« September 2014 | Main | November 2014 »

October 2014

2014.10.26

シルクスクリーン印刷用のスキージ(ヘラ)を専門業者さんで作ってもらったら、格段に使いやすくて感動した件+無料サンプルが嬉しかった件

この秋以降、ひさびさにTシャツ等にシルクスクリーン印刷をガンガン施しまくることになったのを契機に、あらためてシルクスクリーン印刷についていろいろ調べていると、兵庫県尼崎市にある「三協転写」という、まさにその道でひたすら業務に邁進してるんやで的なすごい名前の会社のホームページに行き着いた。
サイトは(こちら)。

ずーっと前から、市販されているスキージ(ヘラ)よりも格段に短いサイズのスキージを探していて、いっそ自分でスキージをカットして自作しようかと模索していたのだが、このサイトで「スキージのサンプルを無料でさしあげます」なんてことが書いてあって、即申込み。

すると速攻でやってきたのがこれ。

R0024808

短辺が2cmほどのサンプルなのだが、何より私はまさに2cmほどの超極細のスキージがずっと欲しかったのである。
なので、「これこそが欲しかったんよおお! ありがとう三協転写さんんん!!」っていう気分になったが、ここまで嬉しいとサンプルだけもらっておくのも気が引けたので、せっかくなのでオーダーを受け付けている最小サイズの5cmのスキージ(ポリウレタン硬度90)を別途注文してみたのである。

それがこちら。

R0024807

まさに職人さんが作るハンドメイドのスキージなのである。

木の部分とパーツの接合部分にかけて全体にニスが分厚く塗ってあるので、水洗いをしても大丈夫。
白いプラスチックの板のところに見える丸いシール部分のところには、内側にマグネットが入っている(はず)。これにより、インクがついたままのスキージをいったん置いておくとき、作業環境を工夫すれば、鉄の部分にスキージを貼り付けて保管することができる。宙に浮かせてスキージを待機させることができるのは便利かもしれない。
別に宙に浮かせなくても、この写真のように横向きに自立するので、これだけでもインクをつけたまま置いておくには十分便利だったりする。

そして従来使っていたスキージとは違って、堅くて角張った先端部分が果たしてどうなのかと思ったのだが、これが非常にキレイに転写できるのである。サイトにも「インクの層をうすくするためにはゼッタイこれ。」と解説されているが、たしかにゼッタイこれ! これゼッタイいいよ!! と感じた次第。

たとえば大きい図柄の印刷で、部分的に色が乗らない場合があるが、そのときにこのスキージに持ち替えて、部分的に細かく修正がきくようになった。
もっと早くこういうのを使っておきたかった! と思った次第。

というわけで宣伝風になってしまったが、スキージでお悩みの方々にはぜひプッシュしたい逸品。
三協転写のスキージのページは(こちら)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.10.25

初の個展「ひとりZINEフェス展」および「古雑誌を使った封筒づくりワークショップ」を大阪・北浜のFOLK old book storeさんで11月にさせていただきます

大阪・北浜のステキな古本屋&カフェ、FOLK old book store & restaurantの店長吉村さんと、以前から「お店で売ってる古雑誌を使った、封筒づくりワークショップをやりたいですね」という話をさせていただいて・・・そして先日その打ち合わせにいくと、吉村さんから、ワークショップだけでなくお店の壁面を借りて展示イベントもやりませんか、というご提案が。

思わぬかたちで、初の「個展」をやることに。

で、手書きフリーペーパーのようなフライヤーを2種類つくってみました。個展用と、ワークショップ用。

R10024782

この中身のページについては、すでにFOLKさんのホームページで公開されています。なので、
ぜひFOLKさんのブログページをごらんください
→(こちら!!

なお、手書きで書いた地図ですが、さきほど吉村さんから来たメールで「向かいの交番は移転しています」とのことで、さっそく誤植発生です! 先日FOLKにいったときには、以前と変わらず交番があったような気がしていたので、そこはまったくノーマークだった!

あらためて地図は(こちら)よりご確認ください。

目下、展示物製作にむけて準備中。ひたすら。
こういう「絶対的な締め切り」が発生するおかげで、旅の写真をまとめた冊子を急ピッチで制作中!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.10.24

梅田クアトロでナカコー(中村弘二)のライヴをみる

ソージロー氏にチケットをとってもらって、20時開始のライヴにいく。この「20時開始」っていうのが、まさに我々世代に向けた「仕事帰りに来いよ」というサービス精神を感じさせた。でも実際は若いお客さんのほうが多かったと思う。

そしてソージロー氏にとっては、スーパーカーの曲をナカコーが生で披露する状態をはじめて観ることとなったわけだ。私にとっても考えてみたら10年ぶりぐらいなのだが、とにかくこのライヴ、ナカコーは積極的にスーパーカー時代の曲を想像以上にやってくれた。このサービス精神・・・しかもMCも一人でこなし・・・私からすれば「あぁ、お互い年齢を重ねるとヒトも変わるのかもしれない」なんて思ってしまったほどだ(笑)。

それにあらためてナカコーをじっくりみると、「このヒトこんな人相だったっけ」と思わせた。ちょっと前のLAMAのライヴのときはそんなことあまり思わなかったが、ナカコーは自分が思っているよりも目が大きくてマユゲが太くて、ちょっと油断すると野村義男みたいだと思った。ギタリストだけに! こうしていつかまた私はナカコーを観るたびに、同年代としての年の取り方みたいなものを意識し続けることになるのかもしれない。

そして今回、スーパーカー時代の曲をライヴで演奏するという試みをよりいっそう興味深いものにしていたのは、サポートのギタリストとして田渕ひさ子が演奏していたことである。当初私は平日夜のこのライヴにいくかどうか迷っていたのだが、ソージロー氏が「田渕ひさ子がスーパーカーの曲を弾くんですよ!?」と言ってきて、そのコトバで心が決まったぐらい、我々にとっては今日のポイントのひとつはそこだった。「田渕ひさ子の角度からあらためて味わうスーパーカーの楽曲」ということで、もしかしたら二度とないことかもしれないし、でも出来れば調子乗ってまたやってほしい気もする。いやホントかっこよかった。

なので本来はナカコーのソロライヴではあるのだが、思わず我々は「ぶち子-!」コールをしてしまっていた(ていうか全般的になぜかお客さんが総じておとなしかった)。

で、いいタイミングでソージロー氏が「ぶち子ちゃぁぁ~ん!!」(←ルパン三世の『不二子ちゃ~ん』風に)と叫んだら、本人も虚を突かれたようになって笑っていたのが今日の個人的なハイライトだった。

このツアー、明日は名古屋クアトロ、30日は東京のリキッドルームで行われる。スーパーカーだけでなく今までのソロやLAMAや最新作からもすごくいい曲ばかりだったので、またこういうノリでライヴを観たいと心底思った次第。ナカコー、元気そうでよかった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.10.12

シャムキャッツ presents 『EASY』に参加させていただきました!

シャムキャッツ Presents 「EASY」にて、ZINE SHOPに参加させていただく! たのしかったぁぁ。
なんかこう、ブースの内側から、時間の流れとともに移ろいゆくお客さんの流れとかを見ているだけで飽きなかった。鉄道旅行の車窓みたいな感覚。

R10024688

そして鉄道の旅のごとく、今回のZINE SHOPのブースの配置は列車に乗りあわせるようなタイミングで居並ぶこととなり、左隣はSTOMACHACHE.さん(チャットモンチーのロゴを描いた方々だ!)、右隣はサヌキナオヤさん(シャムキャッツの『AFTER HOURS』のアートワークを手がけた方だ!)が座られていた。こういうひょんな巡り合わせで長い時間をご一緒できたことは貴重な経験だった。

そうして流れゆく車窓の景色のようなお客さんの動きのなかで、一瞬だけ見慣れた「光景」が現れたりする。遠方から駆けつけてくれたヒロシ氏はかなり久しぶりの再会となった。熱心な音楽ファンとして今回の「EASY」の出演バンドの多くを以前からチェックしていただけあって、このイベントをフル回転で心底楽しんでいる様子にこちらもうれしくなる。出番を終えた直後のAwesome City Clubの方々に思い切って声かけて一緒に写真に収まっていたりして、ちょっとうらやましかった(笑)。
そしてM・フィオリオ氏も忙しいなか会場に足を運んでくれて恐縮。(じつは昨晩も浦和駒場スタジアムなんていう場所で顔を合わせていたのだが・・・ 笑)

驚きに近い初対面だったのは「世田谷のニック・ホーンビィ」を目指しているという(!)コマツさん。彼は熱烈なファンとして、グラスゴーのバンド、ベル・アンド・セバスチャンについてのZINEを作ったのだが、そのなかでZINEを作るうえで私の『HOWE』や『DIY TRIP』が参考になったと書いてくれていて、今回そのZINEを私にプレゼントしてくれた。光栄っす!!

ZINEのタイトルは『DIRTY DREAM #502』。とても丁寧に作り込まれている一冊。
Dirtydream
このZINEで、映画『(500)日のサマー』でもベル・アンド・セバスチャンが出てくることをはじめて知らされる。ズーイー・デシャネル嬢の演じるサマーが卒業アルバムの寄せ書きにベルセバの歌詞を引用して書く、っていうエピソードがあったそうなのだが、まったく記憶にない。「この映画はベルセバの映画だ!」とまでZINEでは書かれていて、あらためて映画を見直したい気分になる。こういうところで情報と情報がつながっていくのが面白い。あとネットで調べたら、ベルセバのアルバムジャケットのデザインがどれもそれとなく統一感のあるテイストが徹底されていて、自分もじわじわと興味をかきたてられていった。

で、
今回はじめてこういうイベントの場で売り出してみた自作Tシャツ、最初の1枚はコマツさんが買ってくださった。
そしてその後、2枚のTシャツを、元気で可愛らしい女子2人組が買ってくれた。やたらシャツを気に入ってくれたのでうれしくなった。しかも音楽イベントゆえに、彼女たちは買ったシャツをすぐにライヴに備えて着用して、またその姿を見せに来てくれたのが感動した。お願いして写真を撮らせていただく。

Blogyou

2人とも花柄のボトムスがまたオシャレで、そしてTシャツにもうまく合っているように思う。自分のつくるデザインのシャツを、こうしてステキな女の子がうまく着てくれると、ZINEとはまたひと味違った楽しさを覚える。自分が作ったものが、自分ではできないやり方で、より輝いてくれる感じ。

そうして、長い一日のおわりはシャムキャッツがステージにあがる時間となり、お客さんもZINE SHOPにはほとんどいなくなったため、周りの方のサポートもいただき、ライヴの後半を2階席から観させていただくことができた。ボーカルの夏目さんが器用なステップで移動しながらギターを弾いている姿がサッカーの技巧派ドリブラーみたいで印象的だった。そして『AFTER HOURS』に収録の『TSUBAME NOTE』はギターの菅原さんが歌っていることをこの場ではじめて知ったり・・・最近の音楽シーンを何も知らないままの私に、このような機会を与えてくれて、そして最後の最後でステージ上で迫力をもって音楽のパワーをぶつけて、叫んで、奏でまくって見せてくれたシャムキャッツのみなさんには本当に感謝。ぜひまたこういう貴重な機会が得られればと願う。

そして『DIY TRIP』でも書いた思い出深いバンド、ディアフーフが冬に来日するのだが、奇遇にも京都・磔磔での公演はなんとシャムキャッツとの対バンとなるようで、こんなシンクロニシティな出来事はスルーできない。ぜったいに行くつもり。

<追記>シンクロニシティといえば、ちょうどこの日の朝、渋谷に向かうべく、ホテルを出て西川口駅まで向かう途中、道の向こうから歩いてきたのがONLY FREE PAPERなどの活動で知られる石崎さんだったので心底びっくりした。こういう見知らぬ都会の片隅で知っている顔に出会うと私は本当にオーバーなほど騒いでしまうのだが、こういうシチュエーションに慣れっこなのか、石崎さんはわりとクールだった(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2014.10.10

丸の内で不思議な人違い

R10024549

シャムキャッツpresents「EASY」を明日に控え、せっかくなので休みをいただき前日に東京入り。そしてちょうど1964東京五輪開幕から50周年のこの日に、丸の内オアゾで行われていた記念の展示イベントに立ち寄る。

表彰台のレプリカに乗ってスタッフさんに写真を撮ってもらったりしてひとりではしゃいでいて、そのあと落ち着いてポスター展示を観ていたら、見知らぬ男性に声をかけられた。


「あの、東京タワーでピンク色のツナギを着ている方ですか?」


......え?


いやいやいや、私は単なる関西人で、いま東京にきたばかりのものですと説明。

聞くと、東京タワーにはピンク色のツナギを着た芸人さんみたいなのがいるようで、その男性はかなり気になっていた芸人らしく、私は背格好も顔も似ているようで。

「まさかこんなところでお会いできるとは、と思ったんですが。すいませんでした」

とのこと。

いやはや、一般人で人違いになるならまだしも、東京タワーでピンク色のツナギで、しかも、芸人(笑)。

いま浦和のホテルの一室で、その芸人さんのことについてはあえてまだ調べないままブログを書いている。帰ったらじっくりと調べてみよう。
不思議な時間だった。

そんなこんなで明日の「EASY」、たくさんの方々にとっても自分にとっても良い一日でありますように!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.10.05

「EASY」のイベントで販売する新作Tシャツ2種類

10月11日の「EASY」のイベントで同時開催の「EASY ZINE SHOP」ではZINE以外のものも出していいとのことで、この機会に前から作りたかったあたらしいTシャツのデザイン、2種類。

R0024511

R0024512

「DIY★STAR」シャツ。本当は別のフレーズで作るつもりが、いざ作業を開始すると急に「スター」というフレーズのほうがいいんじゃないかと思い、急にこのようなデザインに。その場の思いつきでテキトーに方向転換できるのはインディーズTシャツづくりのよいところ、だろうと思う。


R0024509

R0024517

「歴史は不当に作られるように思う」シャツ。このコトバは、かのR.E.M.の『I Remember California』の曲の一節。ずっと好きな曲なので、いつかこのフレーズでシャツが作りたかった。

ちなみにその下に入れたイメージ画像は、「サッカーの試合前の整列で、片方のチームだけやたらたくさんの選手がいる」という状況。こうしてみると、うん・・・分かりにくい、な・・・(笑)
・・・さぁ、果たして渋谷に集う音楽好きの方々に手にしてもらえるのかどうか!? (だんだん緊張が高まってきている)。

 ちなみに、Tシャツのカラーバリエーションやデザインの色の組み合わせはこの他に多数あり、しかしサイズは各色4~5サイズあって、結果的に『どの色もサイズ的には1点モノ』に近い状態です、あしからず。

その他、過去のZINE2作、そして「BOOK LOVE ROCK」巾着袋の販売、あと「即興ZINEづくり」もやる予定! ウェイッ!(←ムダに気合い入れてる声)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.10.01

「イベントでZINEなどを売るブースの光景」というのはひとつのアートなのかもしれない、という話

Czfwithbri
↑ この二人の佇まい・装いもさることながら、パイナップルを机に置くセンスが最高にスパーク!!

今度の「EASY」のイベントでは、自分にとって久しぶりに「ブースでZINEなどを展示・販売する」ということをさせてもらえるので、机のうえにZINEなどを並べるイメージをあれこれと考えてみたりする。
ニュアンスとしてはフリーマーケットのそれとよく似ているのだろうが、ZINEのイベントは往々にして「机の上に冊子等を並べる」という部分がポイントになってくる。

そんななかで、グーグルの画像検索で、世界中で行われているZINEやアートブックのイベントの様子を検索したら、当たり前のことだが数え切れないほどのブースの様子が出てくる。

そういうのを見るにつけ、「イベントでZINEをブースで売る光景そのもの」も、またアートな雰囲気があるなぁとあらためて感じ入った次第。つまり、眺めているだけで、あっという間に時間がたつほど、かなーり面白い。

ネットで集めた画像を、ちょっと並べてみた。

Combine_images1

Combine_images2

Combine_images3

Combine_images4

どうだろう。いい感じではないだろうか。
ひょっとしたら、こういう写真集が、たとえば世界中のフリーマーケットを被写体に作られていたりするかもしれない。その流れで、こういう「ZINEの販売光景を集めた写真集」だって成立するかもしれない。

つまりZINEをブースで売る光景というのは、その作り手のパーソナルな部分もいやおうなく前面に漂うわけで、何をどう並べ、どういう人(読者)と出会うかを多少なりとも想定しつつそこに居続けることで、単なるガレージセールではありえないほどのセルフ・プレゼンテーション的な側面がでてくる。ZINEの本体そのものから、それを置いてデコレーションして、さらに自分自身の装いさえもトータルに、あらゆるすべてが「ZINE的な表現」としてつながっていく可能性があるわけだ。

ちなみに先月のドイツ旅行で、偶然フリーマーケットに出くわしたのだが、そこではモノを買うというよりも、私にとってはひたすら「フォトジェニックすぎて」写真を撮りまくって一人で盛り上がっていた。単に私は「いつもは何もないはずの場所に、人が何かを並べて売っている姿」が好きなのかもしれない。そのときのフリマでの写真もまた近いうちに紹介したいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2014 | Main | November 2014 »