« March 2015 | Main | May 2015 »

April 2015

2015.04.29

Harukana Showポッドキャストで、ZINEの話をする/只本屋にいってみた/「シュルツ編集長のブックマーク」おつかれさまでした/「スロウダウン」byわかめ、の巻

1995年も2011年も、自分が直接知っている人が地震の被害にあったことはなかったのだが、今回のネパールではそうはいかなかった。前々回の神戸マラソンを一緒に応援してくれたFくんはひとまず無事で本当によかったが、それでもかなり大変な様子。そしてTwitterで現地の状況を必死に伝えようとしている。

---------

イリノイ州アーバナシャンペーンのコミュニティインディーズラジオ「ハルカナショー」、2週にわたりZINEトークをさせていただきました。No.212「大手書店にZineが並ぶ?」(こちら)、No.213「そこから始める、つながるZINE」(こちら)。

先日気づいたのだけど、よく考えたらはじめてのフリーペーパーをつくって、5月でまる20年になってしまう。おそろしいよ、20年という数字は! まさか20年後もフリーペーパーとかについて日々考えつづけているとは思ってもいなかったが、一番驚くべきは、フリーペーパーとかいう存在がますます世の中で何らかの意味ありげなポジションを発揮しつつあるという状況を目の当たりにしているということだった。私も先日、出町柳でオープンした「只本屋」に行ってみたのだが、ますますそう思わざるを得ない気分。現場で感じたのは、フリーペーパーにたいする、何らかの「期待感」みたいなものだった。そして一方で、うまく言えないのだが、なんというか、フリペ文化が発信されることを喜ぶ一方で、「めんどうくさい状況なり志向」ゆえにフリーペーパーなんていう方法を選んだ「はず」なんです、っていう、どこに向けていいかわからない「ある種の弁明」みたいなものがグズグズと心にわき上がってきた次第で。あぁ、分かりにくい文章。

まぁ、いずれにせよ、「クチだけじゃなく、手を動かして早くつぎの新しいものを作れよ」っていう話なんだが・・・

渋谷ARTONでの「シュルツ編集長のブックマーク」も無事に終わられたようで、おつかれさまでした。自分は現地の空気感を体感していないけれども、連日盛況だったそうで、「エイッ」と念を送り続けたかいがあった、かもしれない。私の作品を手に取っていただいた方、買って頂いた方、ありがとうございます。読んでもらって、何かが届けばいいのだけど、念を送ることぐらいしか自分にはできない。

そんな折に先日、旧知の「わかめ」さんが最近創刊した「スロウダウン」というフリーペーパーの2号目がさっそくリリースされて、送っていただいた。身近な人々の語りを丁寧に伝えていこうという気持ちがにじみでていた。知り合いのつくるフリペを読むのは、知り合いゆえの読み方が可能で、言外に含まれる情報にもグッときたりする(こんなにイラストが得意だったのね、とか)。

タイトルが示すように、慌ただしい日常のなかでスロウな気分になり、本当に大切なことは何かを考えさせてくれる。松浦弥太郎の「おにぎりの作り方」のエッセイが紹介されていて、まさに「念を送る、祈りを込める」ことが大事だよなぁと改めて実感したり。

このフリーペーパーがどこに置かれて、どういう場所で発信されているのかは分からない(ブログやSNSもあえてしていないそうで)。でもどこかで手に取った人が、自分と同じように、「へぇ!」とか「うむ。」とか思っているのかもしれない、と想像すると、より楽しく味わえる。

Img_0334_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.20

機動性友好考査の結果

まったく知らなかったのだが、明日4月21日からグーグルの検索結果におおきなアルゴリズムのパターン変更が行われ、スマートフォン対応しているサイトとそうでないサイトの閲覧結果に大きな違いがでるとかで。

「4月21日にネットで起こる「モバイルゲドン」って? Googleの検索結果が大きく変わるかも」というNAVERまとめの記事など(こちら)。


このブログもだいぶ長いことやっているが、そもそも作っている本人が非モバイルな生活を続けており、いまだにスマホを持たず、ガラケーで暮らしているっていう状態なのだが、これに関連して「モバイルフレンドリーテスト」というのがグーグル社から提供されており(こちら)、念のためこのブログはどうなのかを診断してみた。


すると、

Mft

Westhamfulhammarkhughes
「ひとまずセーフ!」


・・・まぁ、もともとが@ニフティのココログで作っているわけで、私自身が非モバイルであろうが、このブログサイトは私が寝言を言っててもタラタラと散歩していても、いつのまにかモバイルにはフレンドリーだったことが分かった。

これならば、明日以降もあいかわらず、たとえば「滋賀県書道協会」って検索しても私のおちゃらけたブログが本家の次に表示され続けるのだろうし、そもそも「HOWE GTR」で検索しても、グーグルの日本語サイトだと本家のハウ氏のバンド「GTR」についてのウィキペディア記事よりもこのブログがトップに来てしまうのだろう。すいませんハウさん。

でもまぁ、こうやってグーグルのさじ加減ひとつで検索結果の表示が変わっていく状況っていうのも、よく考えると深い闇を感じさせる事象ではある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.16

酒のケントボーイズにロンドン風情を感じる件

店の看板に「酒の」とつくので、あまりお酒を飲まない自分はいままで利用したことがほとんどなかったのだが、引っ越し先の近所に「酒のケントボーイズ」があったため、たまたま店内に入ってみたら、驚いた。

「ここ、イギリスのオフ・ライセンスの店っぽい!!」

その支店だけがたまたまそうなっているだけかもしれないが、酒だけでなく食料品や日用品や雑貨など、ゴタゴタしたノリでいろいろなものが売られていて、若干薄暗く、狭い店内に商品が敷き詰められている。
そして、店内にうっすらと流れるBGM。

これは、ロンドンを旅している気分である。

かの国には「オフ・ライセンス」と呼ばれる個人経営っぽい商店が街のあちこちにある。おそらくこれがあるがために、日本的なコンビニは作られにくいと思える。
「ライセンスがオフである」というのは、「この店内ではお酒は飲めません」ということのようで、つまりは酒屋さんのことである。酒屋がメインだけれども、食料品や雑貨や新聞雑誌などいろいろなものがそろう。

グーグルで画像をみてみると、

Ol_01
だいたいがこういう店構えで、

Ol_02
そう、こういう無愛想なオヤジさんが一人で店をやっている雰囲気。レジ横のガムやキャンディーの棚なんて、じっくり眺めてられない気分になりがち(笑)

Ol_03
色気のない商品の陳列スタイル。

こういうオフ・ライセンスの店がわりと夜遅くまでやっていて、飲み物や果物とかパンとかを買って宿に戻る、っていうのが自分としては「ロンドンに来たんだなぁ」ということを実感できる、旅先での空気感のひとつである。

そういうテイストを、近所のケントボーイズでは知ってか知らずか、ナチュラルに表現できており(しかも輸入食材もわりと多いので、なおさら無国籍感がある)、ムダにここで積極的に買い物したくなる。

これがきっかけで、「オフ・ライセンスっぽさ」っていう尺度でもって日常の食料品店をあらためて観察してみるという、あたらしい趣向を手に入れた。
ほかのケントボーイズの支店ではどうなのか、ちょっと気になっている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.05

無印良品のシステムタイプのデスク下に、「PPケース引出式・薄型9段」を(やや強引に)入れて使う方法

無印良品のデスクを新居に導入したのだが、買う前に「デスクの天板の下側にどれぐらいの収納が入るのか」を、あれこれと思案していた。
「天板の高さ」はネットで調べられるが、実際にデスクのフレーム部分より下側からの長さというのはよく分からない。

150406_01

それなら実際にお店にいって展示品を測らせてもらうかと思ったのだが、一番大きい店舗にいっても展示されていなくて、店員さんに聞くと、展示してある可能性のある店はかなり限られるとのこと。
そのとき応対してくれた店員さんから、営業時間終了間際だったこともあり「明日、電話で他店舗に問い合わせてみます」というありがたい申し出をいただいたので、こちらの電話番号も伝えた。だが(最初からあまり期待していなかったのだが)案の定次の日に電話を待っても来なかった。そりゃあ、こういう面倒くさい用事は忘れられがちだよな、と。

こちらからあらためて再度問い合わせるのも面倒になってきたので、「まぁ、べつに机の下に収まらなくてもいいや」と思ってネットでデスクと一緒にオーダーしたのがこの収納棚。

150406_03
「PPケース引出式・薄型9段キャスター付【ネット限定】 約26×37×72cm」

実際届いてから設置してみると、キャスターを外した状態でも机の天板下のフレームにひっかかって、そのままだと机の下には収納できなかった。
(ちなみにPPケース引出式・浅型6段キャスター付【ネット限定】 約26×37×67cmだと、キャスター付きでも机の下に入る)

まぁ、これは机下以外のところに置いて使うか・・・とあきらめかけたのだが、しかしよく見てみると、このデスクの足は若干だけ高さ調節機能があり、そしてフレームの部分をよけて、収納棚の上から机をかぶせるように設置すると、なんだかギリギリ入るんじゃないかということに気づいたので、ダメモトでやってみた。

150406_04
なるべく高くして、

150406_05
フレームの幅がある部分をよけて、棚の上から机ごとかぶせるようにしてみる。

するとこういうふうになるわけだが、

150406_06

なんとギリギリで最上段の引き出しが使える(笑)

150406_07

たったこれだけのことだが、そしてこの情報を必要としているユーザーがいるのかどうか分からないが、とりあえず報告・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »