« Harukana Showポッドキャスト:今回はZING訪問談トークです。 | Main | ブログ10周年 »

2014.02.04

よく紅茶のティーバッグについてる小さいホッチキスは市販されていないのだろうか

最近では少なくなってきているが、いまでもたまに紅茶のティーバッグによっては、ヒモとバッグを留めるために小さいホッチキスが使われている。

よくよく考えたら、あのホッチキスはきわめてミニサイズで、もし使えるものだったら日常で使いたいサイズかもしれない。ほんの数ページしか紙を留められないかもしれないが、何かワンポイントでオシャレに使えそうな気がしないだろうか。

まぁ、限りなくニーズはゼロなんだろうけど、もしあったらあったで買ってしまいそうな存在感かもしれないぞ。

---

最近、ちょっとした時間つぶしに、目の前に文房具店があったのでしばらく店内をウロウロしていたが、電気屋とか服屋と違って、文房具店は店員さんが喋りかけてこないぶん、とても穏やかな気分で時間を過ごせる場所だということが分かった。

---

ちなみにそこで見たクリアファイルの商品群で、やたらいろんなカタチがあって、しかもすべて小さいサイズのバリエーションを揃えて勝負しているメーカーがあって、ここまでニッチなカタチやサイズでクリアファイルを作られると、つい意味も無く買ってしまいそうになるなぁと感心した。でもよくみたらそのぶん一つ当たりの値段が500円とか高かった。

たしかにそれぞれ「何に使えばいいか分からないけど、誰かの何かにとってはこれ以上なく素晴らしい便利なクリアファイル」なんだろうなぁと思わせる。そしてその用途があまり自分にとってはイメージできないときに、ちょっとした悔しさすら感じる。
たとえばライヴとか映画とかスポーツ全般において、そのつどチケットを記念にきっちり保管しています、みたいな人は、ちょうどそういうのに適したサイズの小ぶりなクリアファイルがあったりする。残念ながら私はコンビニで発券したようなチケットだと、惜しげも無く次々と捨てるタチだ。

---

それで思い出した。
HELADIVの紅茶で、最近この缶入りのやつが「やまや」で売っていた。
カラーリングにいろいろバリエーションがあって、思わず紅茶よりも空き缶ほしさに買いそうになった。

Heradiv

ただ、お店でみた瞬間に「何に使えるか!?」と考えても、往々にしていいネタが思いつかないのである。
そもそも缶に何入れるんだよ、と。

そうして数ヶ月たってなお、今も答えが見いだせていない。
思いついたら、すぐ買いに行く予定。
で、そのときにはすでに生産中止になっていたりとかするんだよな。

ちなみに「やまや」で買うHELADIVの紅茶といえば、たいていこれだ。
Heladivgb

ユニオンジャックのデザインをあしらったティーバッグで、もはやそのデザイン的な理由だけで選んでいるのだが、何より激安なのもポイントだ。安すぎておそらく風味的には話にならない紅茶なのだろうけど、ちょっと以前にも「紅茶の味が分からない」っていう記事を書いたとおり、私にとっては紅茶はそういうものなのだ、と最近思いつつある。

紅茶から文具の話をして、そこからまた紅茶の話にもどっていた。


|

« Harukana Showポッドキャスト:今回はZING訪問談トークです。 | Main | ブログ10周年 »

Comments

どうも。文房具大好きどっちぃです(笑)
紅茶のホッチキスってどれくらいの幅でしたっけ?
一般的なホッチキスって幅が9ミリ程ですよね。
私も一時期すごく欲しかったんですが、イタリアメーカーのステープラーに幅7ミリ程の針を使うものがあります。
「Zenith 548」という商品なんですが、針の幅もさることながら留め方が「内留め(針が内側に向けて折れる=一般的なホチキス留め)」と「外留め(針が外向きに折れる)」の両方できるのが魅力的なんです。
でも…お値段が1万円程するのと案外重たい。
針が手軽に手に入らないというので断念しました。
DIY工具のタッカの方が実用的かも…なんて考えたら買えなくなってしまいました(笑)

一度検索してみて下さい。形もいい感じですよ♪
※針が小さいわりに本体は大きいです(笑)

Posted by: どっちぃ | 2014.02.05 14:43

連投失礼します。
文房具ネタにテンションが上がって検索してみたらお手頃なのを発見しました(笑)

こちらは6ミリ幅のようです。
品番等がイマイチわからなかったのでURLを貼っておきます。

http://littlebee.shop-pro.jp/?pid=17390578

Posted by: どっちぃ | 2014.02.05 15:03

どっちぃ>さすがやねぇ~、たしかに小さいのって売ってるんですな。たぶんこのサイズぐらいが市販できる限界なのかも。
ゼニスって、大きいホッチキスを探していた時期にネットでみつけてむちゃくちゃ欲しくなって以来、気になっているメーカーです。まぁ、おっしゃるとおり「針が追加で手に入りやすいかどうか」は大きいですね。

Posted by: N.Tateishi | 2014.02.05 20:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference よく紅茶のティーバッグについてる小さいホッチキスは市販されていないのだろうか:

« Harukana Showポッドキャスト:今回はZING訪問談トークです。 | Main | ブログ10周年 »