« スティーブ・ジョブズのこと | Main | あなたもわたしも99% »

2011.10.13

運送会社のドライバーがクルマ降りて荷物持って走るのはやめたほうがいいと思う

「きょうと小冊子セッション」、来週18日の開催をひかえ、今日はガケ書房と恵文社に納品に行ってきた。あらためて今回のZine『DIY TRIP』についてお褒めのコトバをいただいて感激する。
ほかにもいろーんな小冊子、Zineがあるので、ぜひ足を運んでいただければ幸い。僕のZineを買うかどうか迷った場合でも、サンプルで1冊置いてあるのでそれを読んで検討してみるのも手だ。
あと、このイベントが終わる頃ぐらいをめどに、随時ほかのお店などでも販売していただけるように努めたいと思っている。
そしてそろそろ当ブログでも「直接販売」を実施したい。こちらのほうもぜひ。

━―━―━

いつ頃からか、どの運送会社も街中でトラックをとめて荷物を持ったら、お届け先までダッシュするしきたりになってしまっている。

他社がやりだしたら、ウチもやらねば・・・ということで、全社必須業務のダッシュである。きっと。

あれは、

(1)ダッシュしないと仕事が追いつかないぐらい、現代の流通業界は大量の荷物をさばかないとやってられないから
(2)「うちの会社は、チンタラ荷物を運ぶような運送会社ではない」ということを街中の一般人に広くアピールするため

という理由のどちらか、あるいは両方があるからなのか。
それ以外の理由が思いつかないので、もしあればツッコミを入れて欲しい。

いずれにせよ、たとえば未だに我々のあいだでは、アマゾン・コムで注文した本が翌日には届いてしまい、そのことについて「怖いぐらい早いよねぇ」とか会話するような状況ではないだろうか。ついこの間も、私の身の回りではそういう会話が成立していた。
なので「もう十分、流通業界は軒並みスピード早いよ!」と言いたい。
とにかくもう、これ以上スピードアップすることが「良いことだ」というムードを作って欲しくないわけである。社会全体的に。
とくに暑い日なんかにあのダッシュをみると、むしろこちらの不快感が増すぐらいだ。

今日こんな話を書いたのは、さっき帰宅途中に、宅配業者がトラックから荷物をもって、届け先とおぼしき病院の入り口に向かってダッシュしていたら、思わず勢いあまって荷物を地面に落としたのを目撃したからだ。
しかも、その荷物は最近よくあるオフィス向け文房具の通販の品物と思われ、あれは最近簡易包装をするからダンボールではなくビニール袋に商品を入れてあったりするわけで、しかもよりによって中にプラスチック製の物体が入っていたようで、アスファルトに落ちたときの「カツーン!!」の音が響く響く。

それでも、まぁ、選択の余地はないから、ドライバーはその荷物をすみやかに拾ったあと、またダッシュするわけだ(笑)。
運送会社はスピードよりも荷物を大事にすべきだろうに。


|

« スティーブ・ジョブズのこと | Main | あなたもわたしも99% »

Comments

倉庫の中では放り投げてるらしいね。

郵便局では投げてるのを見ました。

Posted by: ヒロポン | 2011.10.14 at 00:14

ヒロポン>そういえばそんな話をむかしあなたから聞いたかもしれません。「ワレモノ注意」シールがないと、たいていはそういう扱いなのかもしれませんねぇ。

Posted by: HOWE | 2011.10.16 at 22:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/52984594

Listed below are links to weblogs that reference 運送会社のドライバーがクルマ降りて荷物持って走るのはやめたほうがいいと思う:

« スティーブ・ジョブズのこと | Main | あなたもわたしも99% »