« June 2015 | Main | August 2015 »

July 2015

2015.07.27

Suite Night Classic 29th 難病・遠位型ミオパチー治療支援×ミュージック・フォー・ザ・ピーポー

ワンダフルボーイズのサックス奏者林未来彦くん、そして今は奇妙礼太郎トラベルスイング楽団にいる安田崇さんが主宰する、難病の遠位型ミオパチーのためのチャリティ・ライヴイベント、「Suite Night Classic」も29回目ということで、ひたすらに、「握ったコブシを緩めない、グリップの強い問題意識(by 鶴見俊輔)」のとおり、じっくりと途切れることなくこの活動を続けている

Img_0007

今回の会場が阿倍野のROCKTOWNになったのは、いろいろ調べて「車いすの人が来やすいバリアフリーが整っているライヴハウスだったから」とのこと。この日は当事者の方々も登壇され、あらためて遠位型ミオパチーという病気についてのレクチャーや現状解説について、ライヴ演奏の合間に、ホールの外側のスペースで行われていた。この「切り替え」の時間の使い方が見事だと思った。

今回の林くんのプレゼンで、(うろ覚えなのだが)現在の国の医療費の割合で、難病対策にかかる予算は全体の0.4パーセントほどで、たしか300億円もない数字だった。最近の私にとっては「新しい国立競技場に2500億円」そして「ガンバ大阪の、寄付金集めまくって作る新スタジアムが140億円」っていうのが「マイブームの尺度」と化しているので、いかに国立競技場が妙なことになっているかが痛感されたり・・・そこに比べて難病対策費用の微々たるものよ。そういうことをあらためて目の当たりにして言われると、いろいろ考えさせられる。ライヴそのものも楽しみつつ、頭の片隅では「あー、国立競技場ってなんで2500億もかかるんだよ(せめてあの古い国立を壊す前に踏みとどまってほしかったなー。あれはあれで好きなスタジアムだった・・・)」って思えていたりして、そういうのも含めてこのチャリティ・ライヴイベントは、有意義なのであった。音楽を聴いた想い出とともに、頭のなかでグルグルと考えていたことの記憶とが一緒にのこっていく、そんな日。
(あと先日の記事で書いたツイッターのリツイート数が、このライヴのあいだにも2000とか3000件ぐらい爆発的に増加し続けて、たまにチラチラとスマホの通知画面をみては恐れおののいていたことも含めて・・・)

---

なんとなく気分的にアップしたくなった写真。このあいだ三条大橋の上で、あまりに夕陽が神々しくて、iPodのパノラマ写真機能を使って撮影してみた。最近この機能がお気に入りで、もっと早くこの機能に気づいていたら、ドイツ旅行で観たサッカースタジアムとかもっと楽しめたはず・・・

Img_0519
クリックしたら大きくなるよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.07.24

先日のツイートについての件

150716tweet

先週の金曜日、こんなツイートを発信した。
これは確かに、数日前の安保法案の強行採決という大きな社会的情勢を意識したものであることは認める。で、それと同時に、この発言はきわめて個人的な範囲での気持ちに基づいて、ちょっと感情的になって書いている部分がわりと大きかった。

そうして身のまわりの友人知人がこの発言をリツイートしてくれたのだが、この「怒り」を込めて書いたテキストに、何らかのエネルギーが帯びていたのか、ひょんなことからこの発言はその後もリツイートの拡散が続いていき、一週間後のいま、結果的に1万5千回ものリツイート数を重ねるに至ったのである。

たくさんリツイートされるということは、この発言に共感を覚えてくれたたくさんの人がいるわけで、それなりに嬉しくも思ったが、さすがにこの数字は正直戸惑っている。みんな、よっぽどイライラしているのか・・・とも思ったり。

そしてリツイートが増えれば増えるほど、それにともなって、この発言への反論や意見がダイレクトに返信されてくるようにもなっていった。「甘い」とか、「学生が自分の信じる道を進んだからそういう大人になった」とか、「甘い言葉で若者をだましている」とか・・・。それらは「確かにそうかもしれない」、というほかない。このような問題は、スタンスの違いがあって当然で、私なんかは「甘いこと言って学生をその気にさせてダマす大人がもっと増えたっていいんじゃないか」って思っているんだなぁ、と改めて痛感した次第だ。

自分の意見について、見知らぬ大勢の人から賛意なり反論なりがリアルタイムにどんどんやってくる経験というのは、間違いなく人生で今まで味わうことのなかった感覚であり、今回の爆発的なリツイートの拡散について、私はソーシャルメディアの持つ可能性と、ある意味での怖さみたいなものを改めて実感できた。

そしてこのツイッター騒動に限らず、この7日間は自分にとって忘れられない日々となり、よりいっそう、自分の意見を持つこと、発信しつづけること、叫び続けることの大切さをあらためて実感しつつ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2015.07.15

このごろのはなし

もう強行採決じゃなくて凶行採決だよな、っていう気分で今いる。


ブログを書けないまま7月が過ぎていく。

最近の生活におけるネタとしては、ついにスマホに変えたことだった。

そしてiPhoneを選んだことにより、各方面より叱責や嘲笑や疑念を抱かれた。上司のSさんからは「君はもうパンクではない。マジョリティだ」とまで言われた次第(笑)。
私としては、もともとiPodは使っていたので、その延長線上でスマホをiPhoneにした感じではあるのだが。

ちなみにこれ以上ソフトバンクに追随するのがいやになってきたので、格安SIMってやつを選んでみた。長年ニフティの会員だったのもあり、Nifmoをチョイス。

で、即日SIMを開通させたかったので、梅田のヨドバシまでいって手続きをしてきたのだが、結果としてどういうわけか購入後のカードをさしても最初のセットアップでつまってしまい、店員さんに聞いても「自分はこの設定画面を見たことが無い」と言い、「フリーWiFiのあるところで設定をやり直してほしい」と言われたので「このへんだと、どこ?」「マクドナルドでしょうか」となり、梅田のマクドへ走る。

マクド不買運動をしていた私が断腸の思いでマックシェイクを買ったうえで店員にきくと、ここもフリーWiFiではなく、「ソフトバンクの会員じゃないと無理」とか言うわけですよ。このへん事情通じゃないので自らの無知をかみしめてマックシェイクをすすって半分ぐらい残して速攻で去ったのは言うまでもない。腹立ったのでヨドバシに戻るのもやめた。結局家に帰るまで、その日はどうしても電話する用事があったのにスマホがまともに使えなかったという、そういうスタート。久しぶりに公衆電話とか使ったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2015 | Main | August 2015 »