« ロンボン | Main | シサム工房でみつけた「とんがりルームシューズ」にグッときた »

2014.01.07

Googleはたまに、本当に、怖ろしく思うときがある

さっき食料品店でオリーブオイルを買おうと思い、いくつかの銘柄のなかから、イタリアのCIRIO社のオリーブオイルを選んだわけである。

CIRIO社のオイルを選んだ理由は、「そういえばCIRIOって、むかしイタリアのラツィオ(サッカークラブね)のスポンサーだったな、なつかしいなー」という程度の理由だった。

9900lazio_centenary_f
これね。

で、さっき、ふと思い立って、「本当にCIRIOはラツィオのスポンサーだったっけ」と気になったので、グーグルで画像検索をしたわけだ。

上記のようにユニフォームの画像を検索しようと思い、そのとき「たしか1999年-2000年シーズンあたりは、CIRIOはラツィオのスポンサーだったはずだ」ということで、グーグルの検索窓に、まず「99-00」と入力を開始したら、

いきなり、

Kowaiyogoogle

Di_canio\
「なんで99-00の検索語を入れただけで、グーグルが予測するフレーズに具体的なサッカークラブ名としての『ラツィオ』だけが表示されるんですかぁぁぁぁぁーーー!! 
こわいよこわいよなんだかこわいよーー!!」

となった次第。

や、ほんと、なんででしょうかね。グーグルはどうしてこの「ラツィオ」というコトバを予測してきたのか・・・(まぁ確かに、ちょうど99-00年シーズンはラツィオ創立100周年の記念年にあたるようなのだが、それにしてもこの予測ワードの登場の仕方が、かなり心臓に悪いよ!)

|

« ロンボン | Main | シサム工房でみつけた「とんがりルームシューズ」にグッときた »

Comments

同じように99-00で『ラツィオ』を検索する日本人が多いんじゃない?

Posted by: MSK | 2014.01.08 at 22:24

MSK>その可能性はどうなんだろうかねぇ。まぁギリギリありえる可能性として、サッカーのビンテージ・ユニフォーム収集が好きな人が、99-00年モデルのラツィオのユニフォームを調べる人が多いっていう可能性か・・・それにしてもそういう人少ないんじゃないか、とか。

Posted by: N.Tateishi | 2014.01.08 at 23:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/58903185

Listed below are links to weblogs that reference Googleはたまに、本当に、怖ろしく思うときがある:

« ロンボン | Main | シサム工房でみつけた「とんがりルームシューズ」にグッときた »