« Harukana Showポッドキャスト:夏の旅の話を2週連続で。 | Main | 「EASY」のイベントで販売する新作Tシャツ2種類 »

2014.10.01

「イベントでZINEなどを売るブースの光景」というのはひとつのアートなのかもしれない、という話

Czfwithbri
↑ この二人の佇まい・装いもさることながら、パイナップルを机に置くセンスが最高にスパーク!!

今度の「EASY」のイベントでは、自分にとって久しぶりに「ブースでZINEなどを展示・販売する」ということをさせてもらえるので、机のうえにZINEなどを並べるイメージをあれこれと考えてみたりする。
ニュアンスとしてはフリーマーケットのそれとよく似ているのだろうが、ZINEのイベントは往々にして「机の上に冊子等を並べる」という部分がポイントになってくる。

そんななかで、グーグルの画像検索で、世界中で行われているZINEやアートブックのイベントの様子を検索したら、当たり前のことだが数え切れないほどのブースの様子が出てくる。

そういうのを見るにつけ、「イベントでZINEをブースで売る光景そのもの」も、またアートな雰囲気があるなぁとあらためて感じ入った次第。つまり、眺めているだけで、あっという間に時間がたつほど、かなーり面白い。

ネットで集めた画像を、ちょっと並べてみた。

Combine_images1

Combine_images2

Combine_images3

Combine_images4

どうだろう。いい感じではないだろうか。
ひょっとしたら、こういう写真集が、たとえば世界中のフリーマーケットを被写体に作られていたりするかもしれない。その流れで、こういう「ZINEの販売光景を集めた写真集」だって成立するかもしれない。

つまりZINEをブースで売る光景というのは、その作り手のパーソナルな部分もいやおうなく前面に漂うわけで、何をどう並べ、どういう人(読者)と出会うかを多少なりとも想定しつつそこに居続けることで、単なるガレージセールではありえないほどのセルフ・プレゼンテーション的な側面がでてくる。ZINEの本体そのものから、それを置いてデコレーションして、さらに自分自身の装いさえもトータルに、あらゆるすべてが「ZINE的な表現」としてつながっていく可能性があるわけだ。

ちなみに先月のドイツ旅行で、偶然フリーマーケットに出くわしたのだが、そこではモノを買うというよりも、私にとってはひたすら「フォトジェニックすぎて」写真を撮りまくって一人で盛り上がっていた。単に私は「いつもは何もないはずの場所に、人が何かを並べて売っている姿」が好きなのかもしれない。そのときのフリマでの写真もまた近いうちに紹介したいと思う。

|

« Harukana Showポッドキャスト:夏の旅の話を2週連続で。 | Main | 「EASY」のイベントで販売する新作Tシャツ2種類 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/60407040

Listed below are links to weblogs that reference 「イベントでZINEなどを売るブースの光景」というのはひとつのアートなのかもしれない、という話:

« Harukana Showポッドキャスト:夏の旅の話を2週連続で。 | Main | 「EASY」のイベントで販売する新作Tシャツ2種類 »