« あかマルシェ:ありがとうございました&ダンタリオンさんのこと | Main | あかマルシェでの「即興でZineを1冊作ります」企画 その2 »

2012.11.27

あかマルシェでの「即興でZineを1冊作ります」企画 その1

予告通り、先日の「あかマルシェ」で、「あなたの好きなテーマでZineを1冊作ります」というのをやってみた。

いわば「出張Zine作家遊び」である。
1冊のZineを、与えられたテーマでその場でエイヤッと作って、表紙を作って綴じて、そして値段はお客さんに決めてもらうことにした。

ちなみに、今後また行うときのために、記録として「当日の現場に何を持って行ったか」を写真で残しておく。

R0057947
奥にあるのは電子辞書。右上はゴミ袋。一番右は普段ほとんど使わないペーパーボンド。

R0057949
紙類。表紙用と中身用。Zineをいれるビニール袋も。

R0057950
マスキングテープも持ってきた。

R0057951
アルミ製の、滑り止め付き定規「アル助」、そしてカッティングマットも。

R0057944
ブースにて、ずっと客を待つ。

R0057946
FOLK old book storeの吉村さんがいい笑顔で見守ってくれていた。

このように、たくさんの道具を用意して待ち構えていた。
が、やはりアートイベントのなかでこういう展開はあまり魅力的には見えなかったようで、何も起こらないまま昼頃を迎える。まぁ、確かにいきなり「あんたの好きなテーマをくれ! Zine書くから!」ってスタンスでブースに座っている輩は、好奇心よりもまず警戒心が芽生えるというものか。

そこで、一緒にブースを出していた蒼室寛幸さんが見かねて(?)、オーダーに応じてくれた。
ちょうど「サンプルとなるZineを作るべきか」と思っていたところだったので、試作品として作らせてもらった。

いただいたテーマは「年末」。
でもその数十秒後に、「やっぱり『動物』で」となった。

そこで出来上がったZineがこちらである。

※クリックすると画像が大きくなるよ

R0057953

R0057954

R0057955

R0057956

R0057957

R0057958

R0057959

R0057960

R0057961

R0057962

私はやはり桜玉吉の影響からは逃れられないな、と思う内容。

で、このZineを蒼室さんがものすごく気に入ってくれて、実際に買い取っていただいた。感謝・・・。

実際書いてみると1時間ぐらいかかった気分である。ちゃんと時間も計っておけばよかった。
そして、一瞬のアイデアだけで押し切っていくスタイルが妙に心地よかったりもする。

この日はこのあと、もう一冊だけ作る機会があった。それは次回の記事にて紹介。


|

« あかマルシェ:ありがとうございました&ダンタリオンさんのこと | Main | あかマルシェでの「即興でZineを1冊作ります」企画 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/56204964

Listed below are links to weblogs that reference あかマルシェでの「即興でZineを1冊作ります」企画 その1:

« あかマルシェ:ありがとうございました&ダンタリオンさんのこと | Main | あかマルシェでの「即興でZineを1冊作ります」企画 その2 »