« February 2014 | Main | April 2014 »

March 2014

2014.03.29

いまさらだが神戸開催がもうすぐ終わる「ターナー展」がとてもよいのである。

4月6日に終了する神戸市立博物館での「ターナー展」がとてもよかったのである。あまりにグッときたので、終わる前に明日また観に行くつもり。

ロンドンのテート・ギャラリーの収蔵品のなかから、今回は想像以上に良い作品がワールド・ツアーで回ってきていたのであった。『月光、ミルバンクより眺めた習作』は、あらためて観ると本当にそこに月の光が照らされていると感じさせ、「これは、ヤバイ!」と唸ってしまった作品。
Milbank_2


あと『ヴァティカンから望むローマ、ラ・フォルナリーナを伴って回廊装飾のための絵を準備するラファエロ』の大きな絵は、こうしてあらためて見るとなんとも言いようのない、ノスタルジーと開放感と、ちょっとした切なさみたいなものが混じって感じられる不思議な作品だと思った。
F13090901b
↑この構図がそうさせるのか、なんだか不思議な安らぎと高揚感を覚える。

あと今回の展示で一番最後に掲げられている作品、図録集の表紙にもなっている『湖に沈む夕陽』は、まさに音楽で例えれば「シューゲイザー・ロック」です、爆音ギターの恍惚感。

Recommends_0006_02
繊細な風景画も魅力だけど、(たとえ未完成の可能性を残していたとしても)このようなシューゲイザーの爆音的な粗っぽくもファンタジーを喚起させる世界観も描ききるのがターナーの魅力かと。

で、美術史には疎いので、さすがに今回あらためてちょっと「お勉強」をしてみてターナーのことをちゃんと知ろうと努力してみた。そこで感じ入ったのは、ターナーが風景画を描くまでは、あまり風景画というのは絵画の世界では重要視されていなかったみたいで、そしてさらに当時新しかった蒸気機関車なども題材に取り上げたりするターナーは、当時の価値観でいえば異端でもあり、冒険野郎でもあったわけだ。確かによく考えてみたら、今の僕らにとっては違和感がない「古い時代の風景」ではあるが、それが描かれた当時においては、写真のように「今っぽい風景」でしかないわけで、それが重量感のある評価を受けるには相当な難しさがあったのだろう。

なのでターナーが「いままさに自分が歴史を作り、歴史を残していくんだぜオーラ」をまとって創作に打ち込んでいた姿を想像するわけで、「いかに売れるか根性」をもって、あの手この手を駆使して、画壇における自分の作品の位置づけを高めていったか、ということも興味深い部分だ。

たとえば荒波の観察をすべく、船員に頼んで船のマストに自分の体をくくりつけて、ひたすら大波にゆられたことがあるなんてエピソードも、まるでバラエティ番組の若手芸人ばりの体の張り方である。「売れるためにはここまでやるぞ根性」としても捉えられるわけで、そういうヒューマンな部分っていうのが分かると、1枚の絵にたいする鑑賞者としての自分の見方や角度みたいなものも少しずつ変わっていくようで面白い。

あとターナーは、自分がずっとお手本にして尊敬してきたクロード・ロランの絵と自分の絵を並べて展示して欲しいと遺言に残したらしく、ロンドンのナショナルギャラリーでは今もその遺志を受けてそのように展示してあることも今回初めて知った。そんなオシャレな事情があったとは。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.03.22

考えてみたら「笑っていいとも」を生放送で視聴できる最後のチャンスだったかもしれず、そんな日のゲストがよりによって安倍首相だったこと

よりによって『うさぎ!』の連載をしている小沢健二がテレフォンショッキングに出て、その次の日のゲストが安倍首相だったことはオザケン的にどう思ったか。

よくよく考えたら祝日だったので「いいとも」の放送を生で観られる最後の日だったわけで、そこにあわせてテレフォンショッキングに安倍首相がくるという、まぁ、とにかく、「狙い通り」だったのだろうけど、何とも言いがたい展開だった。

タモリさんが「政治家はバラエティをバカにしていませんか」って聞いていたけど、それは意味の無い質問だったと思う。バカにできないからこそわざわざこんな舞台設定を整えて首相が出演したがるわけで。聞くべきは「政治家はバラエティ番組をみる国民をバカにしているでしょう?でもそれでオッケーなんですよね?」だった。首相が「いいとも」に出る行為のなかにその答えもあるわけで。

タモリさんも本当は違う話がしたかったかもしれないが、終始無難な話で推移していくし、この「やりきれなさ」のなかでこの国民的番組がフィナーレに向かっていったことを記憶に留めなくてはいけなくなり、なんだか悔しさとガッカリ感が残ってしまっている。

---

さっきネットのニュースで「踊る客室乗務員に当局が警告、インド格安航空」っていうのがあって、まぁ副操縦士がスマホでダンスの様子を撮影していたのは確かにマズイとは思うが、私としては徹底したコスト削減が必須の格安航空会社であるにもかかわらず、わざわざプロのダンサーを呼んできて乗務員にダンスの訓練をさせていたというヒューマンな部分を評価してあげたい気分でもある。

そしてそれ以上に、このニュースをみるまで「スパイス・ジェット」なる名前の航空会社があることを知らなかった。このストレートすぎる名前のインパクト。日本だと「お米航空」みたいなフィーリングか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.03.13

各都道府県でミスドが人口にたいしてどのぐらい店舗があるか、つい調べたくなった

しばしば、急に、ミスタードーナツのオールドファッションとか食べたくなる。
歩いて5分とか10分以内の近所にミスタードーナツがあったら、かなり頻繁に通う気がするなぁ、とふと思った。しかし幸いなことに(?)そういう環境ではなかった。

そこで思い立って、自分が住んでいる地方の店舗数をミスタードーナツのホームページで調べたら、想像以上に少なかった。

そして各都道府県の店舗数もそこで簡単に分かったので、それならばと、総務省のページから都道府県の人口統計を調べ、人口比でどれぐらいになるのかを計算してみたのが下のリストだ。上位に来るほど「ミスド密度」が高い都道府県になる。

こういう思いつきもネットとエクセルを使うと5分ぐらいですべての計算が完了したりするので、便利な世の中である。

(都道府県名につづく人数は「この人数あたり1店舗」という割合。そのあとの店数は、その都道府県すべての店舗数)


石川県 61211 人 19 店
福井県 61462 人 13 店
奈良県 63182 人 22 店
沖縄県 67096 人 21 店
北海道 76902 人 71 店
大阪府 77009 人 115 店
福岡県 82017 人 62 店
和歌山県 82334 人 12 店
三重県 83637 人 22 店
宮崎県 86616 人 13 店
愛知県 88417 人 84 店
秋田県 88584 人 12 店
広島県 89000 人 32 店
山口県 89438 人 16 店
兵庫県 89855 人 62 店
大分県 91154 人 13 店
長崎県 93867 人 15 店
滋賀県 94334 人 15 店
愛媛県 94334 人 15 店
熊本県 95106 人 19 店
山形県 96000 人 12 店
京都府 97223 人 27 店
岐阜県 98143 人 21 店
鹿児島県 99412 人 17 店
群馬県 99600 人 20 店
埼玉県 100167 人 72 店
岩手県 100231 人 13 店
宮城県 101087 人 23 店
千葉県 103250 人 60 店
福島県 103264 人 19 店
青森県 103847 人 13 店
佐賀県 105375 人 8 店
富山県 108200 人 10 店
香川県 109889 人 9 店
神奈川県 110574 人 82 店
東京都 111177 人 119 店
新潟県 111762 人 21 店
鳥取県 116400 人 5 店
静岡県 116719 人 32 店
茨城県 117720 人 25 店
島根県 117834 人 6 店
山梨県 121715 人 7 店
長野県 125412 人 17 店
岡山県 129067 人 15 店
徳島県 129334 人 6 店
栃木県 132800 人 15 店
高知県 150400 人 5 店

北陸の2県が1,2位であった。そして自分が住んでいる場所は、予想に反してちょうど中位ぐらいだった。で、私が生まれ育った奈良県が3位にランクインしており、「そうか、だから今まで自分はミスドがそこらじゅうにあるような気分で生きていたのかもしれない」ということに気付いたのであった。

東京があんがい下位にあって、人口の多さに比べてそんなに豊富にミスドの店舗が供給されているわけではなさそうだ・・・うん、まぁ、大都会だとミスド以外にもいろいろ選択肢が豊富なんだろうけど!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2014.03.09

マグロに親近感

Charliestuna

はじめて観たときから、他人とは思えない気分にさせるこのマグロ。
「チャーリー・ザ・ツナ」という。

アメリカのスターキスト社による、ツナ缶のCMキャラクター
50年前からずっと活躍しているそうで。
なぜマグロがベレー帽にメガネなのか。そのツッコミどころを残しながらの50年。

---

今日のmsnのニュースで、

F1engine

HONDAの新型除雪マシンに「FIエンジン」というのが搭載された、っていうそれだけのニュースなのだが、この見出しを目にして「FIエンジン」を「F1エンジン」と読み間違え、「HONDAマジかぁぁー!!? 除雪機にF1エンジンって!?」と思って記事をクリックしてその間違いにずっこけた人はワタシだけではないはずだ。たぶん。

や、だって、ホンダなら実際やりかねない、こういうチャレンジャーなこと。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.03.04

アイルランド土産のポストカードに軽く衝撃をうけた件

アイルランドの田舎の郵便局で見つけたというポストカードをいただく。

このような写真が、裏面に何も説明書きがなく、印刷されていた。





























R10017744
(クリックしたら、グググッと拡大)

この背景の石垣があることで、かろうじて
「あぁ、アイルランドって感じがするね・・・」
と言える・・・

・・・・が、

もしこの石垣がなければ、いったいこれのなにが
「アイルランド・How Ya!」
なノリになるのか。

(確かにこういうフレンドリーなオジさんが多かったことは、これをくれた方が述べていたが・・・)


しかも乗っているバイクはいかにも郵便局でも使われているような、日本のHONDAのカブじゃないかと。

Postkabu

ひょっとして「郵便局つながり」だったりして、もしかしてこのオジさんが地元の郵便局長とかで、「これでアイルランドの旅先から、ふるさとにポストカードでも送ってもらおう」とか考えていたのかもしれない・・・が・・・果たしてこのカード、どこまで売れていたのか。

謎は深まる。でもこういうノリの人々が生きている国、素敵だと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »