« 小山健さん『手足をのばしてパタパタする』を読んでジタバタしてみる | Main | 「棒倒し」という競技について教えてもらい、驚愕する。 »

2014.06.02

スポーツの応援で使うような大きいパネルを、持ち運びしやすいようなフレーム式で作ってみてはどうか

あまり日常生活では役に立たないが、とにかくDIY的なネタ。

スポーツ観戦のときなど、大きいメッセージボードを持って行きたい場合、板状のまま持ち運ぶのはやっかいである。

そこで私が考えたのは、

Dr0018489_6

土台となるフレームを「田の字」になるように分解可能にして、現地で組み立てるという方式だ。
フレームが合わさるところにマジックテープを貼り付けてある。

そして、この場合だと横長のフレームの部分が前面にきて、デザインされた布や紙に接するように、マジックテープの「ギザギザしている部分」と「ふわふわしている部分」が合うようにセットされている。

Dr0018489_5

布を貼ることを念頭に考えたので、マジックテープを使って固定するスタイルをとっているが、紙の場合はそのままメンディングテープとかで固定してもいい。
大きい布への印刷サービスもネットで探せばわりと手頃な価格でやってもらえる。

Dr0018489_2

素材は、たいていのホームセンターで必ず売っている「プラダン」だ。プラスチック製でダンボール状になったもの。

これだと加工もしやすく扱いやすい。軽量だしそれなりに丈夫。
現地で組み立てるときに迷わないように、マジックペンで「真ん中」「左」「右」とか目印になることを書いておくといい。

Dr0018489_1_2

フレームをこうして分解したら、それなりに持ち運びやすくなる。

この方式の隠れた利点のひとつは、ヒモを通せば、首にひっかけることもできることだ。一人でボードを掲げたいが、両手がふさがるのも面倒なときに良いだろう。やったことないけど。

なお、マジックテープはそんなに大きく貼らなくてもいいだろう。軽く合わさるぐらいがちょうどいい。
この最初の作品は、ちょっとマジックテープを多めに使いすぎて、ちょっと面倒くさい。

あと保管するときに、マジックテープが不用意に他の布製品に付いたりしないように気をつけること。


|

« 小山健さん『手足をのばしてパタパタする』を読んでジタバタしてみる | Main | 「棒倒し」という競技について教えてもらい、驚愕する。 »

Comments

フレームはプラダンでしたか。
気づきませんでした。

布地の印刷画はやはりイラストレーターじゃないと
駄目なんでしょうかね?

研究を進めて、8月あたりから投入してみようと思います。

Posted by: M.フィオリオ | 2014.06.02 at 21:30

フィオリオ>前に会ったときにプラダンって何度も言ってたはずですが、酔っていたら忘れていたのかもしれませんな(笑)。布の印刷ですが、Wordとかで入稿しても大丈夫だと思います。大きいサイズに合わせて作るのが面倒かもしれませんが。

Posted by: N.Tateishi | 2014.06.02 at 21:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/59749217

Listed below are links to weblogs that reference スポーツの応援で使うような大きいパネルを、持ち運びしやすいようなフレーム式で作ってみてはどうか:

« 小山健さん『手足をのばしてパタパタする』を読んでジタバタしてみる | Main | 「棒倒し」という競技について教えてもらい、驚愕する。 »