« 名言カフェ/名言ソムリエ/アイデア・カフェ | Main | ギリシャのデモの生中継 »

2011.06.27

サッカー女子W杯もはじまったり

それこそ昨日書くべきテーマかもしれないが、サッカー女子W杯ドイツ大会がはじまって、いままさに日本が初戦のニュージーランド戦を闘っているところ。しきりに画面を見つつブログを書いている。

そんな今回のなでしこジャパンの特徴を解説するとなると、、、、


「珍しい名字の選手が多い。」


・・・ええ、
サッカーとあまり関係ないですね、はい。すいません。

でもたとえば先日からたびたびブログに書いている男子のU-22代表メンバーだと、珍しい名字ってせいぜい「清武」とか「扇原」ぐらいだと思うのだが、なでしこジャパンでは「岩清水」とか「上尾野辺」とか「近賀」とか「海堀」とか「山郷」とか、おそらく人生で2回は出会わないんじゃないかという名字が目立つ。
それこそ日本のキャプテン澤穂希だって、「澤さん」ってありふれてそうで珍しいかもしれない。
(ちなみに、穂希と書いて『ほまれ』と読ませるご両親のセンスの良さはすばらしいと思う)

そんなこんなで、なでしこジャパン。
サッカー的にいえば、やはり今回もキーパーソンは澤穂希なのである。5度目のW杯。エルゴラッソ紙を見ると「代表通算75得点は釜本邦茂と並ぶ」とあって初めて知った。すごいわこの人。なにより現役を続けていることがすばらしい。カズみたいなものでもある。
あとエースの永里優季は女子版のヨーロッパチャンピォンズリーグで優勝したポツダムの一員として、CLの6試合で9得点を挙げているわけで、これって男子にたとえたら、それこそメッシみたいな位置づけだと思う。
ということで、この日本代表は「カズとか釜本みたいなのとメッシみたいなのがいるチーム」だと思っていいと思う。そういうふうに捉えてみたら、強そうに見える。実際過去最高のFIFAランク(4位)で臨むW杯なので、もはや優勝を狙っていってほしい。とくに過去一度も勝てていないアメリカにどうにかして勝ってもらいたい。

あとルックス的にもタレントは多く、いま後半途中出場した岩渕真奈は高校生の頃から注目されていて、次世代のなでしこを名実ともに背負う人材として期待されているのだが、今回はその他にもタテーシ的にはディフェンダーでスタメン出場している鮫島彩を推しておきたい。まさにサメのように食らいつくディフェンスが信条(のはず)!

Sameshima_2
シャーク。

って、これを書いているそばで宮間がフリーキックをきれいに決めて2-1とリード! 昨年の南アフリカでの本田や遠藤以来の気分。

今日の試合は、澤が中央から縦のパスをたくさん通している印象。それができれば日本のパスサッカーは強いと思うので、あまり心配なし。
でも相手はロングボールを放り込みまくってきて、これはジワジワと効いてくる可能性もある。基本的に日本代表のウィークポイントは「体格差」だから、こういうパワープレイには気をつけたい。3戦目はイングランド戦。これも楽しみだが、試合時間が深夜なのが残念。

ちなみに今日、『サッカーの見方は一日で変えられる』という本を読んだ。
基本的な視点、ポイントの解説に改めて学ぶところが多い本だった。
よりサッカーの醍醐味を理解しながら楽しみたい人にはおすすめ。

ちなみに巻末付録的に収録されている、モウリーニョ監督がチェルシー時代に手がけた「対戦相手のスカウティングレポート」(新聞が特ダネで入手したものらしい)も興味深かった。そりゃあモウリーニョのチームは強いはずだわ。

|

« 名言カフェ/名言ソムリエ/アイデア・カフェ | Main | ギリシャのデモの生中継 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/52061838

Listed below are links to weblogs that reference サッカー女子W杯もはじまったり:

« 名言カフェ/名言ソムリエ/アイデア・カフェ | Main | ギリシャのデモの生中継 »