« 「生活学校」とか「狂気」とか「HP」とか(なんのこっちゃ) | Main | 「天文学セラピー」ふたたび/iPhoneの充電コネクタの掃除をして驚いたことなど »

2017.05.28

準備風景そのものも、ひとつのアート的な風情(ピンク・フロイド回顧展@V&A博物館)

58db8ce970613

ジワジワくる(笑)。

この5月にはじまったロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館でのピンク・フロイド回顧展、その準備作業についての記事(こちら)をたまたまみつけたのである。

Sddefault
この『Division Bell』のアルバムジャケットのこの頭のモチーフ、この現物を展示するというネタ。

58db8ce973fea

58db8ce8b81ca
「ムギュ~~!」って感じ(笑)

58db8ce8aaced

Pinkfloydexhib

てなわけで、こんな感じでバンドのデビュー50周年回顧展が10月まで繰り広げられている模様。

Pinkfloydexhibitionvictoriaandalber

Pink_floydnick

そもそもこの企画が昨年発表されたときのプレス向けイベントのときから、豚を飛ばしたりしてシュールさ全開。

Pinkfloydexhibit

というわけで、常に謎めいた存在でありつつ、公式的には続いているロックバンド(実質的には終わっているんだろうけど)の50周年イベント、おめでとうございます。

|

« 「生活学校」とか「狂気」とか「HP」とか(なんのこっちゃ) | Main | 「天文学セラピー」ふたたび/iPhoneの充電コネクタの掃除をして驚いたことなど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18060/65338853

Listed below are links to weblogs that reference 準備風景そのものも、ひとつのアート的な風情(ピンク・フロイド回顧展@V&A博物館):

« 「生活学校」とか「狂気」とか「HP」とか(なんのこっちゃ) | Main | 「天文学セラピー」ふたたび/iPhoneの充電コネクタの掃除をして驚いたことなど »