは前半20分ぐらいから観ていた。
2試合とも0-0で終わったわけだが。

「チェフは、日本で観ると、あまり山崎先生にみえないのはなぜか」
ということをしばしば考えていたり(笑)
照明のせいなのか、なんなのか。

しかしチェフ、さすがと言えるスーパーセーブも披露していましたな。
チェルシーサポーターとしては微笑ましい気分でもありました。
間違いなく世界で3本の指に入るゴールキーパーであろう。
あ、チェルシーそのものは絶対世界で3本の指に入りそうもないが(笑)。

それはともかく。

今回のきりんカップにおける日本代表のテーマは、「3-4-3という新しいフォーメーションを試す」ということであったのは周知の通りである。
これは、3バックで守って、そのうちの左右のセンターバックがひっぱられてサイドに寄っていったとき、その反対のサイドにいるサイドハーフの選手(昨日の試合でいえば長友もしくは内田)が守備に下がって対応するという決まり事がある。つまり実質的には「やたら流動的な動きをする4バック」であると、個人的には理解している。
この3-4-3フォーメーションの利点は、「攻めに転じたときに、サイドで数的優位をつくりやすい」ということだ。
ただし昨日の試合でも、日本代表がサイドから数的優位にたって攻めたシーンがほとんどなかった。
なのでこのフォーメーションをめぐっては、今後も議論が続くであろう。

きっとザッケローニ監督は、現状の日本代表に長友と内田という攻撃センスあふれるサイドバックがいることを活かしたいという理由で3-4-3の導入を考えたのかもしれない。
ただし、いくらサイドを突破しても、ゴール前できちんとシュートがうてるストライカーなりフォワードがいるかどうか、がもっと大事になってくる。
そういう意味では、「日本代表って、サイドで数的優位を作ってゴールを奪うようなチームじゃないのでは」とも思うわけだ。

そこで私などはどうしても、トルシエ監督が手がけた過去の代表のスタンスに今でもこだわってしまいたくなる。
つまり「日本代表は、普通にやっても世界には勝てない」という悲観的な認識から出発したチームづくりだ。
「普通にやっても勝てない」ので、ではどうやったら勝てるのか。
そこでトルシエ監督は「フラットスリー」という守備戦術を叩き込み、そして攻撃面では「フォワードが点を取ることを期待しない」というスタンスを取ったわけだ。
「フラットスリー」については、今回は省略。
「フォワードは点をとらなくてもいい」というのは、まさに「点を取るだけがフォワードじゃない」という姿勢を公言していた柳沢敦の存在に加えて、トルシエが鈴木隆行というフォワードを「発見」したことで完成したスタンスであると私はみている。
もちろん、2002年W杯で鈴木隆行がベルギー戦で決めたゴールは、まさにフォワードの魂が炸裂した素晴らしいゴールであるが、しかし私にとっては、あのチームで鈴木隆行に一貫して期待されていた仕事は「ひたすら前線でボールをキープすること」であり、「あわよくばファールを誘ってセットプレーにもちこむ」ということだった。
そうしてゴール前でセットプレーをとれば、日本の誇る才能あふれる中盤、とくに俊輔やヒデによるフリーキックが待ち構えているわけだ。(なので最後の最後で俊輔をメンバーから外したのは本当に想定外だったが)

日本代表の「ゼロ・フォワード構想」。
当時からまことしやかに論じられていたことであるが、しかしこれと同じことを、一年前の南アフリカW杯で、最後の最後で岡田監督は選択したわけだ。そう、本田の1トップである。これは「実質フォワードゼロ」のフォーメーションだった。
そして鈴木隆行と同様、その見事なボールキープ力で本田はしっかり機能した。そして(デンマーク戦が顕著な例だが)フリーキックから得点を決めて勝ったのである。

2002年、そして2010年での「成功」を考えると、どちらも「ゼロ・フォワードの思想」がちらついてくる。
でもそれが日本的サッカーのありかたとして捉えられてもいいんじゃないか、という気がしている。
なぜかやたらフォワードが出てこなくて、そのかわりミッドフィルダーの良質な人材が次から次へと輩出される日本という国。だったらその強みを最大限活かしていくスタンスで勝負してもいいのではないか。
そうしてチェコ戦をみながら、ひさしぶりに「ゼロ・フォワード」について思いを巡らしていたわけである。

|

« バンドのように | Main | PLANET FOXY, Krafty »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/51892617

Listed below are links to weblogs that reference きりんカップの感想:

« バンドのように | Main | PLANET FOXY, Krafty »