« January 2013 | Main | March 2013 »

February 2013

2013.02.28

コルドバの市場で生ハムを買うおじさんに、人生のステキな秘訣を学ぶことについて

夕食のとき適当にテレビをつけたら、スカパーのフーディーズTVで『世界遺産の街 おいしい旅』というタイトルの番組をやっていて、その回ではスペインのコルドバのおいしいものを紹介するような感じで、何も特に気にもとめず、ダラダラと横目で観ていた。

すると、市場で生ハムを売っているお店が紹介されていて、白髪のおじさんが生ハムの固まりを買うところが紹介されていた。
おじさんは、家族4人で食べるとこの固まりだと1ヶ月半ぐらいでなくなるよ、この量だと50ユーロぐらいかな、自分でハムを切るときは指を切っちゃったりもするんだよねぇ、といった話をカメラの前でしゃべっていた。

や、ほんと、それはいたってフツーーーの光景であった。テレビ的にも。
市場に生ハム屋さんがあって、大きなハムの固まりがぶらさがっていて、そこに常連客とおぼしきこのおじさんが買いに来た、というだけのことだ。


しかしだ、なんとも言えない感情とともに、私は画面から目をそらせずにいた。


それは、とにかく、そのおじさん(とハム屋さんの店主も含めて)の、「基本的な陽気さ」に心奪われたからだ。

番組のそのシーン自体、とくにドラマチックでもなんでもない。よくある光景、よくあるシーン。そして特に変わった買い物をしたわけではない。そのおじさんは、きっと家族みんなが食べるいつものお気に入りの生ハムを買いに来て、そのときにたまたまテレビカメラがあったので、ペラペラとしゃべっている、ただそれだけだ。

それなのに、なんだろう、このスペインのおじさんの「基本的な陽気さ」の、途方もなく羨ましいほどの、強烈な印象は。
ハムを買いに来た、ただそれだけのことを、スペシャルなお楽しみのように、うれしそうに、にこやかに、カメラの前で語って聞かせる(買ったあと袋に入れてもらった生ハムについて『ほら、まるでテニスのラケットが入ってるみたいだろう?』とおどけてみせる)。

人生を、本当に楽しんでいるように見える人の笑みは、パワフルなエネルギーに満ちているんだなぁと。
なんてことない生活のワンシーンのなかにも、ほほえみと楽しさを常にたたえている生き方。
そしてそういうエネルギーに触れて、自分のなかにも取り込みたいと、素直に思う。

やー、なんか不思議なシーンだった。なんてことないテレビのワンシーンで、ここまで書かせるほどの笑顔とエネルギー。

そういう「基本的な陽気さ」ってどうやったら身につくのか。

・・・自分もいまから生ハムを買いに行けばいいのか?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.02.25

「手書きの威力」を思い知らされる

この数年、「ヌテラ」を食パンに塗って食べるのがお気に入りである。
以前ベルギーのホテルで、朝食バイキングの会場にこのヌテラが小分けのパックになってどっさり山盛りにしてあったのを見て、「こ、こんなミニ・バージョンのヌテラがあるのか!」と、思わず手づかみでたくさん取ってポケットに入れて逃げようかと思ったほどであるが、海外だとメジャーなスプレッドなんだろう。

ともあれ、このヌテラを食べきって、容器を洗って、ラベルをはがして・・・となったら、


R0060545


Becks2

な、なんか手書きでマルが書き込まれている!?

・・・や、それだけなんだが。
それだけではあるが、なんだろうこの落ち着かない感じは!!

たとえば、品質検査でラベルを貼る前に誰かが工場で「マルッ」とつけたのかもしれない。
っていうか、それ以外の可能性が想像できない。

ちょっとしたミステリー。

これが単なるハンコみたいな、機械的な丸だったら、なんの問題もなく、むしろ何も気づかずにゴミ箱へポイだった。

それがこの、あきらかに「手作業です」っていう見事なマル。

これがいわゆるあれか、「手書きの威力」ってやつですかフリーペーパー作者諸氏!?
(なんだそりゃ)



| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.02.24

Harukana Showが100回を迎えました&冷え取りについてしゃべらせてもらいました

イリノイ州のコミュニティラジオで日米からお送りしているラジオ番組「Harukana Show」が100回を迎えました。おめでとうございます!

そして99回目はタテイシが最近気になっている「冷え取り」についてしゃべらせてもらっています。ポッドキャストで聴けます。(こちら

このラジオで語るにあたり、はじめて自分にとって「健康づくりもある意味DIY精神なのだ」ということに気づいた次第です。あまりそういうことを言語化することがなかっただけに、「っああ! そうか、DIYなんだ、これは」となったわけです。

ちなみに、ラジオで話している「マーマーマガジン」の冷え取り特集別冊号はこれ。

そしれこれら一連の冷え取りムーブメントの教典みたいな元ネタ本はこれ。東洋医学的な内容です。

もちろん、これらを実践して病気がかならずよくなる保証はございませんのであしからず。ひとまず自分で調べて取り入れてみて、いろいろ自分にあうものを試していく・・・というスタンスで、よろしくです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.02.23

『福祉施設発!こんなにかわいい雑貨本』著者のオオタさんトークショーにいってきた

R0060547

友人のオオタさんが、『福祉施設発!こんなにかわいい雑貨本』(西日本出版社)という本を出された(おめでとうございます!)。きょう、大阪のジュンク堂本店でトークショーがあったので行ってきた。

この本は福祉施設で行われるものづくりの作業から生まれた、さまざまな雑貨を紹介するもので、たとえば画像を拝借すると

R0060548

「ギャル」って!(笑) これは中に布をはさみ込んだカードなのだけど、これなんかは著者のオオタさんが全人類に向かって「みんなこれを見て-!!」って叫びたいのであろう思いが伝わってくる逸品だ。

私がこの本でいいなと思ったのは、オオタさんは以前から「福祉」とか「障がい者」のことについて、特にコミットしてきた人でもないことだった。なので著者は、ただひたすら「かわいい」「面白い」「味のある」これらの雑貨の魅力をとにかく伝えたい一心で本を作ったのであり、それらの魅惑の雑貨たちが福祉現場で生み出されてきたことには、そこまで過剰な意味を押しつけない。このほどよいバランス感がいいと思う。

そしてトークのなかで、こうした雑貨の「セレクトショップ」を運営していくなかで、福祉の現場では「セレクトする」、つまり「選ぶ/選ばれない」というコトバが「御法度」のように扱われやすいことについて触れられていて、それは確かに今まで考えたことがなかった点だった。なのでたとえば「セレクトショップ」っていうコトバではなく、「レコメンド・ショップ」と言い換えていけば社会的にどうなるか、とかあれこれ思ったりした(実はちょうど、今さらながらC・アンダーソンの『ロングテール』をじっくり読んでいるところなので、まさにこの本のテーマともリンクする)。

そしてこの本があたかも「カタログ」のように、全国の魅惑的な福祉施設発の雑貨たちを紹介できているわけで、オオタさんがいうように、事業所によってはなかなかコンタクトがとれなかったり、どんなものが作られているかもまだまだ広く情報をキャッチしにくいようである。たしかに福祉の事業所は雑貨を売る専門の組織ではないから、情報発信にまで労力を割くわけにはいかないのであろう。なのでこれらの作品がさらに広く伝わるためには、別の側面からのサポートが必要になってくるのだろうなと思う。たとえば「通販」という形式を考えると、商品の供給が安定的にはいかないため、従来の通販雑誌の市場では取り扱いが難しくなってくるのだろうから、それ専門の「通販カタログ」みたいなシステムが近い将来できてくるのかもしれない(と思ってあらためてよく読んだら、福岡では『ariya』という情報誌があるようだ)。なぜなら、それだけ魅力的なグッズがたくさんこの世には作られてきているからだ。この本がそれをふんだんに伝えてくれているのである。



| | Comments (4) | TrackBack (0)

2013.02.20

消えたダイヤの行方よりも。

昨晩寝ようと思ったら、ツイッターで「東横線の渋谷駅で爆発騒ぎ」という旨のツイートがあちこちから発信されて、すぐNHKをつけたが何も報じられず、翌朝の7時のトップニュースでは「ベルギーの空港で宝石が47億円相当強奪された」という話が。「NHKの本部って渋谷にあるのに、なぜ報じない!?」とか釈然としない思いがあったのだが、さっき帰宅してあらためてネットのニュースを調べると、「カセットボンベの小さな爆発がツイッターで大騒動に」みたいなことのようだった(こちら)。

しかしだ、でもこれはやはり報じられるべきニュースだったと思う。というのも、爆発自体がどうのではなく、ツイッターの影響ってそういう意味ですごく「拡散力」があるよなぁ、という方面で。

だからやっぱり、日本に住んでいる人のうち、ベルギーの空港で宝石が47億円相当強奪されたことで日常生活に何らかの影響を被る人びとの割合と、ツイッターでちょっとした爆発騒ぎがあちこちに拡散して、それで何らかの影響を被る人びとの割合を比べたら、やはり後者のほうがより多いような気がする。

ところでそのベルギーの宝石強盗の事件をネットでみてみると、たとえばロイターの日本語版の記事だと(こちら)、

[ブリュッセル 19日 ロイター] 
ベルギーのブリュッセル空港で18日夜、機関銃で武装した男らが駐機中の飛行機からダイヤモンド120個を奪い逃走した。持ち去られたダイヤは総額5000万ドル(約46億8000万円)相当とみられ、宝石業界としては史上最大規模の被害額になるという。

とのことで、ここで注目すべきは「ダイヤモンド120個」という表記である。それってダイヤ1個平均3800万円かよ! と思うわけで、いやそれは絶対に違うだろうと思って注意深く調べたら、NHKや日テレNEWS24のサイトだと「ダイヤモンドの入った容器120個」と書いてあって、それだったらなんか分かる気がするわけだ。しっかりしろよロイター。

しかしいずれにせよ、1箱で平均3800万円の荷物を120個まとめて輸送するというのはかなり危ない作業であることに変わりはなくて、そりゃあ空港関係者に共犯者がいてもおかしくない話だろうし、もうちょっと依頼するほうも危険度を見越して分散させて運ばせればよかったものの。だってもし自分だったら、輸送を請け負う会社が「まとめて運びます」って言ってきたら止めさせるけどなぁ。これ引き受けた会社の勇気がなんだかすごいよなぁ、と変に感心してしまった。ほら、あの有名な「コカコーラの製法の企業秘密を知っているトップの2人は同時に飛行機に乗らないルール」みたいな話を思い出させるわけで。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.02.12

先週末のこと、いろいろ

ユリコフ・カワヒロさんの個展「eavesdrop ~聞き耳を立てたら~」のオープニングパーティーにお邪魔する。この日だったら夜遅く行っても作品が楽しめるとのことだったので行ってみた。大阪・土佐堀にできたばかりのギャラリーondoにて。金曜日の夜だったので通りがかった関西電力前ではこの日も寒さに負けず反原発デモをやっていた。

ユリコフさんの展示用の作品は、単にイラストを紙に描くのではなくて、同じ内容のものを別の色の紙にコピーして、パーツを切り取ってそれを下絵の上に巧妙に貼っていた。紙一枚分の立体感と、どこまでもフラットな色調が印象的。そしてこの展示では、以前からユリコフさんが実践していたという、「耳に入ってくる他人の会話のなかで『これは』と思う発言の断片をメモる」ことから集められた珠玉のセリフたちが、イラストの内容とは無関係に配置されていた。でも眺めているうちになんとなく、これらの会話とイラストとが絶妙にリンクしそうな雰囲気も想像されたりして、このセリフたちがいちいち味があって秀逸だった。よくもまぁこんな他人の会話を聞き得たものだと思える。こういうアンテナの張り方は見習いたい。考えてみたら街中をひとりで移動するときにiPodばかり聴いていたら、他人の発する面白いコトバはキャッチできないわけだよなぁ、と。

久しぶりにお会いしたユリコフさんには、F1のZine制作企画がなかなか進まないことに関する意見交換(笑)と、いつか自分の好きなサッカー選手をモチーフにオリジナルの絵画作品をオーダーさせてくださいとお願いした。

翌日は仕事で名古屋に少し滞在。
このチャンスに、以前からすごく行ってみたかったお店に行く。

R0060036

なぜか世界初、よりによって日本で、しかも名古屋の栄に、イタリアの名門サッカークラブACミランがプロデュースするイタリアンレストランがあるのだった。

でもだからといって「サッカー馬鹿のための店!」ではなく、驚くほど中身はフツーの無難なイタメシ屋なので、どなたでも利用しやすい店だった。

R0060056

ちょっとだけ店の内装にユニフォームとか写真とかが掲げられている程度。スタッフの人の一部がACミランのユニフォームを着ていたり。
たとえば自分がもしこの店のオーナーだったら、「ペペロンチーノ・インザーギ風」とかいうパスタだったり「シェフチェンコの気まぐれサラダ」とかいう名前のメニューを出したくなるわけだけど、そういうことも一切なく、きわめて普通の健全なイタリアンレストランなので、誰にでもお勧めできるお店であった。
たまたま入ったときには結婚式の2次会みたいなパーティーが横で行われていた。参加者の一部だけミランのユニフォームを着ていたので、ひょっとしたらサッカー好きの方たちだったのかもしれない。

R0060057
ミランのこのマスコットキャラクターが極寒の屋外で(うなだれるように)座っていて、この後ろ姿が食事中もツボだった。


出張から京都に戻った足で、100000tアローントコさんで開催された第一回「zinester afternoon 京都」へ。お久しぶりの野中モモさんに、『DIY TRIP』第二刷の完成を報告させていただく(このときのために、カバンのなかに『DIY TRIP』を数冊入れたまま出張をしていたのであった・・・)。そのあともいろいろな方にご紹介いただき、Zineをキーワードとした不思議な雰囲気のなかでトークを楽しませていただく。あぁ、自分も新しい作品をはやく作らないとなぁという気分が高まるのは言うまでもない。

あと100000tさんは以前のお店についぞ行けずじまいだったので、今回移転されたお店にはじめて行けたのもよかった。今度ゆっくり古本とCDを観に行こうと思う。以前このビルの1Fに、巨大オムライスで有名だったグリル・アローンがあって、その上のフロアに店舗を構えられたので、店の名前に「アローントコ」が加わったと店長さんが教えてくれた。すごい話である。

翌日は同僚タスク氏の新居や隣接するmizuix氏の新居にみんなで押しかけて、先日のライヴイベント「BUNKYO LOVE NIGHT」のスピンオフ企画で生まれた「BUNKYO GAME NIGHT」と銘打った、要は小学生ノリのゲーム大会。ナイトと名付けていたが集合は朝11時。ただもう、ひたすらにタスク家のみなさんには迷惑をかけてしまったと思う。何せ、これほどまでにみんなヒマ人だったのか、っていうぐらいの高出席率!!(笑) 

で、この日のために、あらためて買ってきたボードゲーム「スコットランド・ヤード」が、私の想像を越えるほどにみんなが食いついて真剣にプレイを続けてくれたので本当にうれしかった。

いろんなサイトでこのゲームの魅力を語りまくって解説してくれている。(こちら)など。

R0060107

よく考えてみたら私がこのゲームにはじめて出会ったのが小学校5年か6年のとき、ワタナベ君の家で遊んでいたときだったわけだが、ロンドンの地図がそのままゲーム盤になっているというこの「スコットランド・ヤード」の存在が、その後の私の「ロンドン好き」の遠因になっていたんじゃないかとすら思えるほどだ。

一回だけMr.X役になって逃げまくったのだが、無事に24時間逃げ切って勝った! 
・・・・とうれしがっていたわけだが、
今回もプレステではジロ氏に「ウイニングイレブン」で勝てず!(笑) もうこれだけは本気で悔しいのです(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2013.02.07

バリラのパスタ

R0060030

この、バリラ社のパスタが日本でもわりとあちこちで売られていることを認識したのは最近のことであった。
たぶん、以前からもあったんだろうけど、自分がそれに気づくアンテナがなかったのかもしれない。

ともあれ、最近はスーパーでこのパスタがあると
「お、バリラ。」
と嬉しい気分になる。

その理由は、本当にささいなことなのだが、
80年代後半から90年代初頭、このバリラ社の御曹司が、F1ドライバーをやっていたからだ。
名前をパオロ・バリラという。存在としてはかなりマニアックで、そんなにメジャーなレーサーではなかった。
でもまぁ、あの頃はF1ドライバーのあらゆる情報を吸収しまくっていたおかげで、「バリラはパスタメーカーの会社の御曹司」という情報はずっと自分の脳内にインプットされていた。

Baimages

それが最近になって、実際に日本でバリラのパスタを初めて認識したので「おおお! パオロ・バリラ、懐かしい!」という気分になって、つい買ってあげてしまうわけである。

最近どうしてんだろうと思ってネットで調べると、バリラ社の副社長みたいなことをやっているっぽく、さすがイタリア人といいたくなるようなダンディなオジさんになっていた。

Ba1308143067720_0

で、さらに調べると、じつはパオロ・バリラはレーサーとしてあくまでも自力でスポンサーを引っ張ってきていたようで、バリラ社から直接的に支援を受けてはいなかったとのこと。「うぉぉ、お坊ちゃま、なかなかやるやん!」と思った。いまさら、見直した。そのあたりはプライドがあったんだろうな。

そんなわけで、本当にささいなことではあるが、私の生涯において「せっかくの縁だし、パスタはできるだけバリラを買ってあげよう」というスタンスが形成されているわけである。

というわけで、みなさんもパスタ売り場でこのロゴのパスタをみかけたら、「あぁ、このバリラ社の御曹司は、昔F1レーサーだったんだなぁ」と想い出してあげてくれたら、なんだかうれしい。
(パッケージの深い青色がキレイだと思う。イタリアのナショナルカラーはブルーだからか)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2013.02.05

京都でジンスタアフタヌーーーン!

今し方情報をキャッチして、あいかわらず遅くてすいません、zinester afternoonが2/10に京都の100000tアローントコさんで開催されることを知りました!(こちら)。
この日のイレギュラーな仕事が終わったあと、なんとか間に合わせて行きたい!

------

そしてユリコフ・カワヒロさんの個展が大阪で2/7から!
こちら
考えてみたら今まで作品の原画を拝見したことがなかったので楽しみです。
一緒にF1グランプリのZineを作りましょうといって1シーズンが終わってしまいましたが(笑)。なんとかこちらも実現に向けて動きたいところです。

------

ブログ更新滞っていました。ツイッターではひたすら「ウインドウズ8がヒドイ、ヒドすぎる」とつぶやきまくっていて、つまりパソコンそのものを安定的に使うことができるかどうかを自問自答しながら必死になっていた数日です。ていうかこれからもあまり安心感をもって使えない感じです。

でも、ここで「古いOSに戻る」となると、それこそ老化がはじまるぞと同僚のタスク氏に諭され、あぁこれがひとつのふんばりどころなのかもしれないとか思ったり。

それにしても、予備知識なくウインドウズ8をインストールすると、まさか「最初の画面」と「いつものデスクトップ」が別々に存在しているとは思えなかったので、その時点で面食らう。あと電源の消し方が分かりにくかったりして、ネットで検索すると私のように右往左往してオタオタしている人がたくさんいるみたいで、なんだかなぁ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »